• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 山形県立米沢女子短期大学
  • 学校の特長

公立短期大学/山形

ヤマガタケンリツヨネザワジョシタンキダイガク

学費に特長・奨学金制度あり

公立大学なので学費が安い

1963年に県立となり2009年には公立大学法人化を果たした本学は、低く設定された学費も魅力となっています。初年度納入金(2017年度)は入学金28万円(県内者は14万円)、授業料39万円、これらに諸会費が概ね10万円~(学科により異なる)が加わります。また、奨学金制度では日本学生支援機構をはじめ、本学独自の奨学金制度を設けています。この制度は、家計の急変により修学が困難になった場合などに無利子で必要額の貸し付けが受けられます。そのほか、授業料免除制度もあります。学校の特長1

きめ細かな少人数制

アットホームな雰囲気のなかで学ぶ2年間

4つの専門学科を擁する本学には、文系から理系まで幅広い分野を究めた多彩な教員が揃っています。そして少人数制の授業が多いことから、教員との距離がとても近いことも魅力のひとつになっています。学内でしばしば出会う、教員と学生がお茶を飲みながら談笑するシーンはその象徴でしょう。全国各地から集まった先輩や同級生たちとの交流も、幅広い柔軟な発想力を身につけるチャンス。こうしたさまざまな出会いが、人間としての成長を促してくれます。アットホームな雰囲気のなかで存分に学んでください。学校の特長2

学ぶ内容・カリキュラムが魅力

多彩な教養教育が魅力。編入学も高い実績を誇る

本学の特長のひとつに、総合短期大学だからこそできる多彩な教養教育があります。各学科の専門科目でも教養教育に有益な科目は他学科の学生も受講できるほか、本学独自の「総合教養講座」を開設。各分野の第一線で活躍する方を講師に迎え、自分の将来について考える機会を設けています。こうして培われる教養は、編入学にも役立っています。また、編入学の試験科目のほとんどが「英語・小論文・面接」であることを受け、普段の授業を通して英語力に磨きをかけながら、小論文の練習や模擬面接を繰り返すことで、希望する大学に合格できる実力を養っています。同県の山形大学を筆頭に、全国各地の大学への編入学実績を誇ります。学校の特長3
山形県立米沢女子短期大学(公立短期大学/山形)