• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 法政大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 生命科学部
  • 環境応用化学科

私立大学/東京

ホウセイダイガク

環境応用化学科

募集人数:
80人

環境調和型社会の実現を目指して環境・エネルギー問題における化学的解決方法を学ぶ

学べる学問
  • 生物学

    生き物の行動や生態から、そのメカニズムを探る

    研究の対象は、生きとし生きるもの全て。それらを観察・分析することで一定の法則を見つけ出すだけでなく、DNAや脳のメカニズムなど、ミクロの世界にも迫る学問。

  • バイオ・生命科学

    分子レベルで生命現象を解明する

    生命の誕生、成長、生理現象など生命現象を分子レベルで解明する。生物学、化学、物理学との境界領域の研究や、農学、医学、薬学、獣医・畜産学、林産・水産学などへの応用研究もある。

  • 環境科学

    科学技術によって環境問題解決を目指す

    二酸化炭素を排出する石油エネルギーに代わるエネルギーの開発など、地球環境の改善・保全や、快適な生活環境の実現に向けて、科学技術を駆使して研究する。

目指せる仕事
  • レンジャー(自然保護官)

    国立公園の自然を守り、適切な利用をすすめる

    自然公園法に基づく国立公園内でのホテルや道路施設などの開発許可申請の適否について審査するのがレンジャーの仕事。利用者への自然保護の解説、野生生物の保護なども大切な仕事だ。なるには、国家公務員試験にパスし、環境省に採用される以外にレンジャーになる道はない。

  • 生命工学研究者

    遺伝子の成り立ちや組み換えなど生物を分子レベルでとらえ、大学や各種研究機関で新たな研究・開発を行う。

    遺伝子の成り立ちや細胞学、生命科学などの成果を、製薬や食品などの工業分野にフィードバックし、生産力をあげたり、新製品の開発につなげるための研究を行っているのが生命工学研究者。分子レベルで生物をとらえ、さまざまな生命や体のメカニズムを解明しようとしている。ある特定の遺伝子の働きが実際にDNAのどの部分で働いているのかなど、マウスを使った実験を繰り返すことで解明しようとする研究者がいたり、実験用の均質なマウスを、遺伝子操作によって作り出すといった実験を繰り返す研究者もいる。

  • 環境保全エンジニア

    公害防止や環境保全に関わる

    自然環境の保全に関わる。メーカーなどで公害を防ぐ機器などの設計、製作、メンテナンスを担当する仕事と、大気汚染、騒音、水質汚濁などの数値を計測したり、調査・分析する仕事に大別できる。

  • 作業環境測定士

    作業環境を守るための環境測定

    石綿などの鉱物性の粉塵や、放射性物質、特定化学物質など、工場やさまざまな作業現場で、人の体に有害となる物質はたくさんある。それらの測定をし、より良い作業環境を保つ技術者が作業環境測定士。簡易測定機器を使用したサンプリングや分析・解析をし、職場環境を維持する大切な役割を担う。

  • 環境コンサルタント

    環境保全活動などへの助言・指導を行う

    環境保全に関する専門的知識や豊富な経験を持ち、その知識や経験に基づき市民やNGO、事業者など様々な立場の環境保全活動に対する助言や指導を行う。また、自治体の環境政策、企業の環境アセスメントなどをどうすすめればいいか考え、企画、調査、事業の管理を行うこともある。

  • 中学校教諭

    専門教科を教えるとともに心のケアも

    小学校と違い、免許のある単一教科を教えるので深い専門知識が必要となる。また、中学時代は、子供から大人にかわる過渡期で、不安定になる生徒も多いので、適切な指導をしていかなくてはならない。人間としての幅広い教養や対応力が求められる。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。

初年度納入金:2018年度納入金 178万3000円  (諸会費別)

学科の特長

学ぶ内容

人と環境に優しい社会を実現できる人材を育成します
有機化学、無機化学、物理化学、環境化学、化学工学など、化学の基礎をしっかり学習した上で、生体や環境、物質との関係について学びます。基盤科目としてグリーンケミストリ関連科目を設置している点が特色。人や環境に優しい物質開発や環境保全、資源・エネルギーの製造および循環プロセスに関する知識・技術を修得します

カリキュラム

「グリーンケミストリコース」
化学の観点から環境を捉え、物質と生命、物質と環境との関連性について学び、環境保全やエネルギー問題など、人類が直面する緊急課題を化学的手法により解決するための知識と技術を学びます
「物質創製化学コース」
環境、資源、エネルギーの観点から、持続型社会実現のためのさまざまな機能性物質開発を行うための知識や、その機能を利用した応用開発のための基礎知識や技術を身につけます
「環境化学工学コース」
環境・資源・エネルギーの観点から物質の化学変化を捉え、省エネルギー、低環境負荷での物質の合成、分離、精製過程、および化学工学的プロセス設計の基礎を学びます

授業

実験・実習を重視した実践的カリキュラム。最先端の分析機器を利用した卒業研究も可能
1年次から各教員の研究室で多彩な実験プログラムを体験できます。在学中、比較的早い段階で興味のある研究テーマを明確にでき、研究室配属後にじっくり研究に取り組むことが可能です。卒業研究において、マイクロ・ナノテクノロジー研究センターや小金井キャンパス精密分析室に設置されている最先端の分析機器の利用も可能

卒業後

活躍が期待される分野
将来活躍が期待される分野は、化学関連企業、医薬品産業、食品産業、化粧品産業、自動車産業、環境コンサルタント、バイオテクノロジー産業など。大学院進学も考えられます
学校概要

自由と進歩、進取の気象を持つ、生き生きとした自立型人材となる

自由な発想で新しい問題に挑戦する自立型人材を育成。文部科学省・H26年度「スーパーグローバル大学創成支援(タイプB:グローバル化牽引型)」の採択を受け、日本発のサステイナブル教育の確立と発信を目指します。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 中学校教諭免許状【理科】<国> (1種) 、
  • 高等学校教諭免許状【理科】<国> (1種) 、
  • 司書<国> 、
  • 司書教諭<国> 、
  • 学芸員<国> 、
  • 社会教育主事任用資格 、
  • 毒物劇物取扱責任者<国>

受験資格が得られる資格

  • 危険物取扱者<国> (甲種) 、
  • 作業環境測定士<国>

目標とする資格

    • 技術士<国> (化学、応用理学、環境部門) 、
    • 公害防止管理者<国>

    技術士補<国> ( 化学、応用理学、環境部門 )
    環境計量士<国>

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    キユーピー 、 サントリー食品インターナショナル 、 日新製糖 、 日本食研ホールディングス 、 大正製薬 、 杏林製薬 、 DHC 、 岩谷産業 、 中部電力 、 日立システムズ ほか

※ 2017年3月卒業生実績

(生命科学部全体)

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒184-8584 東京都小金井市梶野町3-7-2
TEL 03-3264-9300(法政大学入学センター)
mail NKadm@ml.hosei.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
小金井キャンパス : 東京都小金井市梶野町3-7-2 JR中央線「東小金井」駅から徒歩 約15分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

法政大学(私立大学/東京)