• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 法政大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 文学部
  • 英文学科

私立大学/東京

ホウセイダイガク

英文学科

募集人数:
126人

英語を基礎に文学・文化の享受と理解を深め、言語研究により科学的思考を修得する

学べる学問
  • 言語学

    あらゆる地域、時代の言語を科学的に研究する

    言語の成り立ちや仕組みを追究し、フィールドワークや実験を通して、言語療法などの医療や自動翻訳など、広く社会に応用していく。

  • 語学(英語)

    実践的な英語力を磨くとともに英米の文化なども学ぶ

    使える英語能力を身につけるために、「読む・書く・聞く・話す」の4技能を総合的にしっかりと鍛える。同時に、アメリカ、イギリスなど英語圏の国々をはじめとする外国の文化や歴史についても研究する。

  • 外国文学

    海外の文学作品を読み、その国の文化や思想を学ぶ

    外国文学を読み、作家や作品の研究を通して、作品の背景となる歴史や文化、社会や人間そのものを研究する。文学史、作家論のほか、言語や文化の研究も行う。語学学習は必須。

  • 文芸学

    作品や作家を研究したり。自らの創作能力を磨く

    文学を芸術の一分野、言語芸術としてとらえ、小説、詩、評論などの作品を通して考察し、自ら創作していく学問。

  • 心理学

    科学的な手法によって、人の心をさぐる

    人の心や集団行動のメカニズム、動物の行動などを調査、統計、実験などの手法を使って解明する学問。意識や行動のメカニズムを探る文学部系とカウンセリングや臨床心理など実践的分野を扱う教育学部系がある。

目指せる仕事
  • 国家公務員

    国の施策に基づいて社会全体に貢献

    各省庁やその出先機関に勤め、国防・公安・徴税から農・工・商業の指導監督、国民医療や社会福祉の充実など、国の施策を実行して、国民生活の向上を図るのが仕事だ。

  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • 外資系スタッフ

    外資系企業やその支社で働く

    外国資本の割合が高い企業などが、一般に「外資系」と呼ばれる。社内の公用語が英語の場合も多く、英語でビジネスができる程度の語学力は必要。また、日本の企業に比べ、自分の能力や業績を積極的にアピールする力も重視される。新卒の採用は全般に少なく、専門分野での経験を認められて、中途で雇用されるケースも多い。

  • 通訳

    人と人とをつなぐ、言語のエキスパート

    国際会議やビジネスの場で、同時通訳または遂次通訳を行うなどの専門家。単に同時通訳するだけでなく議題から出席者のプロフィールなどまで詳しく勉強し、その人が発している言葉のニュアンスを正しく伝えることも必要。

  • 翻訳家

    さまざまなジャンルの外国語を訳す

    文学、一般書、ビジネス文書、学術資料、映画などさまざまな分野の外国語を翻訳するのが仕事。語学力、特にボキャブラリーが豊富なことが求められる。コンピュータの解説書や科学技術関係などのニーズも高まっている。

  • 語学教師

    児童から社会人まで教える相手はさまざま

    教える国の語学が堪能なことはもちろんのこと、根気よく相手に教えるテクニックも必要。その国の文化や風習、政治や環境についても常にアンテナを張っておく必要がある。同じ言葉でもニュアンスが違うこともあるため、現状を知っていることが大事だ。

  • 中学校教諭

    専門教科を教えるとともに心のケアも

    小学校と違い、免許のある単一教科を教えるので深い専門知識が必要となる。また、中学時代は、子供から大人にかわる過渡期で、不安定になる生徒も多いので、適切な指導をしていかなくてはならない。人間としての幅広い教養や対応力が求められる。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。

初年度納入金:2018年度納入金 128万円  (諸会費別)

学科の特長

学ぶ内容

英米文学・英語学・言語学などを中心に幅広い学びが実現できます
本学科は英文学・米文学・英語学・言語学という異なる分野からなり、各分野の中で多彩な科目を開講。英文学・米文学では、英語圏の様々な文学作品を対象として批評と解釈の多様性を探るとともに、人間性についての理解を深めます。英語学・言語学では、英語や日本語をはじめとする言語の研究を、幅広い方法で行います

授業

英語の実践的な能力を3系統の演習で習得する「英語表現演習」
本学科の特色のひとつに「英語表現演習」があります。ライティング、スピーキング、翻訳という3系統の演習が設けられ、ライティング、スピーキングは主に英語のネイティブスピーカーが担当。また、時事英語演習では、新聞・雑誌の記事を通して激動する世界のホットニュースや専門用語を把握し、実践英語力を磨きます

ゼミ

「基礎ゼミ」は1年次より履修可能。興味にあわせて複数のゼミを受講することも可能
本学科の演習(ゼミ)では、共通の関心を持つ仲間と意見を交わし、コミュニケーション力を身につけます。3年次から専門ゼミに所属しますが、興味に合わせて複数のゼミに参加することも可能。また、1年次の「基礎ゼミ」「2年次演習」を履修することで、専門ゼミへの導入をスムーズにするカリキュラム構成となっています

卒業後

幅広い進路は文学部のカリキュラムが人間を多面的に深く学べることを証明しています
本学科では1年次から専門科目の講義が受けられ、2年次からは講義に加え、演習科目が履修できるため、卒業後に社会で役立つ語学力、IT技術、プレゼン能力が自然と身に付き、「柔軟で批判的な」思考力が培えます。卒業後は、マスコミ、公務員、メーカー、金融、生保、英語教員など幅広い分野へ進めます

留学

英語と英語文化・英米文学を海外で学ぶ「スタディ・アブロード(SA)・プログラム」
本学科には、アイルランドおよび、アメリカの大学におけるスタディ・アブロード(SA)・プログラムがあります。短期プログラム(全学年対象)と長期プログラム(2年生以上対象)を実施。実践的な英語力を養い、さらに英語圏の文化を体験することは、英米文学や英語を理解するのにも役立ちます

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 中学校教諭免許状【英語】<国> (1種) 、
  • 高等学校教諭免許状【英語】<国> (1種) 、
  • 司書<国> 、
  • 司書教諭<国> 、
  • 学芸員<国> 、
  • 社会教育主事任用資格

ほか

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    味の素 、 三井物産 、 三越伊勢丹 、 みずほフィナンシャルグループ 、 三井住友銀行 、 第一生命保険 、 東日本旅客鉄道 、 講談社 、 凸版印刷 、 JTBグループ ほか

※ 2017年3月卒業生実績

(文学部全体)

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒102-8160 東京都千代田区富士見2-17-1
TEL 03-3264-9300(法政大学入学センター)
mail NKadm@ml.hosei.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
市ケ谷キャンパス : 東京都千代田区富士見2-17-1 JR線・地下鉄線「市ケ谷」駅から徒歩 約7分
JR線・地下鉄線「飯田橋」駅から徒歩 約7分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

法政大学(私立大学/東京)