• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 酪農学園大学
  • 奨学金

私立大学/北海道

ラクノウガクエンダイガク

【給付型】給付奨学金(全学部共通)

対象
2年次以上に修学し
1.修学資金の支弁が極めて困難な者
2.修学の意志が固く、成業の見込みのある者
3.人物が良好で、心身共に健康な者
給付額
年額360,000円

【給付型】特待生制度(全学部共通)

対象
1年以上在学し
1.学業成績・人物共に優れた者
2.課外活動において優秀な成績を収め、学業と両立し人物ともに優れた者
給付額
年額240,000円

【減免型】兄弟姉妹等同時修学授業料減免(全学部共通)

対象
酪農学園大学に複数の学生(兄弟姉妹、夫婦、親子)が同時に修学する家庭(授業料の負担者を同一とする)の2人目以降の下級年次学生(同一学年の場合は、戸籍上の下位者または入学年次が後の学生
減免額
後学期授業料から2分の1相当額
備考
大学院と大学の同時修学は対象になりません(大学院は対象外です)。

【減免型】授業料免除制度(全学部共通)

対象
学費負担者が
1.死亡または生別した場合
2.失職した場合
3.病気または事故等で著しく収入が減少した場合
4.火災・風水害等の災害を受けた場合
減免額
授業料の半額を免除
募集時期
前期(4月30日)、後期(10月15日)まで
備考
1年間とし在学期間中、1度限り

【減免型】同窓生子弟入学金減免(全学部共通)

対象
同窓生の子(一親等)が入学する場合
減免額
入学金から10万円を入学後に還付
備考
他の入学金減免制度との重複適用はできません。
※同窓生とは酪農学園が設置している(いた)学校(酪農学園大学、酪農学園大学大学院、酪農学園短期大学、北海道文理科短期大学、酪農学園大学短期大学部、野幌機農高等学校、酪農学園機農高等学校、酪農学園大学附属高等学校、酪農学園女子高等学校、三愛女子高等学校、とわの森三愛高等学校)の卒業生または課程修了者(大学院)です。

【減免型】入試特待制度(全学部共通)

対象
第1期学力入学試験(A日程・B日程)、第2期学力入学試験、センター試験利用入学試験(前期・後期)で受験されている方が対象
奨学金の種類
成績優秀者特待生
減免額
入学年次の「前学期授業料(授業料以外の諸会費は納付が必要になります)」を免除
人数
各学類合格者の上位10%以内の者とする。ただし、獣医学群獣医学類以外は、素点合計70%以上の得点者。

【減免型】入試特待制度(全学部共通)

対象
本学を第一志望としながらも経済的理由から修学が困難であり、かつ入学試験の成績が優秀な学生
推薦入学試験(一般推薦・産業振興特別推薦(専門学科高等学校対象の「A推薦」)・指定校推薦(獣医学類除く)・自己推薦)を受験される方が対象
奨学金の種類
推薦入学試験特待生
減免額
入学年次の「前学期授業料(授業料以外の諸会費は納付が必要になります)」を免除
人数
入学定員の3%程
手続き
特待生を希望される方は、出願時に所定の用紙で申込みをしていただく必要があります。
備考
選抜は、提出書類(家計調査書)および入学試験成績に基づいて総合的に行います。

【減免型】入試特待制度(全学部共通)

対象
本学の建学の理念に基づき、農業後継者・地域産業振興後継者の予定者および指定校推薦入試・自己推薦入試における後継予定者で、本学を第一志望としながらも経済的理由から修学が困難であり、かつ入学試験の成績が優秀な学生
産業振興特別推薦入試の後継者対象「B推薦」・指定校推薦入試(獣医学類除く)・自己推薦入試における後継予定者で受験される方が対象
奨学金の種類
後継者特待生
減免額
入学年次の「前学期授業料(授業料以外の諸会費は納付が必要になります)」を免除
人数
入学定員の3%程
手続き
特待生を希望される方は、出願時に所定の用紙で申込みをしていただく必要があります。
備考
選抜は、提出書類(家計調査書)および入学試験成績に基づいて総合的に行います。

【貸与型】財団法人酪農育英会奨学金(無利子貸与)(全学部共通)

対象
日本学生支援機構奨学金に準拠している。なお、日本学生支援機構との重複貸与は受けられない。
貸与(月額)
月額40,000円
返還詳細
返還期間:卒業6ヵ月経過後から10年以内
利子
無利子
貸与期間
採用年度から卒業までの最短修学期間
募集時期
年1回(4月)
備考
学校法人酪農学園の創立者である黒澤酉蔵が設立した外郭団体が行っているものです。

【貸与型】日本学生支援機構奨学金(全学部共通)

対象
日本学生支援機構の定める「学力に関する基準」と「家計に関する基準」の両方を満たしていること。
新入生の場合「学力に関する基準」は全体の評定平均値3.5以上
奨学金の種類
第1種奨学金
貸与(月額)
30,000円、64,000円から選択
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅外
貸与期間
採用年度から卒業までの最短修学期間
募集時期
年1回(4月)
備考
第1種奨学金を受けてもなお家計困難であり、併用貸与の基準に合致する場合は、願い出によって“第2種奨学金”を併せてうけることができます。

【貸与型】日本学生支援機構奨学金(全学部共通)

対象
家計を支えている者が、失職、破産、会社の倒産、病気、死亡等または火災、風水害等により家計が急変したため、緊急に奨学金の貸与の必要性が生じた場合
奨学金の種類
緊急採用・応急採用

【貸与型】日本学生支援機構奨学金(全学部共通)

対象
4月を始期として第1種奨学金・第2種奨学金の貸与を受ける者で、増額貸与を希望する場合
奨学金の種類
入学時特別増額貸与
貸与(総額)
10、20、30、40、50万円から選択

【貸与型】日本学生支援機構奨学金(全学部共通)

対象
日本学生支援機構の定める「学力に関する基準」と「家計に関する基準」の両方を満たしていること。
新入生の場合「学力に関する基準」は全体の評点平均点以上
奨学金の種類
第2種奨学金
貸与(月額)
30,000円、50,000円、80,000円、100,000円、120,000円の中から選択
利子
利子
貸与期間
採用年度から卒業までの最短修学期間
募集時期
年1回(4月)
備考
第1種奨学金を受けてもなお家計困難であり、併用貸与の基準に合致する場合は、願い出によって“第2種奨学金”を併せてうけることができます。

【貸与型】日本学生支援機構奨学金(全学部共通)

対象
日本学生支援機構の定める「学力に関する基準」と「家計に関する基準」の両方を満たしていること。
新入生の場合「学力に関する基準」は全体の評定平均値3.5以上
奨学金の種類
第1種奨学金
貸与(月額)
30,000円、54,000円から選択
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅
貸与期間
採用年度から卒業までの最短修学期間
募集時期
年1回(4月)
備考
第1種奨学金を受けてもなお家計困難であり、併用貸与の基準に合致する場合は、願い出によって“第2種奨学金”を併せてうけることができます。
酪農学園大学/奨学金