• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 鈴鹿医療科学大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 保健衛生学部
  • 医療栄養学科

私立大学/三重

スズカイリョウカガクダイガク

医療栄養学科

募集人数:
80人 (各コース 40人)

各コース40人の少人数制で指導。医療を中心とした専門知識を学び、病院等医療機関での活躍を目指す

学べる学問
  • 栄養・食物学

    栄養と食についてさまざまな角度から研究する

    食べ物をテーマに、調査、実習、実験などで多角的な研究をする学問。栄養学は料理法や栄養について、食物学は食品を実習を通して総合的に学ぶ。

  • 健康科学

    人々の健康増進・維持を実現するための理論と技術方を学ぶ

    人々の病気を予防し、健康増進と維持のための理論と方法を研究する。栄養・運動・リラクゼーションなどの分野のほか、福祉や介護関連の科目も学ぶ。

  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

  • 医療技術学

    医療を支えるさまざまな技術を研究し、専門家を養成する

    医療を支える専門技術者を養成する。臨床検査や診療放射線、医療情報などがある。人工臓器の研究や新しい診断システムなど高度な医療技術の研究を行う大学もある。

目指せる仕事
  • 臨床検査技師

    病気の早期発見に寄与する、医療検査のスペシャリスト

    医師の指示のもと、病院や産科・レディスクリニック、整形外科(MRI)、臨床検査センターなどで、微生物的検査や血液学的検査、病理学的検査、心電図、脳波検査などの生理学的検査などさまざまな検査を行い、診断や治療の基礎となるデータを提供する。検査結果が医師の診断を大きく左右するので、緻密な作業が要求される。

  • 管理栄養士

    医療や教育、スポーツ、美容に欠かせない栄養指導のスペシャリスト

    病院や、保健所、学校などの集団給食施設で献立をつくり、栄養指導をする。栄養士資格を持った上で国家資格を取る必要がある。栄養士よりも高度な知識をもち、複雑な栄養指導、管理を行う。

  • 医薬情報担当者(MR)

    医師に薬品の情報を提供する

    MRとはMedical Representativeの略で、製薬会社の営業販売をする人。医療機関に出入りし、メーカーを代表して医師らに医薬品の情報を提供したり、情報を収集する仕事。また、各研究機関への委託研究の連絡や研究発表、シンポジウムを手伝うこともある。

  • 栄養士

    栄養指導、献立作成、調理まで行う「食物・栄養」のスペシャリスト

    病院や、保健所、学校などの集団給食施設で献立をつくり、栄養指導をする。医者の治療方針に添った栄養指導から、フィットネスクラブでのダイエット相談を兼ねた栄養指導や、レストランでメニュー開発をするフードコーディネーターとして働くケースも。

  • 食品技術者・研究者

    食材や食品、生産設備など、「食」に関するさまざまな技術・知識を追究する

    食品会社などで、新しい食品の開発をしたり、食品の生産・管理を行ったりするのが食品技術者。製造工程のチェックや品質検査、衛生検査、現場の監督者への技術指導などの作業管理なども行う。食品研究者は、食品会社の研究所や大学、研究機関などで新しい食材や食品の研究などを行う。遺伝子組み換えなどバイオ技術を活用した新しい食材の研究開発をはじめ、製造技術そのものの研究など、「食」に関わる様々な分野を専門的に追究する。栄養、食品、工業、化学、農業、水産業など、さまざまな分野からのアプローチが可能だ。

初年度納入金:2017年度納入金 120万円~150万円  (管理栄養コース120万円、臨床検査コース150万円/内入学金20万円、分納方式あり)

学科の特長

学ぶ内容

管理栄養士、臨床検査技師に必要な専門知識・技術を身につける
<管理栄養コース> 
一人ひとりに適した食事指導を行うための臨床栄養学を学び、人々の健康維持・回復に貢献できる管理栄養士を養成します。 
<臨床検査コース> 
栄養学の知識も兼ね備え、NST(栄養サポートチーム)においても活躍できる臨床検査技師を養成します。

卒業後

【管理栄養コース】病院をはじめ、地方自治体の保健センターや医薬品・食品関連企業等へ就職
社会の健康ニーズに応える知識と技術を身につけた卒業生は、管理栄養士として病院・施設でチーム医療の一員として医師の指導の下、治療食の作成や栄養指導などを行うほか、食品関連企業、給食産業、医薬品メーカーなどでも活躍できます。さらに、地域住民の食生活を指導する市町村の保健センターなどからの求人もあります。
【臨床検査コース】臨床検査技師として医療機関に勤務するほか、検査や開発に携わる
おもに病院の検査室に勤務します。血液検査、遺伝子検査、微生物検査、病理・細胞診検査などを担当するほか、患者さまと直に向き合い、心電図測定、循環器や腹部の超音波検査などを行うこともあります。また健診センター、保健所、大学や製薬会社などで、検査や開発に携わる人も増えています。

資格

国家試験対策講座や模擬テストなど、国家試験合格をバックアップ
両コースとも国家試験対策講座を開講し、きめ細かい指導を行うとともに、模擬テスト、集中講座などを実施し、試験対策を強力にバックアップ。国家試験全員合格を目指しています。
<管理栄養コース>平成27年度管理栄養士<国>合格率73.8%(42名受験)
<臨床検査コース>平成27年度臨床検査技師<国>合格率91.2%(57名受験)

教育目標

【管理栄養コース】栄養学だけでなく、化学や基礎医学、臨床栄養学などを重点的に学ぶ
保健・医療・福祉・教育の分野で貢献できる、「食」に関する専門家の育成を目的としてカリキュラムを構成。従来の家政科や生活科学科にある栄養系学科とは異なり、人々の健康・福祉などの問題に対し「食」の面から対応できるよう、ライフステージにおける栄養、各種病態における治療食、介護食に重点を置いています。
【臨床検査コース】栄養学の知識も身につけた臨床検査技師として、NSTでの活躍を目指す
NST(栄養サポートチーム)とは医師を中心として管理栄養士、薬剤師、看護師そして臨床検査技師を加えた患者さまの病態に応じて最適な栄養治療を行い回復を目指す最近注目されている医療形態です。本学では、こうした最新医療の場で活躍できる栄養学の知識も兼ね備えた臨床検査技師の養成を目指しています。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 栄養士<国> (管理栄養コース)

受験資格が得られる資格

  • 管理栄養士<国> (管理栄養コース) 、
  • 臨床検査技師<国> (臨床検査コース) 、
  • 健康食品管理士

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 96.1 %

( 就職者数423名 )

※ 2016年3月卒業生実績 (学校全体)

病院、検診施設、学校、保健所、官公庁、医療機器メーカー、医療・介護福祉分野の施設・企業など

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒510-0293 三重県鈴鹿市岸岡町1001-1
TEL059-383-9591(直) 入学課
nyushi@suzuka-u.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
千代崎キャンパス : 三重県鈴鹿市岸岡町1001-1 近鉄名古屋線「千代崎」駅から徒歩 13分

地図

 

路線案内


鈴鹿医療科学大学(私立大学/三重)