• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 流通科学大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 経済学部
  • 情報システムコース

私立大学/兵庫

リュウツウカガクダイガク

情報システムコース

コンピュータの基礎から応用を段階的に学修。高度な経済知識も身につけて、ITビジネス分野での活躍を目指します

学べる学問
  • 法学

    法律の解釈や運用のしかたを学ぶ

    国家と国家、個人と個人の利害の対立や意見の不一致を調整するためのルールである法の精神を体系的に学び、法の役立て方を追求する。

  • 政治・政策学

    行政・都市・民族・外交・産業など多方面から政治のあり方を考える

    政治学では、理論と実例研究を通して国際社会や国家、地域社会などの政治現象を研究する。政策学は、フィールドワークを基礎にした問題発見・解決型の社会科学。

  • 総合政策学

    学問分野の枠を超え、現代の社会問題解決に向けて研究する

    複雑化・国際化した現代社会の課題を解決するための政策立案・遂行に向けて、学問の枠を超えて研究し、問題の解決手法を探る。

  • 観光学

    文化交流やビジネスの側面を持つ観光の研究を通じて、観光業で必要とされる知識や技術を学ぶ

    観光地計画・観光事業経営・観光文化などの分野がある。観光の理論から、ホテル業、旅行業などの実務的な知識も学べる。

  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • 情報工学

    コンピュータ・ソフトウェアの理論や技術を身につける

    効率的な情報処理を行うコンピュータの開発をめざす。コンピュータ自体やソフトウエアの基礎から、高度な情報処理技術について学んでいく。

目指せる仕事
  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • 会社経営者

    会社の業績、戦略判断、すべてに関して最終判断と責任を負う

    会社が活動を行う上での、事業戦略、資金対策、取引先対応、社員管理などあらゆる問題について、次の方向を示したり難しい決断を下したりする最高責任者。大企業以外では営業活動の第一線で活躍していることも少なくない。

  • 経営コンサルタント

    経営の専門アドバイザー

    企業の経営に関するトータルコンサルティングを行う。主に、賃借対照表・損益計算書などの財務諸表を材料として、会社の収益や資産内容などの経営状態を判断し、アドバイスをする仕事。経営者の心強いパートナーともいうべき存在だ。

  • マーケットリサーチャー

    製品開発に欠かせない調査員

    モノ余りの時代には、ヒット商品を生み出すために、どんな人たちがモノを欲しがっているか、商品についての需要予測や消費者の嗜好動向、購入層、過去の販売実績、販売方法など市場の動きを正確に把握する必要がある。マーケットリサーチャーはこれら調査の専門家として社会調査やその結果を集計・分析する。

  • 企画・調査

    会社の事業戦略のおおもとになるデータを収集・分析し戦略の方向性を示す

    民間企業などで、事業戦略を定める際、その基礎となるさまざまなデータを収集し戦略の方向性を示す仕事。業績の詳細な分析、市場規模や消費者のニーズの調査、予算シミュレーションなど、緻密な作業と分析力が必要とされる。あらゆる業種の企業にあり。

  • 経理

    売上げや利益などの数字によって、経営活動を把握する

    いろいろな経営活動の状況や結果を金銭的な数字によって表し、正しく測定する仕事。数字を通じて経営上の欠点を見つけ、各部門の活動の方向付けに直接つながる重要な業務。仕事の範囲は広く、多岐にわたるが、資金の計画・運用を手がける財務、固定資産の金銭的管理(管財)なども経理の仕事。

  • 海外営業

    海外の企業などに自社製品を販売する

    自社製品を海外の会社や団体などにアピール、販売する仕事。販売する商品やサービスは国内の営業職と同様さまざまだが、コミュニケーションに必要な英語や現地の言葉などの日常会話力は欠かせない。仕事に必要な専門用語、法律用語などを身につけていると有利。

  • プログラマー

    コンピュータを動かすプログラムの開発・作成

    コンピュータにどんな仕事をさせるか、SEの書いた仕様書を見ながら、フローチャートをつくりそれをコンピュータ言語に翻訳し、それが正しく稼動するかどうかをチェックする。コンピュータは、たったひとつのミスでも稼動できないため、想定されるあらゆるケースの元でテストを何度も行うため、根気のいる仕事。

  • システムエンジニア(SE)

    効率的なシステムを考え、設計する

    ユーザーの目的にかなったコンピュータのシステムを設計する仕事。システム開発に必要な情報を分析する技術力はもちろんのこと、柔軟な思考力、想像力が必要とされる。システムを設計するのが仕事になるので、コンピュータの知識だけでなく、システム化する物に関する知識が必要になる。

  • カスタマーエンジニア(ソフトウェア・ネットワーク)

    顧客である企業を訪問し、コンピュータシステムの導入・保守・修理を担当

    コンピュータシステムやネットワークシステムの導入や保守・点検、修理などを担当するエンジニア。顧客である企業などを訪問し、現場で仕事をする。新たにシステムを導入する際には、機器のセッティングやソフトウェアの設定、操作の指導などを行い、導入後も定期点検を行う。また、システムにトラブルが発生した場合は、現場に急行して原因を究明し、復旧する。ソフトウェア、ハードウェア、ネットワークに関する幅広い知識やコミュニケーション能力が求められる仕事だ。

初年度納入金:2017年度納入金 132万6140円  (入学金30万円を含む)

学科の特長

学ぶ内容

生活と深く結びついた情報システムのしくみについて理解し、新たな戦略やサービスを考えます
多彩なSNSによるコミュニケーションや電子マネー、インターネット家電など、人々の生活に欠かせない存在となりつつある「情報システム」。そのしくみと役割について知り、さらに経済学、経営学、流通の基礎を学ぶことで、これらの知識をもとに新たなシステムやサービスを考え、運用する力を身につけた人材を育成します。

授業

データ処理と分析に不可欠なコンピュータのスキルを身につける「コンピュータ基礎」
経済や経営のデータ処理と分析にはコンピュータが不可欠です。コンピュータを利用するにはそのハードウェアとソフトウェアの基礎について理解しておくことが大切。「コンピュータ基礎」では、ハードについてはCPUや記憶装置の基礎、ソフトについてはオペレーティングシステムの機能について学習します。

卒業後

情報システムの活用・開発能力を活かし、企業の情報部門やシステム開発者として活躍!
経済学や経営学、流通に関する基礎知識と、高度な情報処理能力を持った人材として、さまざまな分野での活躍をめざせます。企業内でインターネット環境の整備にあたる部門、公共システムの運用・管理を行う組織や官公庁の情報部門、さらに情報システムを新たに開発するエンジニアやプログラマーの道も開かれています。

制度

「アプリ開発講座」では、企画の提案からアプリ制作までを経験し、実践力を育てます
現在も普及を続けているスマートフォンに着目し、「アプリ開発講座」を開講。ソフト開発をしている外部講師を招いての講座で、どのようなアプリを作るか考えるところから始め、実際に使用できるレベルまで作り込んでいきます。企画の提案から実際のアプリ制作作業、運用までをトータルに経験し、実践力を身につけます。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • IT パスポート試験<国> 、
    • 基本情報技術者試験<国>

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒651-2188 神戸市西区学園西町3-1
TEL078-794-2231 入試部
UMDS_Nyushi1@red.umds.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
兵庫県神戸市西区学園西町3-1 「学園都市」駅から徒歩 5分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

流通科学大学(私立大学/兵庫)