• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 鈴鹿医療科学大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 医用工学部
  • 医用情報工学科

私立大学/三重

スズカイリョウカガクダイガク

医用情報工学科

募集人数:
30人

IT化された医療業界のニーズに応えられる「医療のわかる情報処理技術者」を育成

学べる学問
  • 健康科学

    人々の健康増進・維持を実現するための理論と技術方を学ぶ

    人々の病気を予防し、健康増進と維持のための理論と方法を研究する。栄養・運動・リラクゼーションなどの分野のほか、福祉や介護関連の科目も学ぶ。

  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

  • 医療技術学

    医療を支えるさまざまな技術を研究し、専門家を養成する

    医療を支える専門技術者を養成する。臨床検査や診療放射線、医療情報などがある。人工臓器の研究や新しい診断システムなど高度な医療技術の研究を行う大学もある。

  • 情報工学

    コンピュータ・ソフトウェアの理論や技術を身につける

    効率的な情報処理を行うコンピュータの開発をめざす。コンピュータ自体やソフトウエアの基礎から、高度な情報処理技術について学んでいく。

目指せる仕事
  • システムエンジニア(SE)

    効率的なシステムを考え、設計する

    ユーザーの目的にかなったコンピュータのシステムを設計する仕事。システム開発に必要な情報を分析する技術力はもちろんのこと、柔軟な思考力、想像力が必要とされる。システムを設計するのが仕事になるので、コンピュータの知識だけでなく、システム化する物に関する知識が必要になる。

  • 診療情報管理士

    病院の診療情報を管理する

    病院で保存される診療記録を整理し、必要なときすばやく提供できるように管理する。記録の点検は十分行い、カルテや検査結果に不備がないかも確認する。このノウハウをもとに病院内の医療情報のデータベース化や診療統計を行うなどの役割も期待される。

  • 医療情報管理者

    医療情報を管理し、研究や広報にも活用

    カルテをはじめとする院内の診療記録を整理し、必要なときすばやく提供できるように管理する。この情報を加工し、病気や診療統計をまとめ、研究や広報のために提供することもある。多くの患者が訪れる大規模な病院では専門職として勤務する場合もある。

  • 医薬情報担当者(MR)

    医師に薬品の情報を提供する

    MRとはMedical Representativeの略で、製薬会社の営業販売をする人。医療機関に出入りし、メーカーを代表して医師らに医薬品の情報を提供したり、情報を収集する仕事。また、各研究機関への委託研究の連絡や研究発表、シンポジウムを手伝うこともある。

初年度納入金:2017年度納入金 120万円  (内入学金20万円、分納方式あり)

学科の特長

授業

医療と情報の専門知識、医療人として必要な豊かな人間性を養います
1年次の導入教育を重視し、「フレッシュマンセミナー」「コンピュータ科学基礎」「インターネット」を実施。これにより、医療人に必要とされる豊かな人間性、柔軟な思考力、幅広い考え方を養います。また、専門科目としてプログラミングはもちろん、医学・医療制度を学び、基礎から応用までしっかり身につけていきます。

実習

医療現場における情報処理・診療情報管理の技術を修得
技術革新が著しいこの分野では、実際の医療現場での実習は社会に出る前の準備として欠かせないもの。医用情報工学科では、三重・愛知・岐阜県内主要病院の協力を得て病院実習を実施しています。最先端の知識を修得できるのはもちろんのこと、医療現場での情報処理の基礎・診療情報管理の基礎を学ぶことが可能です。

卒業後

病院の「診療情報管理士」の他、医療情報・情報通信関連や医療機器を扱う企業などへ就職
情報工学と医療技術の両面にまたがる学問を修得した同学科の卒業生へのニーズは高く、さまざまな職業分野への就職が可能です。医療情報処理の専門家「診療情報管理士」として医療現場で活躍できる他、システムエンジニア、ソフトウェア開発者として多彩な業種での活躍が強く期待されています。

資格

医療情報に関する知識と、情報工学を駆使できる資格を取得
最適な情報処理技術を活用して医療情報を安全かつ有効に提供する医療情報技師や、診療データの管理を行う診療情報管理士、確かな情報処理技術を持つ国家資格・基本情報技術者試験など、さまざまな資格取得がめざせます。

教育目標

「医療のわかる情報処理技術者」、「医療分野の情報処理を担う専門家」を育成
今日、医療界ではカルテや診療記録などのデータをコンピュータに保存・管理し、有効な利用方法をアドバイスできる情報処理技術者が求められています。こうしたニーズに応え、医療データだけでなく、診療報酬点数の換算と保存・管理など、より専門的に病院運営にまで携わることができる情報処理の専門家を育成しています。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

受験資格が得られる資格

  • 診療情報管理士

目標とする資格

    • 医療情報技師 、
    • 基本情報技術者試験<国>

    医療情報基礎知識検定試験

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 96.1 %

( 就職者数423名 )

※ 2016年3月卒業生実績 (学校全体)

診療情報管理士、医療情報技術者、医療情報関連企業のシステム開発・営業技術者などとして活躍

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒510-0293 三重県鈴鹿市岸岡町1001-1
TEL059-383-9591(直) 入学課
nyushi@suzuka-u.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
千代崎キャンパス : 三重県鈴鹿市岸岡町1001-1 近鉄名古屋線「千代崎」駅から徒歩 13分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

鈴鹿医療科学大学(私立大学/三重)