• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 佛教大学
  • 学校の特長

私立大学/京都

ブッキョウダイガク

歴史や伝統がある

100年余りにわたって、社会に貢献できる人材を養成

佛教大学は、明治45年(1912)に開学。100年余りにわたって、社会に貢献できる人材養成に力を尽くしてきました。次代を見据えながら教育の裾野を拡大し、現在では紫野キャンパスと二条キャンパスを拠点に、7学部14学科を有する総合大学へと発展。京都に根ざした大学として、地域の人々と積極的に交流し、地域振興や福祉などの課題の解決にも取り組んでいます。学校の特長1

資格取得に有利

「教員免許取得に強い」だけでなく、「資格取得にも強い」のが魅力

佛教大学では、さまざまな教員免許状や資格が取得可能です。のべ1500名以上が教員免許状や資格を取得しています。教員免許状の取得をはじめ、保育士、社会福祉士、理学療法士、作業療法士などをめざすには、大学での学修に加え教育実習などそれぞれの資格に関わる実習が必要です。佛教大学では、「教職支援センター」「福祉教育開発センター」「保健医療技術実習センター」などを設けて、実習教育をサポートし、成果を高めるとともに、普段の授業においても大学での学びと体験学習をリンクさせた教育を展開して、即戦力として役立つ実践力を養成しています。学校の特長2

学ぶ内容・カリキュラムが魅力

京都で学ぶ。「祇園祭研修」などの多彩なフィールドワーク

日本唯一の歴史学部は「歴史学科」と「歴史文化学科」の2つを設置。日本史から考古学、京都学まで専門分野の知識を学びます。また、世界無形文化遺産に登録されている祗園祭の歴史を学び、運営に携わることによって歴史を体感する「祗園祭研修」を実施しています。また、歴史学部以外にも、日本文学科で開講されている「京都の文学」(フィールドワーク)など、京都を舞台にした体験型の学びが豊富です。学校の特長3
佛教大学(私立大学/京都)