• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 目白大学
  • 学校の特長

私立大学/東京・埼玉

メジロダイガク

施設・設備が充実

キャンパスは豊かな緑に囲まれ、気持ちよく学べる施設を豊富に揃えています

新宿キャンパスでは、新宿高層ビル群を見渡すことができる10号館の講義室や、iMac130台以上を設置したマルチメディア教室、英語のリスニングに使われるLL教室など多くの施設を用意。体育館やテニスコート、ネットカフェ、コーヒースタンドなど空き時間に仲間と利用できる施設も豊富です。岩槻キャンパスは、小児聴力検査室、成人・老年看護学実習室、母性・小児看護学実習室、作業療法治療室などの医療系実習施設が入った実習棟を、広大な敷地にゆったりと配置。また、オープンカフェや野外ステージ、学生専用駐車場、2015年7月に新設したコミュニティ・プラザなどがあり、充実したキャンパスライフと学習環境を用意しています。学校の特長1

先生・教授・講師が魅力的

一人ひとりの個性を大切に個々の能力を最大限に高める、教員スタッフ

目白大学で学べる分野は、心理カウンセリング、福祉、子ども、児童教育、社会情報、メディア表現、地域社会、経営、語学(英語、中国語、韓国語、日本語教育)、保健医療(理学療法、作業療法、言語聴覚)、看護。各専門分野のスペシャリストとして経験・実績をもつ教員スタッフが、意欲ある学生を待っています。目白大学のミッションは「育てて送り出す」。“学んだことを将来にどう活かすか”を前提に教育プログラムの編成に工夫をこらし、各学部・学科が個性ある人材の育成を行っています。将来のために学ぶ学生たちの期待に応え、一人ひとりの力を伸ばす。これこそが本学の使命であり、「育てて送り出す」の意味するところです。学校の特長2

きめ細かな少人数制

キャンパス内のコミュニケーションを大切にした、学生と教員の距離が近い学習環境

目白大学は1994年に321名の学生でスタートし、年々学生数が増え、現在では約6000名の学生が学ぶ総合大学に成長しました。多くの学生が通う大学ですが、大人数で行われる授業はごくわずか。約3000コマある授業のうち、およそ3割が20名以内で構成されています。それぞれの授業を可能な限り少人数で行うことにより、教員が学生の顔や名前を把握することができ、学生とのコミュニケーションをとりやすい環境を維持しています。また、学科ごとにクラス担任制を導入。1クラス20~50名の編成で担任教員は学生一人ひとりの学習環境や進路、学生生活、課外活動をはじめ、プライベートな悩み相談も含めて、学生生活をサポートしています。学校の特長3
目白大学(私立大学/東京・埼玉)