• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 北海道医療大学
  • 先生・教授一覧
  • 唯野 貢司教授(薬学)

私立大学/北海道

ホッカイドウイリョウダイガク

先生・教授

元病院薬剤部長として、大学と医療現場をつなげる 先生

唯野 貢司教授

薬学部  薬学科

【薬学】
くすり ・薬物治療 ・コミュニケーション

薬の効き目には個人差があります。薬が有効に作用し、かつ副作用も出ないようにするためには、服薬する回数や量を正しく定めることが必要です。そこで有効な医療技術が治療薬物モニタリング(TDM:Therapeutic Drug Monitoring)。患者さんの血液中の薬物濃度を測定し、適切な用法や用量になるよう個別に調整することです。私は札幌市内の医師や薬剤師と連携し、TDMに関する臨床研究を行っています。目的は、現在TDMを用いていない、あるいはデータの少ない薬物を投与されている患者さんの血液濃度と、それらの薬物の有効性や副作用との関係の解明。将来的には血液濃度のデータをより良い治療を行うための指標とすることをめざしています。また、臨床での薬物治療や研究だけではなく、在宅医療廃棄物など社会問題に直結するテーマにも取り組んでいます。

卒業後に役立つ経験をという思いから、実際の病院で使用される高速液体クロマトグラフィーという機器を導入

授業・ゼミの雰囲気

地域住民が模擬患者さん役として協力するなど、医療現場からの発想を生かしたリアルな授業を展開

調剤や患者さんとのコミュニケーションなど、薬剤師の業務に直接関連する講義・実習を担当。臨床現場で実践できることを念頭に置き、地域住民が模擬患者役となる医療面接演習の実施、薬剤師の現場をリアルに再現した実習室の設置など、教育内容には医療現場からの発想がふんだんに盛り込まれている。学外実習期間は、全道各地の実習施設を訪問。学生一人ひとりに対してきめ細かい指導を行う。また、薬剤師の生涯教育の一環として「薬剤師研修講座」も開講。医療現場で働く薬剤師に学習の機会を提供し、「認定薬剤師証」の交付も行う。

4年次「医療コミュニケーション」では地域住民が模擬患者役として来学。臨場感あふれる医療面接演習を実施

キミへのメッセージ

「クスリ」のことはもちろん、「リスク」も正しく学びましょう

薬局内で黙々と調剤していた時代に比べ、薬剤師の責任は重くなりました。薬は病気の治療に欠かせませんが「クスリ」と「リスク」は隣り合わせ。正しい知識を身につけ、患者さんに信頼される薬剤師をめざしませんか。

この先生・教授に出会えるのは…

北海道医療大学 薬学部 薬学科

医療系総合大学で、臨床に強い薬剤師、科学者としての薬剤師をめざします…詳しくみる

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。
北海道医療大学(私立大学/北海道)