• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 愛知文教女子短期大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 川口 愛さん(幼児教育学科/幼稚園教諭)

私立短期大学/愛知

アイチブンキョウジョシタンキダイガク

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

幼稚園教諭  として働く  川口 愛さん  にインタビュー!

  • 教育業界
  • 公務員業界
  • 教育系専門職
  • 人と接したり話すのが好き
インタビュー

普段とはまた違う笑顔を向けてくれた時はキュンとなります。

この仕事の魅力・やりがい

どんなに仕事が忙しい時でも、子どもたちの「先生大好き!」のひと言で疲れが吹き飛び、「この仕事を選んで良かった!」と思います。担任を持つ=責任重大ですが、担任する子どもたちはやっぱりかわいいですし、特別な存在です。私にしか向けない笑顔を見ることもあり、キュンとなることもあります。これからもたくさん経験を積み、子どもたちの気持ちに寄り添いながら保育をしていきたいと思います。また、保護者の方たちの声に耳を傾けられる保育者もめざしていきたいです。

幼稚園教諭として働く川口 愛さん

無邪気な笑顔から逆に私がパワーもらっています

幼稚園教諭として働く川口 愛さん
私の学生時代!

子どもと接することで自分も成長していきます

私の学生時代!

時には嫌になることもありましたが、なんとしてでもこの仕事に就きたいという気持ちが強く、たくさん勉強をしましたし、学べる機会があればどんなことにでも挑戦しました。オペレッタで監督を経験してたくさんの人たちの意見をまとめることの難しさを学んだり、オープンキャンパスで司会を担当して人の前に立って話すことの難しさを学んだのも今では良い経験です。私はピアノを短大に入ってからはじめたので自信がなく、「ピアノの授業が多いこの幼稚園でだいじょうぶだろうか」という心配もありましたが、2年生の実習で来た時の主任の励ましの言葉で、「ここで働きたい!」と強く思うようになりました。

後輩への応援&アドバイス

「就職したらもう勉強しなくても良い」と学生時代は考えていました。でも、就職して1年経ってみて思うのは、「働きはじめてからの方が勉強した」という実感が強いです。学生時代には椅子に座って知識を身につけるだけでなく、小さい子どもたちと触れ合うような経験を積んでおくと、より良いのではと思います。また、在学中にボランティアなどに参加したり、就活時にできるだけたくさんの職場を見て、その職場で働いている自分をイメージしてみることも大切だと思います。

プロフィール

川口 愛さん のプロフィール

愛知真和学園第二幼稚園勤務/幼児教育学科 第1部/2014年3月卒

この先輩が卒業したのは…

愛知文教女子短期大学 幼児教育学科

学校イメージ

実践的な授業を重視

幼児教育学科では実践教育を重視しています。3園ある附属幼稚園で行なう観察実習や参加実習、学外での実習など豊富な実習体験に加え、赤ちゃんとお母さんを招いての学生との交流会、地元の方たちに親しまれているオペレッタ(歌劇)公演や「文教こどもフェスタ」など、子どもたちと直接触れ合う機会を通して温かいハートと幅広い視野を持った保育者を育成します。さらに食物アレルギーを持つ乳幼児に対し保育者として知っておくべき基礎知識や対処方法を学ぶ演習や、心身に何らかの障がいを持つ子どもたちに音楽を通して発達を促す「こども音楽療育」、またグローバル化に対応できるよう保育英語検定の取得など特色ある学びを実践しています。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

愛知文教女子短期大学(私立短期大学/愛知)