• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 立教大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 社会学部
  • 現代文化学科

私立大学/東京・埼玉

リッキョウダイガク

現代文化学科

募集人数:
170人 (増員)

現代社会の文化現象を社会学の視点を中心に捉え、多文化が共生していく社会を構想する。

学べる学問
  • 文化人類学

    世界の文化から、特性や相互関係を調査する

    さまざまな民族や文化圏の衣・食・住・家族などを対象に未開と文明を比較し、フィールドワークなどを通じて、人類の文化の共通性、異質性、多様性を知る学問。

  • 教養学

    人文科学、社会科学、自然科学を幅広く学び、人間や社会を理解する

    学問の枠にとらわれずに幅広い知識を身につけることで、1つの学問からだけでは見えにくい、人間や社会についての特質や問題点を明らかにする

  • 社会学

    あらゆる社会現象を科学的に分析する

    社会と人間をテーマに社会現象を多面的に研究。研究対象は個人から国家レベルまで。扱う領域も、社会階級、環境問題、いじめなど幅広い。

  • 情報学

    情報化が社会に与える影響などを科学的手法で分析する

    社会における情報の仕組みや流れ、ありようなどを、実習、演習、フィールドワークを駆使して明らかにし、人間や社会を探究する学問。情報の作られ方、収穫、伝達、利用法、システム構築など情報に関するすべてを対象に学ぶ。

  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • 国際関係学

    世界各国の関係を知り、国際社会の問題を研究する

    国際社会に存在するさまざまな問題解決に向けて、国家地域間の比較やその地域の政治、経済、文化などを、調査や現地研修などを通して分析研究する。

  • 生活科学

    人々の生活の合理化や充実を、学術的アプローチで研究する

    衣・食・住から人間関係、健康、環境、文化など生活者の視点を基盤にしてライフスタイル全般を学ぶ学問。家庭生活の向上や快適な生活環境を創ることを目指す。

  • 人間科学

    「人間とは何か」について幅広い視点で研究する

    哲学、心理学、歴史学、文化人類学、社会学、法学、そして生命科学や人類学、人工知能など、文系・理系両分野を通して多角的に、あるいは総合的に人間について考える。

目指せる仕事
  • 国家公務員

    国の施策に基づいて社会全体に貢献

    各省庁やその出先機関に勤め、国防・公安・徴税から農・工・商業の指導監督、国民医療や社会福祉の充実など、国の施策を実行して、国民生活の向上を図るのが仕事だ。

  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • 企画・調査

    会社の事業戦略のおおもとになるデータを収集・分析し戦略の方向性を示す

    民間企業などで、事業戦略を定める際、その基礎となるさまざまなデータを収集し戦略の方向性を示す仕事。業績の詳細な分析、市場規模や消費者のニーズの調査、予算シミュレーションなど、緻密な作業と分析力が必要とされる。あらゆる業種の企業にあり。

  • 観光局スタッフ・地域コーディネーター

    各国の観光局で観光案内を行う

    観光局スタッフは、各国の窓口となり、政府に代わって観光案内を行う。情報収集や本国とのやり取りがあるため、その国の語学が堪能であることは必須。メディアに対してPRすることも重要な仕事だ。地域コーディネーターは、まちづくりのキーパーソンとして、地域の課題を探り出し、地元のヒトやモノを結びつける新たな事業を生み出していく仕事。たとえば、地元の若者と企業をつなぐインターンシップ事業や地域独自の観光資源を生かした新たなツアーの企画など、さまざまな取り組みが実践されている。

  • 新聞記者

    社会の動きをとらえて伝える

    新聞社に勤めて、記事を書くのが仕事。その中でも取材記者、原稿の誤りを正す校閲記者、整理記者と、仕事が分担されている。取材記者は事件や事故が起これば、現場に急行し、独自ネタを拾い出して記事にする。社会を見る自分なりの視点やフットワークが必要。

  • ジャーナリスト

    報道を通して、現実社会を浮きぼりにする

    ひとことで言うと、報道に携わる仕事をする人。放送記者、新聞記者、ルポライター、フリーライター、雑誌記者、キャスター、フォトジャーナリストなどを指す。「ジャーナリスト」とはその総称ともいえる。ジャーナリズムの影響力は大きく、報道の仕方によっては、国民意識や政治まで変えることもある。

  • 中学校教諭

    専門教科を教えるとともに心のケアも

    小学校と違い、免許のある単一教科を教えるので深い専門知識が必要となる。また、中学時代は、子供から大人にかわる過渡期で、不安定になる生徒も多いので、適切な指導をしていかなくてはならない。人間としての幅広い教養や対応力が求められる。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。

初年度納入金:2017年度納入金 129万1000円  (入学金含む)

学科の特長

学ぶ内容

現代のあらゆる現象・問題を文化と捉える
言語や習慣をはじめ、パソコン、ライフスタイルなど、日常生活における社会のあらゆるものは「文化」と捉えることができる。こうした広い視野で性別による差異、環境保全などの現象や問題を取り上げ、社会の在り方を探り研究する。深い理解力と人間性、そして高度な問題解決能力を持った人材育成をめざす
多文化社会、大都市の多国籍化、生活様式から見た環境問題
多種多様な人々との共生などの多文化社会の問題や、大都市領域を中心とした住民の多国籍化やマイノリティ問題、人々の価値観、ライフスタイル、消費嗜好などからみた環境問題の要因などを研究。現代社会における文化の多様な在り方について深く理解し、さまざまな文化の交流と共存に貢献する人材を育成する

カリキュラム

現代社会への理解を深め、そこに生じる問題の解決策を考えていく
現代文化の多様性や生産の仕組みを考察する「価値とライフスタイル」、人間と外部環境の関係を考察する「環境とエコロジー」、多種多様な文化間関係をグローバル化の中で考察する「グローバル化とエスニシティ」、文化の接触による問題が現れやすい場所を考察する「都市とコミュニティ」の4領域から現代社会と文化を学ぶ

授業

私たちの日常生活における文化の働きを考える:「文化の社会理論」
「文化」が日常の私たちの社会生活の中にどのような形で現れ、私たちの意識や価値観、行動パターンをどのように規定しているのか。また、新たな文化はどのように生まれてくるのかを「食べる」「飲む」「住まう」「装う」などの身近なテーマから考えていく。多様な視点や理論を参照しながら、文化概念の幅広い理解をめざす

卒業後

ジャーナリストからNGO、NPO職員まで
国際的な視野と文化への理解力、深い知識と人間性を備えた人材として卒業をめざす学生たち。そのフィールドは非常に広い。一般企業への就職はもちろん、行政機関、NPO/NGOといった非営利団体、ジャーナリズム、研究・教育分野などでの活躍が期待できる

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 中学校教諭免許状【社会】<国> (1種) 、
  • 高等学校教諭免許状【公民】<国> (1種) 、
  • 司書<国> 、
  • 学芸員<国> 、
  • 社会調査士

社会教育主事任用資格 ほか

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 98.4 %

( 就職希望者451名 )

主な就職先/内定先

    三井住友銀行 、 千葉銀行 、 みずほフィナンシャルグループ 、 りそなホールディングス 、 三菱東京UFJ銀行 、 全日本空輸 、 東京海上日動火災保険 、 ジュピターテレコム 、 日本放送協会 、 東京都特別区 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

※学部全体のデータです

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1
TEL03-3985-2660

所在地 アクセス 地図・路線案内
池袋キャンパス : 東京都豊島区西池袋3-34-1 「池袋」駅から徒歩 約7分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

立教大学(私立大学/東京・埼玉)