• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 鈴鹿医療科学大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 竹内 文菜さん(医用工学部/臨床工学技士)

私立大学/三重

スズカイリョウカガクダイガク

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

臨床工学技士  として働く  竹内 文菜さん  にインタビュー!

  • 医療・福祉業界
  • 医療・福祉系専門職
  • 人に喜んでもらうのが好き
インタビュー

現代の最先端の医療現場を、高い専門性で支えたい

この仕事の魅力・やりがい

私は臨床工学技士として、主に手術室での職務に従事しています。具体的には、手術に必要な医療機器の準備や点検、そして実際の手術中には電気メスなどの器械出しを担当しています。特に器械出しの時には、常に術野(今、まさに手術が行われている手元)を見て、次にどんな手技が行われるかを考え、そのためにはどんな器械の操作が必要になるかを予測しながら準備しなくてはなりません。最初の頃は戸惑うことばかりでした。また最近の医療機器の進歩はめざましく、次々と新しい機器が登場するため、操作を覚えるのも大変です。緊張感でいっぱいの現場ですが、それだけに、患者さんが無事に手術室を出られた瞬間は本当にほっとします。

臨床工学技士として働く竹内 文菜さん

患者さんの笑顔に出会う瞬間が、私の一番の喜びです

臨床工学技士として働く竹内 文菜さん
今の仕事との出会い・きっかけ

手術中は常に患者さんの状態をモニターします

今の仕事との出会い・きっかけ

昔から子どもが好きで、子どもに関わる仕事をしたいと思っていました。また医療にも興味があり、医療関係の職種を調べるうちに、人工透析装置、人工心肺装置などの医療機器を操作する専門家である臨床工学技士の存在を知りました。しかも医療機関だけでなく、医療機器メーカーからも期待される職業だと聞き、興味を持ちました。この仕事は医療の知識に加えて工学の知識も必要になるため、勉強はけっこう大変です。でも医療分野で活躍中の先生方の親切な指導のおかげで、無事に合格できました。今は多くの手術を担当していますが、やはり帝王切開などで子どもの生命が誕生する瞬間に立ち会うと、この仕事を選んで良かったと心から思います。

これからかなえたい夢・目標

刈谷豊田総合病院は、19の診療科目を持つ総合病院。また当院は全国に先駆けて手術室に10名の臨床工学技士を配置したことでも知られ、他の病院や医療系の学校から多くの医療スタッフや学生が見学に来られます。だから、私自身が見学に来られた方たちの見本にならなくてはなりません。また近年、当院の手術室では世界的に注目されている手術支援ロボット「ダ・ヴィンチSi」が導入されました。これは、医師と私たち、そして看護師、診療放射線技師などと協力しながら作業しなくてはなりません。まだまだ勉強することばかりです。本当に奥が深い世界です。こんな恵まれた環境にいるのですから、今後はもっと業務の幅を広げていこうと思っています。

プロフィール

竹内 文菜さん のプロフィール

医療法人 豊田会 刈谷豊田総合病院勤務/医用工学部 臨床工学科/2010年3月卒/さまざまな医療スタッフを目指す学生が全国から集まる鈴鹿医療科学大学での学生生活の中で特によかったことは、近隣の病院やクリニックでの実習とのこと。「実習を通じて、知識や技術だけでなく、医療スタッフとしての心構え、他の医療スタッフとの連携や患者さんとのコミュニケーションを学べた」と学生生活を振り返る。チーム医療への理解を深められるカリキュラムが今の仕事でも生かされている。

この先輩が卒業したのは…

鈴鹿医療科学大学 医用工学部

学校イメージ

今日の医療現場は、医学・生物学などの「生命科学」と、電気・電子や情報などの「工学」によって支えられています。この工学技術を用いる医療スペシャリストを育てるのが医用工学部。「臨床工学科」は、人工透析装置や人工心肺装置、除細動器、電気メスなどの医療機器から、逆浸透膜濾過装置(RO装置)、高気圧酸素療法装置などの先進の実習機器を完備し、医療の現場が求める臨床工学技士を育てます。「医用情報工学科」では、患者さんの診療記録の管理や保険診療に不可欠な診療情報管理士、医療情報技師を育てます。両学科とも、資格の取得だけでなく、医療人としての知識と技能、さらに豊かな人間性を兼ね備えた医療人の育成をめざします。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

鈴鹿医療科学大学(私立大学/三重)