• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 獨協大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 法学部
  • 法律学科

私立大学/埼玉

ドッキョウダイガク

法律学科

募集人数:
210人

自ら問題を発見し、解決することのできる人材として、法学と語学のスペシャリストをめざす

学べる学問
  • 法学

    法律の解釈や運用のしかたを学ぶ

    国家と国家、個人と個人の利害の対立や意見の不一致を調整するためのルールである法の精神を体系的に学び、法の役立て方を追求する。

  • 政治・政策学

    行政・都市・民族・外交・産業など多方面から政治のあり方を考える

    政治学では、理論と実例研究を通して国際社会や国家、地域社会などの政治現象を研究する。政策学は、フィールドワークを基礎にした問題発見・解決型の社会科学。

  • 総合政策学

    学問分野の枠を超え、現代の社会問題解決に向けて研究する

    複雑化・国際化した現代社会の課題を解決するための政策立案・遂行に向けて、学問の枠を超えて研究し、問題の解決手法を探る。

目指せる仕事
  • 国家公務員

    国の施策に基づいて社会全体に貢献

    各省庁やその出先機関に勤め、国防・公安・徴税から農・工・商業の指導監督、国民医療や社会福祉の充実など、国の施策を実行して、国民生活の向上を図るのが仕事だ。

  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • 警察官

    日々の防犯活動と、事件・事故の迅速な解決が要。人々の生活と安全を守る

    社会の治安を守るために、個人の生命や身体、財産を保護し、犯罪の予防や鎮圧、捜査、被疑者の逮捕、交通の取り締まりなどを行う。警察官には、巡査、巡査長、巡査部長、警部補、警部、警視、警視正、警視長、警視監、警視総監といった階級がある。

  • 弁護士

    高度な法律知識で、依頼人の権利を守る

    裁判所の法廷において、代理人または弁護人として、依頼人の法律上の権利や利益を守り、国家権力による人権侵害から守る仕事。また、法律相談や契約書・遺言書などの法律文書の作成を始め、示談交渉などあらゆる法律事務処理を行う。

  • 検察官

    社会秩序を維持するため、事件解決にあたる

    殺人や強盗、贈収賄など、多くの刑事事件を捜査して、違法行為があった場合に公訴を提起し、法の正当な裁きを要求する。刑の執行を指揮監督するのも職務の一つ。

  • 裁判官

    法秩序を維持し、人権を守る司法の番人

    最高裁、高裁、地裁、家裁、簡易裁判所など全国にある裁判所で、民事、刑事、行政、家庭、少年など訴訟事件を審理し、事実を認定したうえで、法律を適用し、判決を下す。国民の権利擁護と、法秩序を維持するのが職務。

  • 司法書士

    市民の権利を守る法的手続きの専門家

    依頼人に代わって、裁判所や検察庁、法務局などに提出する書類を作成し、手続きを行う。不動産や商業上の登記手続きを行う場合もある。将来独立して、事務所を開設することも可能。

  • 法務

    企業内の法律のスペシャリスト

    企業の法務部などで、法律の専門知識を活かして働く。たとえば商標などの知的所有権を守る、訴訟など法的トラブルが起こった場合の対処などを担当。また、海外との取り引きでは、国際法や、取り引き相手の国の法律の知識を生かして、必要な書類を作ったりする。

  • 中学校教諭

    専門教科を教えるとともに心のケアも

    小学校と違い、免許のある単一教科を教えるので深い専門知識が必要となる。また、中学時代は、子供から大人にかわる過渡期で、不安定になる生徒も多いので、適切な指導をしていかなくてはならない。人間としての幅広い教養や対応力が求められる。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。

初年度納入金:2018年度納入金 135万2800円 

学科の特長

カリキュラム

法学と語学のスペシャリストとして、自ら問題を発見・解決できる人材をめざす
法律学については、1年次の「入門演習」で法的な考え方を修得し、2年次から行政法務・企業法務・法曹の3コースに分かれ、各分野での実践的な能力を身につける。また外国語の教育にも力を入れ、法的思考とともに語学力を備えられるようにしている。専門的知識と「自ら問題を発見し解決する力」を併せ持つ人材をめざす

授業

入門科目から高度な専門科目までを少人数で体系的に学習できるカリキュラムを編成
1年次に18名前後の少人数クラスの「入門演習」で、法律学の基礎知識を学び、「憲法」「民法」「刑法」「国際関係法」「総合政策」の各入門科目を履修。2年次の「基礎演習」や3・4年次の「演習」で少数精鋭の専門教育を履修。また「憲法・人権」「法曹特講」等専門科目で、より高度な知識を習得

ゼミ

国内法、政治、地方自治はもちろん、国際法、外交、国際問題など多彩なゼミを開講
2年次必修科目の「基礎演習」では、幅広い学習を通じて、自分が学びたい専門領域を見つける。3・4年次の「演習」では、基礎法、外国法、公法、そして政治、国際関係論、民事法、刑事法、手続法、社会法からなる45の多彩なテーマから、学生の興味、進路に適したゼミを選択し履修する

学生

将来の夢に近づくために法律知識の修得をめざします
「私には警察官になるという夢があり、そのために必要な法学と強みになる語学の両方を学べることから、法律学科を選びました。『民法入門』『憲法入門』等の授業では法律の基礎をしっかりと学びました。社会でも関心を集める"法律と関係する問題"や、先生方の見解に触れながら、さらに専門知識を勉強していきたいです」

資格

法律職対策講座や、公務員などをめざす人へのサポート講座などを開設
学生の夢を実現する講座を数多く開設。経済・法律系では、公務員試験対策講座、情報処理講座、法学検定試験対策講座、法律職対策講座、公認会計士養成講座、リテールマーケティング(販売士)検定試験対策講座等。語学系ではTOEIC(R)テスト講座やベルリッツTOEFL(R)テスト講座等をはじめ、フランス語、ドイツ語の講座を開設

留学

長期・短期ともに留学制度が充実。世界に飛び出し、自分を磨く絶好のチャンス!
長期留学では、協定校への交換留学と、学生自身が留学先を選ぶ認定留学があり、留学期間中の授業料は本学または留学先どちらか一方が免除される。短期留学は、春・夏休みに実施し、少人数制の語学授業や体験型見学等が行われる。ともに研修で取得した単位は本学の単位として認定される。国際交流センターで相談ができる

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 中学校教諭免許状【社会】<国> (1種) 、
  • 高等学校教諭免許状【地理歴史】<国> (1種) 、
  • 高等学校教諭免許状【公民】<国> (1種) 、
  • 司書<国> 、
  • 司書教諭<国>

ほか

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    国家公務員 、 市区町村職員 、 警察官 、 消防官 、 教員 、 東海旅客鉄道 、 三越伊勢丹 、 りそな銀行 、 野村證券 、 JTB首都圏 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒340-8585 埼玉県草加市学園町1-1
TEL. 048-946-1900(入試課直通)

所在地 アクセス 地図・路線案内
埼玉県草加市学園町1-1 東京メトロ日比谷線・半蔵門線直通 東武スカイツリーライン「獨協大学前」駅西口より徒歩 5分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

獨協大学(私立大学/埼玉)