• リクナビ進学(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 愛知みずほ大学短期大学部

私立短期大学/愛知

愛知みずほ大学短期大学部

アイチミズホダイガクタンキダイガクブ

女性として、社会人として健やかにいきいきと活躍できる人材を育てることが目標です

「食」と「生活」をテーマとし、学生一人ひとりが、女性として、社会人として、いきいきと活躍できるようきめ細かくサポートしていきます。最新の設備を整えた女子学生にうれしいおしゃれな都市型キャンパスです。

愛知みずほ大学短期大学部の特長

学校の特長1

今年66周年を迎える伝統校です

本学は昭和25年に創設され、今年で66周年を迎える伝統校です。心と体の健康を志向する「健への教育」を建学の精神とし、保健衛生的見地に立った家政学を実践。全国で活用されている「母子手帳」制度は、本学の瀬木三雄元理事長の発案によるものであるなど、日本の女性の健康と文化の育成にも大きく貢献しています。豊かで活力ある健康社会に貢献する人材育成を教育の目的に、豊かさや健康についての確かな知性と教養を身につけた、よき家庭人、また社会においても大きく活躍できる人材の育成に力を入れています。

学校の特長2

アクセス便利な都市型キャンパス「名古屋キャンパス新校舎」誕生

平成25年、名古屋キャンパスに都市型の新校舎が誕生しました。開放感あふれる吹き抜けのエントランスはじめ、ゆったり学べる講義室や豊富な実習用具を擁した施設設備はもちろん、パウダールームや学生ラウンジなどの生活面でのアメニティも充実のキャンパスです。名鉄名古屋本線「神宮前」東口から徒歩10分とアクセスも便利です。そのほか、JR東海道本線「熱田」駅から徒歩18分、地下鉄桜通線「瑞穂運動場西」駅から徒歩20分、地下鉄名城線「堀田」駅から徒歩15分と、JR、地下鉄からのアクセスにも恵まれています。

学校の特長3

先生や事務スタッフはとても身近な存在。なんでも相談できる環境です

本学では、少人数教育に力を入れています。学生からも「先生との距離が近く、何でも相談がしやすい」「分からないことは講義後でも納得できるまで教えてもらえる」など、学生一人ひとりへのきめ細かな対応が魅力だという声が、数多く寄せられています。就職指導においても、学生それぞれが将来どうしていきたいのかということをじっくり聞きながら、本人が納得のいく就職先を見つけられるように丁寧に指導していきます。また、先生ばかりでなく大学を運営する事務スタッフも学生にとって、とても身近な存在です。本学は先生、学生、事務スタッフと皆が親しい間柄でアットホームな雰囲気の中で学生生活を送ることができます。

学校の特長1

今年66周年を迎える伝統校です

本学は昭和25年に創設され、今年で66周年を迎える伝統校です。心と体の健康を志向する「健への教育」を建学の精神とし、保健衛生的見地に立った家政学を実践。全国で活用されている「母子手帳」制度は、本学の瀬木三雄元理事長の発案によるものであるなど、日本の女性の健康と文化の育成にも大きく貢献しています。豊かで活力ある健康社会に貢献する人材育成を教育の目的に、豊かさや健康についての確かな知性と教養を身につけた、よき家庭人、また社会においても大きく活躍できる人材の育成に力を入れています。

学校の特長2

アクセス便利な都市型キャンパス「名古屋キャンパス新校舎」誕生

平成25年、名古屋キャンパスに都市型の新校舎が誕生しました。開放感あふれる吹き抜けのエントランスはじめ、ゆったり学べる講義室や豊富な実習用具を擁した施設設備はもちろん、パウダールームや学生ラウンジなどの生活面でのアメニティも充実のキャンパスです。名鉄名古屋本線「神宮前」東口から徒歩10分とアクセスも便利です。そのほか、JR東海道本線「熱田」駅から徒歩18分、地下鉄桜通線「瑞穂運動場西」駅から徒歩20分、地下鉄名城線「堀田」駅から徒歩15分と、JR、地下鉄からのアクセスにも恵まれています。

学校の特長3

先生や事務スタッフはとても身近な存在。なんでも相談できる環境です

本学では、少人数教育に力を入れています。学生からも「先生との距離が近く、何でも相談がしやすい」「分からないことは講義後でも納得できるまで教えてもらえる」など、学生一人ひとりへのきめ細かな対応が魅力だという声が、数多く寄せられています。就職指導においても、学生それぞれが将来どうしていきたいのかということをじっくり聞きながら、本人が納得のいく就職先を見つけられるように丁寧に指導していきます。また、先生ばかりでなく大学を運営する事務スタッフも学生にとって、とても身近な存在です。本学は先生、学生、事務スタッフと皆が親しい間柄でアットホームな雰囲気の中で学生生活を送ることができます。

学校の特長1

今年66周年を迎える伝統校です

本学は昭和25年に創設され、今年で66周年を迎える伝統校です。心と体の健康を志向する「健への教育」を建学の精神とし、保健衛生的見地に立った家政学を実践。全国で活用されている「母子手帳」制度は、本学の瀬木三雄元理事長の発案によるものであるなど、日本の女性の健康と文化の育成にも大きく貢献しています。豊かで活力ある健康社会に貢献する人材育成を教育の目的に、豊かさや健康についての確かな知性と教養を身につけた、よき家庭人、また社会においても大きく活躍できる人材の育成に力を入れています。

学校の特長2

アクセス便利な都市型キャンパス「名古屋キャンパス新校舎」誕生

平成25年、名古屋キャンパスに都市型の新校舎が誕生しました。開放感あふれる吹き抜けのエントランスはじめ、ゆったり学べる講義室や豊富な実習用具を擁した施設設備はもちろん、パウダールームや学生ラウンジなどの生活面でのアメニティも充実のキャンパスです。名鉄名古屋本線「神宮前」東口から徒歩10分とアクセスも便利です。そのほか、JR東海道本線「熱田」駅から徒歩18分、地下鉄桜通線「瑞穂運動場西」駅から徒歩20分、地下鉄名城線「堀田」駅から徒歩15分と、JR、地下鉄からのアクセスにも恵まれています。

学校の特長3

先生や事務スタッフはとても身近な存在。なんでも相談できる環境です

本学では、少人数教育に力を入れています。学生からも「先生との距離が近く、何でも相談がしやすい」「分からないことは講義後でも納得できるまで教えてもらえる」など、学生一人ひとりへのきめ細かな対応が魅力だという声が、数多く寄せられています。就職指導においても、学生それぞれが将来どうしていきたいのかということをじっくり聞きながら、本人が納得のいく就職先を見つけられるように丁寧に指導していきます。また、先生ばかりでなく大学を運営する事務スタッフも学生にとって、とても身近な存在です。本学は先生、学生、事務スタッフと皆が親しい間柄でアットホームな雰囲気の中で学生生活を送ることができます。

愛知みずほ大学短期大学部からのメッセージ

9月10日(土)にオープンキャンパスを開催します。
各専攻・コースにおける説明会や、体験授業、在校生との座談会などが行われます。
当日は個別相談ブースも設けています。
愛知みずほ大学短期大学部の魅力を感じにきてください。

(8/31更新)

愛知みずほ大学短期大学部の学部・学科・コース

入試情報

実施している入試一覧

学費(初年度納入金)

2016年度納入金 食物栄養専攻、生活文化専攻、子ども生活専攻ともに133万5000円 ※入学金、教育充実費、授業料を含みます。※子ども生活専攻 教育連携費別途
(詳細は平成28年度募集要項でご確認ください。)

問い合わせ先・所在地・アクセス

入試事務室

〒467-0867 愛知県名古屋市瑞穂区春敲町2-13
TEL:052-882-1815

所在地 アクセス 地図・路線案内
愛知県名古屋市瑞穂区春敲町2-13 名鉄「神宮前」駅から東へ徒歩 10分
「金山」駅北口バス停から市バス 10分 「牛巻」下車 徒歩 約3分
「栄」駅から市バス乗車 20分 「牛巻」下車 徒歩 3分

地図

 

路線案内

愛知みずほ大学短期大学部(私立短期大学/愛知)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

次へ