• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 北里大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 冨澤 淳さん(薬学部 薬学科/薬剤師)

私立大学/神奈川・青森・東京

キタサトダイガク

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

人の役に立つを大事に

薬剤師  として働く  冨澤 淳さん  にインタビュー!

  • 医療・福祉業界
  • 医療・福祉系専門職
  • 実験したり調べたりするのが好き
  • mixiチェック
インタビュー

薬の説明ができる薬剤師の役割が、患者さんを安心させると実感しています

この仕事の魅力・やりがい

現在、北里大学病院で手術室の薬剤管理や、手術室で使用される薬剤の情報提供、患者さんの血中濃度の評価(TDM)などを行っています。入院している患者さんや外来の患者さんに投与する薬に関してサポートをする役割です。薬を投与する場合、時にはその効果の減少や効き過ぎ、あるいは副作用が発生することも。また飲み合わせや飲むタイミングも重要です。数多くある薬を最適な形で患者さんに処方するという重要な業務を担っています。また、近年は「チーム医療」が注目され、薬剤師もその一員として医師・看護師などと共に力を合わせて治療を提供できるため、とてもやりがいを感じています。

薬剤師として働く冨澤 淳さん

患者さんや治療に携わる人との信頼関係を築くのが大切

薬剤師として働く冨澤 淳さん
今の仕事との出会い・きっかけ

患者さんに合わせた適切な投与量を医師に伝えます

今の仕事との出会い・きっかけ

薬剤師には、病院、薬局、ドラッグストア、製薬企業、研究者などさまざまな道があります。その中で私が病院薬剤師を選んだ理由は、大学時代に病院実習を体験し、患者さんに処方する薬の説明をした時、とても喜ばれたことが大きいです。その患者さんは、医師には言いにくいことや、困っていることを実習生の私に話してくれたのです。その時「薬剤師はもっと患者さんのためにやるべきことがあるのではないか?」と思ったのです。薬の説明をすることで、本当にこの薬で大丈夫なのか?という患者さんの不安を和らげられるのは、病院薬剤師だと思いました。そして、さらに知識と経験を積もうと大学院へ進学。臨床に特化して勉強しました。

後輩への応援&アドバイス

職場には北里大学の卒業生が多いのも心強い!

後輩への応援&アドバイス

薬剤師は、資格を取ったからといって、それで終わりではありません。薬剤師になっても、医学の進歩とともに、薬剤師もそれに合わせて日々進歩しなければなりません。就職しても勉強の毎日。もちろん、その分のやりがいは十分ありますよ。また、知識や技術だけではなく、患者さんに信頼される薬剤師になることも大切。これには、才能は必要ありません。皆さんが患者さんのために何ができるか?どうすれば患者さんを安心させられるか、相手の気持ちになって自分で考えることが重要です。そういった意味では、北里大学は臨床に特化しているので、知識と技術、人間性を同時に身に付けられる場であると思います。

プロフィール

冨澤 淳さん のプロフィール

北里大学病院薬剤部勤務/北里大学薬学部薬学科2003年3月卒/北里大学薬学部薬学科を卒業後、臨床薬学をさらに深く学ぼうと、大学院に進学。05年より現在の職場で勤務を始める。学生時代は、水泳部、ウインドサーフィンのサークルに所属。勉強のあい間にスポーツでリフレッシュしていたという。中学生の頃、「病院に行くとすぐに風邪やケガが治る」という理由から病院に愛着がわき、医療関係に従事したいと思うようになったそう。目標は、病院薬剤師の職能を高め、患者さんに常に信頼される薬剤師になること。

この先輩が卒業したのは…

北里大学 薬学部 薬学科

学校イメージ

臨床重視の教育を実践

最先端医療を担う附属病院との緊密な連携で、現場の事例や研究結果をいち早く授業に取り入れている薬学部。早くから臨床薬学教育を取り入れており、薬学部の教員が医療現場での実務を行いながら教授するのが特徴だ。1年次から附属病院はもちろん、薬局、企業を訪問して薬学を体験し、その後も医療現場を体験できる科目を設置している。また、近年注目されている「チーム医療」に対応するため、医療系4学部と、2つの専修学校(併設校)が合同で行う授業を取り入れるなどしており、チーム医療の一員としての役割を十分に理解できる環境を整えている。また。医療従事者に欠かせない人間性を養成するための学習も重視している。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

北里大学(私立大学/神奈川・青森・東京)