• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 名古屋芸術大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 水上 茉沙美さん(人間発達学部 子ども発達学科/小学校教諭)

私立大学/愛知

ナゴヤゲイジュツダイガク

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

小学校教諭  として働く  水上 茉沙美さん  にインタビュー!

  • 教育業界
  • 公務員業界
  • 教育系専門職
  • 人と接したり話すのが好き
インタビュー

自身の経験したことを子どもたちに伝え、今しかできない挑戦を続けていく!

この仕事の魅力・やりがい

実際に教育現場に立ってみると、学生時代に想像していたこととは大きく違っていました。正直、毎日大変なことはたくさんありますが、本当に楽しいです。1年間、小学生の子どもたちと接することは、驚きや発見の連続です。学生時代に行った実習では、何度も教壇に立つ機会はありましたが、実際に教えるとなると大きく変わります。授業前には「子どもたちはきっとここでつまづくだろう」と考えて準備をしますが、子どもの反応は想像以上で、見当が外れることも。それに応える準備がなくて授業がずれていってしまい、修正が必要になると、本当に難しく感じます。けれども学生時代には得られなかった感動や喜びを得られています。

小学校教諭として働く水上 茉沙美さん

実習でも立った教壇に、今は先生として立っています

小学校教諭として働く水上 茉沙美さん

私の学生時代!

小学校教諭免許と幼稚園教諭免許と保育士の3つの資格を取得しようと一生懸命に取り組みました。今振り返ってみると、もっといろいろなことに挑戦すればよかったと思います。学校は音楽や美術、デザインも学べる環境だったので、資格の取得はもちろん、他にも何か一つ、自分の強みを作っておけばよかったと思っています。

これからかなえたい夢・目標

これから先、自分の得意分野を作っていきたいと考えています。子どもたちは自分が旅行に行ったことや、すごい経験をした話に興味を持ってくれて、一心に聞いてくれます。だから、今しかできないことにたくさん挑戦して、さまざまな分野に積極的に関わっていきたいと考えています。先生としての3年間は、学生時代に過ごした4年間よりも濃厚な日々を走り続けていると思います。これからも充実した毎日を送っていきたいと思います。

プロフィール

水上 茉沙美さん のプロフィール

小学校教諭/人間発達学部・子ども発達学科/2014年3月卒/1991年に愛知県に生まれ、2014年に名古屋芸術大学の人間発達学部、子ども発達学科を卒業。2014年からは児童数は全校650名、1学年100名を超える名古屋市立福田小学校に勤務。プライベートではマラソン大会に出場したり富士山登山に挑戦したりと、その経験を子どもたちに伝える。日々奮闘しながら子どもたちの成長を見守ります。

この先輩が卒業したのは…

名古屋芸術大学 人間発達学部 子ども発達学科

学校イメージ

音楽や美術などの芸術活動は、子どもの心の発達に大きな役割を果たします。だからこそ、先生にも芸術的感性や表現力が必要です。演奏会や展覧会などを通して気軽に本物の芸術に触れられるという恵まれた環境を活かし、学生たちの豊かな感性や創造力を育てていきます。芸術的環境の中で感性や創造力を高め、子どもの視点で物事を考え、子どもの気持ちを敏感に感じ取れる保育者・教育者を目指します。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

名古屋芸術大学(私立大学/愛知)