• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 法政大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 法学部
  • 国際政治学科

私立大学/東京

ホウセイダイガク

国際政治学科

募集人数:
149人

「地球共生社会」の実現を目指して、グローバルに活躍できる人材を育成

学べる学問
  • 法学

    法律の解釈や運用のしかたを学ぶ

    国家と国家、個人と個人の利害の対立や意見の不一致を調整するためのルールである法の精神を体系的に学び、法の役立て方を追求する。

  • 政治・政策学

    行政・都市・民族・外交・産業など多方面から政治のあり方を考える

    政治学では、理論と実例研究を通して国際社会や国家、地域社会などの政治現象を研究する。政策学は、フィールドワークを基礎にした問題発見・解決型の社会科学。

  • 国際関係学

    世界各国の関係を知り、国際社会の問題を研究する

    国際社会に存在するさまざまな問題解決に向けて、国家地域間の比較やその地域の政治、経済、文化などを、調査や現地研修などを通して分析研究する。

目指せる仕事
  • 国家公務員

    国の施策に基づいて社会全体に貢献

    各省庁やその出先機関に勤め、国防・公安・徴税から農・工・商業の指導監督、国民医療や社会福祉の充実など、国の施策を実行して、国民生活の向上を図るのが仕事だ。

  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • 海外営業

    海外の企業などに自社製品を販売する

    自社製品を海外の会社や団体などにアピール、販売する仕事。販売する商品やサービスは国内の営業職と同様さまざまだが、コミュニケーションに必要な英語や現地の言葉などの日常会話力は欠かせない。仕事に必要な専門用語、法律用語などを身につけていると有利。

  • 外資系スタッフ

    外資系企業やその支社で働く

    外国資本の割合が高い企業などが、一般に「外資系」と呼ばれる。社内の公用語が英語の場合も多く、英語でビジネスができる程度の語学力は必要。また、日本の企業に比べ、自分の能力や業績を積極的にアピールする力も重視される。新卒の採用は全般に少なく、専門分野での経験を認められて、中途で雇用されるケースも多い。

  • 外務公務員

    将来は外務省の幹部職員に

    外務省本省では、政策決定に関与する課長、局長、次官などの幹部職員候補。大使館・総領事館などでは大使や総領事としての仕事を行う。経験を積めば、将来は幹部職員として活躍することが期待される。

  • 外交官

    世界を舞台に国益を守り、国際社会に貢献する日本の顔

    在外の公館である大使館や総領事館でさまざまな外交事務を担当したり、現地の情報収集を担当する。諸外国と日本の関係を円滑に友好的に結ぶための政策決定などに影響を与える仕事だ。

  • 国連スタッフ

    国際平和と安全の維持のために活動する

    国連や国連下部機関に所属し、国際的な平和維持をめざし、世界各地の国際機関を舞台に活躍する。経済や行政、法律・政治などの専門知識を持ち、かつ職務遂行のための語学力も求められる。採用されるための受験資格もレベル別になっていて、超難関だ。

  • 大使館スタッフ

    在日大使館で働く国際交流の窓口役

    諸外国が日本に置く大使館や領事館などで仕事をする。事務処理などが主な仕事になるが、海外から派遣されてきている外交官に対して日本のことを伝え、理解を深めてもらう役割も担う。所属する大使館の国の言葉は必須。日本の文化や歴史、政治・経済などについても熟知していることが大切だ。

  • 中学校教諭

    専門教科を教えるとともに心のケアも

    小学校と違い、免許のある単一教科を教えるので深い専門知識が必要となる。また、中学時代は、子供から大人にかわる過渡期で、不安定になる生徒も多いので、適切な指導をしていかなくてはならない。人間としての幅広い教養や対応力が求められる。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。

初年度納入金:2018年度納入金 128万円  (諸会費別)

学科の特長

学ぶ内容

観察・分析・構想・交渉・実行・英語の力を磨き、「地球共生社会」に貢献できる人材を養成
地球共生社会とは、異なる歴史・風土・価値を互いに認め合い、自立的・有機的な関係を共有できる社会的空間のこと。21世紀のグローバル社会にふさわしい姿を実現するため、観察力・分析力・構想力・交渉力・実行力・英語力を磨き、主体的な行動力を育成。他学科と相互補完的に結びついたカリキュラムで学びを深めていきます

カリキュラム

集中的に学び専門性を養う2コース制
アジア各地域について学び、政治や外交の広い知識と理論的な分析力を身に付ける「アジア国際政治コース」と、紛争や軍事問題、国際人権、NGOなど、世界の課題に理論と政策で挑む「グローバル・ガバナンスコース」の2コース制。さらに海外の企業やNGOでインターンシップ体験ができる「Global Internship」を開講しています

授業

多彩な英語教育で、国際的な場で活用する英語力向上を図る
本学科のために特設された英語授業「Academic English I/II」のほか、より実践的な英語力の向上を目指す「Essay Writing」「Presentation Skills」「Debate」なども用意。また、英語で展開される専門科目の授業(International Politics、Japanese Politics)を通して、国際的な場で活用する英語力を磨きます

研修制度

イギリス・オックスフォード大学での短期研修
国際社会で活躍できる能力と教養を修得するため、1年次の夏休みにオックスフォード大学での短期研修「Hosei Oxford Programme(HOP)」を全員必修で実施。語学力養成のための英語授業のほか、英国の歴史・政治、グループでの調査研究活動など多様なプログラムを用意。伝統ある大学での生活で国際マナーも身に付きます
学校概要

自由と進歩、進取の気象を持つ、生き生きとした自立型人材となる

自由な発想で新しい問題に挑戦する自立型人材を育成。文部科学省・H26年度「スーパーグローバル大学創成支援(タイプB:グローバル化牽引型)」の採択を受け、日本発のサステイナブル教育の確立と発信を目指します。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 中学校教諭免許状【社会】<国> (1種) 、
  • 高等学校教諭免許状【地理歴史】<国> (1種) 、
  • 高等学校教諭免許状【公民】<国> (1種) 、
  • 学芸員<国> 、
  • 司書<国> 、
  • 司書教諭<国> 、
  • 社会教育主事任用資格

ほか

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    キヤノン 、 日立製作所 、 丸紅 、 日本銀行 、 三菱東京UFJ銀行 、 日本生命保険 、 全日本空輸 、 日本放送協会 、 法務省 、 東京高等裁判所 ほか

※ 2017年3月卒業生実績

(法学部全体)

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒102-8160 東京都千代田区富士見2-17-1
TEL 03-3264-9300(法政大学入学センター)
mail NKadm@ml.hosei.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
市ケ谷キャンパス : 東京都千代田区富士見2-17-1 JR線・地下鉄線「市ケ谷」駅から徒歩 約7分
JR線・地下鉄線「飯田橋」駅から徒歩 約7分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

法政大学(私立大学/東京)