• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 宝塚大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 東京メディア芸術学部
  • アニメーション領域

私立大学/兵庫・東京・大阪

タカラヅカダイガク

アニメーション領域

数々のアニメーション会社に人材を輩出。アニメーションの現場を再現したリアルな実習

学べる学問
  • メディア学

    メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究する

    活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究する。

  • デザイン

    平面、空間に関するさまざまなデザインを学ぶ

    私たちの身の回りに存在するすべての物を対象に、実技や実習、理論研究を通して、デザインし、表現していく。商業デザインと工業デザインに大別される。

  • 画像・音響工学

    画像や音響について研究し、それら処理技術を学ぶ

    画像・音響の処理技術を学ぶ。実験・実習を通して、コンピュータ・グラフィックス(CG)の技術とその応用を研究するのが画像工学であり、音のデジタル処理や音波の利用などを研究するのが音響工学。

目指せる仕事
  • アニメーター

    原画家、動画家に分かれアニメの作画を行う。

    映画やTVのアニメーションの作画を行う。作画は、シナリオや絵コンテをもとに登場人物や背景などのデザインを描く原画家、その間の動きを一コマ一コマつないでいく動画家に分けられる。動画家は膨大な枚数を描くため、かなりの根気と正確なデッサン力が必要。

  • グラフィックデザイナー

    雑誌や広告で“伝えたいこと”をデザインして表現する

    雑誌や広告、宣伝媒体、商品のパッケージなど、印刷物の紙面をデザインし、ビジュアル的効果を高めるのが仕事。アート面でのセンスが問われるのと同時に、流行を読み取る洞察力と、時代にマッチした感性も欠かせない。

  • CMプランナー

    企業や商品の宣伝プランをたてる

    クライアントの意向を受けて、テレビCMなどのプランニングを行い、テーマや方向性を決めていく。イメージキャラクターやタレント、スタッフなど誰をどのように使うかによっても、そのCMの出来が違ってくる。情報に裏付けされた感性が欠かせない。

  • キャラクターデザイナー

    キャラクター、背景、アイテムのデザイン

    自分の持ち味を出した新しいゲーム・キャラクターを生み出す。グラフィッカー(CGデザイナー)が行うケースも多く、ディレクターと「検討会議」を行い、採用されたキャラクターや背景コンテを基に、パソコン上でグラフィックを描く。背景、キャラクター、アイテムなどの担当に分かれ、それぞれ複数パターンを作成する。

  • アートディレクター

    雑誌、広告などのビジュアルイメージをつくる

    広告や雑誌、商品のパッケージなど、印刷物のビジュアルイメージをつくる責任者。例えば広告の場合、広告する商品・サービスのコンセプトをもとに、どんなイメージにするかを考え、それに基づいたアイデアをデザイナーやカメラマンに伝える。時には自らデザインしながら質の高い作品をつくっていく。

  • CGアニメーター

    デジタル技術を駆使してアニメーションの作製をする

    CG(コンピュータグラフィックス)などのデジタル技術を駆使しアニメーションを作る。大胆な動きを表現したり、3Dアニメーションを作製する。映画業界、TV業界、CM業界など活躍の場は多岐にわたり、どの業界でも欠かせない存在となっている。

初年度納入金:2017年度納入金(参考) 170万円  (入学金20万円、授業料・施設費・維持費150万円)

学科の特長

学ぶ内容

付加価値の高い創作物の制作を目指す
“コンテンツ”として成立するアニメーション作品の制作を目指します。“コンテンツ”とは他メディアやキャラクターなどで2次使用、3次使用され作品以上の利益を生み出す創作物を示します。作品そのもののクオリティーは当然、付加価値をともなって、次のビジネスに展開できる作品づくりを目指していきます。

先生

現在放映されているアニメの作画監督を務める教員も
アニメーション領域の芦谷耕平先生は、現在放映されているアニメーションで作画監督を務めるなど、数々の業績を誇ります。他にもアニメーションの現場で活躍している教員が多数。このように業界で豊富な実践経験をもつ教員の多さが特色で、学生はつねに業界基準で学ぶことができます。

実習

学生時代から、実際のアニメーション制作に関わる機会も
アニメーション領域の芦谷耕平先生の関わるアニメーション作品に、在学生がキャラクター作画や修正作業の仕事に参加。実際に放映された作品のテロップに名前が載るなど、在学中からプロの仕事に関わるチャンスもあります。

研究室

実社会と同じ制約のもとで実習できる「ジャパニメーション研究室」
実務経験豊富な教員のもと、アニメーション制作の現場と同じ制約を設けて作品に取り組みます。たとえば、教員が実際に手がけた歌番組を例にとり、時間枠などをそのまま適用。実社会の“縛り”をあえて課すことで実践的な能力を習得し、限りなく即戦力に近いクリエイターを育成します。

教育目標

「売れる」コンテンツ・クリエイターを養成
「売れる」とは、多くの人びとに感動を与えたという結果です。教育研究では、商業主義を掲げ、「売れる」“コンテンツ”を追究。ビジネスを成功に導くことができるコンテンツ・クリエイターを養成していきます。そのためコンテンツの充実とともに戦略やマーケティングなどについても総合的に学びます。

学べる学問

目指せる仕事

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    デジタル・フロンティア 、 ニューアド社 、 亜細亜堂 、 GEMBA 、 テレコム・アニメーションフィルム 、 ヨドバシカメラ 、 イケア・ジャパン 、 ワークサイエンス 、 スマートテックシンク 、 ドン・キホーテ ほか

※ 2016年3月卒業生実績

(学部全体)

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-11-1
TEL 03-3367-3411
tokyo@takara-univ.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京新宿キャンパス : 東京都新宿区西新宿7丁目11番1号 JR「新宿」駅から徒歩 約5分
小田急「新宿」駅から徒歩 約4~5分
西武「新宿」駅から徒歩 約4~5分

地図

 

路線案内


宝塚大学(私立大学/兵庫・東京・大阪)