• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 北里大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 医療衛生学部
  • リハビリテーション学科

私立大学/神奈川・青森・東京

キタサトダイガク

リハビリテーション学科

募集人数:
145人

リハビリテーションの基礎から最先端まで、コ・メディカルスタッフ(医療関連技術者)のリーダーとなれる人材を養成

学べる学問
  • 健康科学

    人々の健康増進・維持を実現するための理論と技術方を学ぶ

    人々の病気を予防し、健康増進と維持のための理論と方法を研究する。栄養・運動・リラクゼーションなどの分野のほか、福祉や介護関連の科目も学ぶ。

  • 医学

    理論と実践を通して病気の予防・治療法を研究する

    人間の命と健康を守るため、基礎医学、臨床医学、病院実習などを通してその知識と技術を学ぶ。

  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

  • リハビリテーション学

    リハビリテーションの手法を研究し、専門家を養成する

    病気や怪我によって、弱まったり損なわれたりした体の機能を回復するための訓練や療法、援助法を研究する。作業療法、理学療法、言語聴覚療法などがある。

  • 医療技術学

    医療を支えるさまざまな技術を研究し、専門家を養成する

    医療を支える専門技術者を養成する。臨床検査や診療放射線、医療情報などがある。人工臓器の研究や新しい診断システムなど高度な医療技術の研究を行う大学もある。

目指せる仕事
  • 作業療法士

    さまざまな作業を通して、高齢者や障がい者の社会適応力を育てる“リハビリの専門家”

    工芸、手芸、園芸、絵画、玩具操作などの作業技法を使って、病後や障害の機能回復や日常生活動作の維持や改善を図る仕事。生活場面での応用的な動作能力にとどまらず、精神的・心理的な安定を目的としているところが、理学療法士と違うところ。また、作業療法は職業準備訓練という目標をもつ。

  • 理学療法士

    運動やトレーニングで機能回復を目指す『リハビリの専門家』

    運動を主体とした治療や訓練を行い、病後や障害の機能回復と日常生活動作などの維持や改善を図る仕事。運動療法、物理療法、日常生活動作訓練、義手や義足・車椅子などの装具に関する訓練をする。対象疾患は、中枢性疾患、整形疾患、脳性まひ、内部疾患など、小児から高齢者まで幅広い。

  • 言語聴覚士

    病気などによって言葉の障害をもつ人たちのリハビリ専門家

    音声機能、言語機能、聴覚に障害を持つ人の機能向上のためのリハビリ指導をする仕事。医師や歯科医師の指示のもとで、診療の補助を行う。音声・言語・聴覚機能障害には、身体的な面だけでなく事故や病気による精神面や環境面での要因が絡んでいるケースが多いため、家庭環境なども調べながら根気よく訓練を介助する。

  • 視能訓練士

    視機能の障害に対して、必要な訓練と検査を行う

    病気や事故などによって視機能に障害が生じた患者に対し、検査や矯正訓練を行って視機能の回復をはかる。高齢者社会を迎え、視能障害をもつ人が増加する中、視能訓練士の数は圧倒的に不足していると言われる。病院などからのニーズは今後広がっていくだろう。

初年度納入金:2018年度納入金 180万円  (分割納入の場合、前期分105万円を入学手続期間内に、後期分75万円は10/1~10/31までに納入)

学科の特長

学ぶ内容

各専攻で理学療法、作業療法、言語聴覚療法、視覚機能療法が学べる
身体機能の回復について学ぶ『理学療法学』、作業を通じて患者様の社会復帰を支援する『作業療法学』、ことばや聴こえ、飲み込み(嚥下)の障害を改善する『言語聴覚療法学』、眼の構造から疾患の治療方法まで眼に関するあらゆる知識を学ぶ『視覚機能療法学』。これらは全て患者様の心の「つえ」となることを目指しています

カリキュラム

コ・メディカルスタッフになるための知識を学ぶ独自のカリキュラム
科目はおおまかに3群に分けられます。1群は一般教養、2群は医療と医学の基礎知識を学習、3群は専攻ごとの専門的な知識や技術(臨床実習)を体得。特徴として専攻によっては3群(専攻科目)も1年次よりスタートし、コ・メディカルスタッフ(医療関連技術者)とそのリーダーとなることを目標に4年間かけて深く学びます

先生

薬品やメスにたよらず、患者様の身体機能回復に心血を注ぐ達人たち!
リハビリテーション学科の専攻の一つに作業療法学があります。その領域には『身体障害・精神保健・老年期・地域作業療法学』などがあり、患者様の社会復帰のために各専門の先生は日夜粘り強く研究成果向上に努力しています。最近では上肢(腕)機能の補助器具開発の基礎研究が学会で認められました

実習

『患者様の早期社会復帰』が目的のリハビリ実習!
実習は全学年を通じて行われますが、実習のメインは4年次の臨床実習。最先端の設備・規模を誇る北里大学病院と北里大学東病院を中心に行われます。リハビリテーション学科は4専攻に分かれていますが、共通しているのは『患者様の早期社会復帰』を目的とした実習であるため、非常にやりがいがあるということです
病院と同レベル以上の学内施設で実習ができる
総合病院の北里大学病院と北里大学東病院が隣接している最高の環境の中、第一線の医療現場で活躍している先生の指導のもと、病院内または病院と同レベル以上の施設のある学内で全学期にわたって実習が実施されます。また、同大学の医療系学部・併設校と連携し、現代医学主流の『チーム医療』を総合的に学べます

学べる学問

目指せる仕事

資格 

受験資格が得られる資格

  • 理学療法士<国> (合格率100.0% 41人中41人合格 ※合格率は2017年3月卒業生実績) 、
  • 作業療法士<国> (合格率97.1% 34人中33人合格 ※合格率は2017年3月卒業生実績) 、
  • 言語聴覚士<国> (合格率100.0% 24人中24人合格 ※合格率は2017年3月卒業生実績) 、
  • 視能訓練士<国> (合格率100.0% 32人中32人合格 ※合格率は2017年3月卒業生実績)

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 100 %

( 就職者121名 )

主な就職先/内定先

    北里大学病院、北里大学メディカルセンター 、 慶應義塾大学病院、聖マリアンナ医科大学附属病院 、 東京慈恵会医科大学附属病院、東邦大学医療センター大森病院 、 順天堂大学医学部附属静岡病院、厚木市立病院 、 汐田総合病院、新戸塚病院 、 井上眼科病院、甲州リハビリテーション病院 、 横浜旭中央総合病院(IMSグループ)、江東病院 、 世田谷記念病院、新百合ヶ丘総合病院 、 武蔵野赤十字病院、前橋赤十字病院 、 リハビリテーション天草病院、栃木県庁 ほか

※ 2017年3月卒業生実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒252-0373 神奈川県相模原市南区北里1-15-1
入学センター TEL 042-778-9760

所在地 アクセス 地図・路線案内
相模原キャンパス : 神奈川県相模原市南区北里1-15-1 「相模大野」駅から北口1番乗場発バス 25分 北里大学病院・北里大学下車
「相模原」駅から南口2番乗場発バス 25分 北里大学病院・北里大学下車

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

北里大学(私立大学/神奈川・青森・東京)