• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 羽陽学園短期大学

私立短期大学/山形

ウヨウガクエンタンキダイガク

人を好きになる。自分を好きになる。「手作りの教育」で人を笑顔にするプロになる!

気さくで親しみやすく個性あふれる教員がそろった環境で、幼児教育や保育、介護・福祉についていろいろな角度から学び、専門性と実践力を備えた職業人として社会で活躍できる力を養います。

羽陽学園短期大学の特長

学校の特長1

保育・福祉分野のスペシャリストになるため。知識・技術を、実践的な学びで深める

保育や福祉に関する実践的な授業を多く実施しています。その中でも「保育実践研究III」では山形新聞・山形放送主催の子育て応援イベント「すこやか」に授業として参加しています。企画から当日の運営までを学生が担当し、子どもたちの笑顔のために「創造力」「企画力」「コミュニケーション能力」を発揮します。来場した子どもたちの笑顔と歓声を肌で感じることは、やり遂げた「達成感」「充実感」のみならず、自分自身の将来像を描くことにもつながっています。本学での学びは、保育・福祉のスペシャリストになるための専門的知識・技術の習得はもちろんのこと、現場で中心的な役割を担う存在として活躍できる力を養います。

学校の特長2

「将来どういう仕事をしたいのか」。憧れを確信に変えるサポート

前身の山形保育専門学校時代以来50年にわたって8000名あまりの卒業生を社会に送り出してきました。先輩たちは、県内外の幼児教育機関や福祉施設で園長・主任等のリーダー的役割に就き、活躍しています。社会人として求められる実務的な資質・マナーを学ぶ、実務教養・就職指導講座を就職指導の一環として実施。その他、自分の希望する仕事に就くためにはどうしたらよいのか、職種および地域の決定から、実際に就職するまで、教職員が一体となって万全の就職指導を行っています。いろいろな場面で気軽に相談できる教員と学生の緊密な関係があるからこそ、自分が将来どういう仕事をしたいのか、明確にビジョンを持てるようサポートできるのです。

学校の特長3

みんなでつくるキャンパスライフ。一生モノの仲間や先生に出会う!

学園祭やスポーツ祭、スキー教室など、盛りだくさんの行事・イベントを通して、クラスの仲間と絆を深めます。学生の自主的な活動も活発に行われ、クラブ・サークル・愛好会など、自分次第で広がる人とのつながりの輪も魅力的。学内だけではなく、地元天童市の「天童桜まつり」をはじめとする地域イベントにも積極的に参加しており、地域とのつながりを感じられます。その他、ゼミに配属されると担当教員との密接な交流もスタート。積極的にチャレンジし、学生が充実したキャンパスライフを過ごせるようサポートしています。

学校の特長1

保育・福祉分野のスペシャリストになるため。知識・技術を、実践的な学びで深める

保育や福祉に関する実践的な授業を多く実施しています。その中でも「保育実践研究III」では山形新聞・山形放送主催の子育て応援イベント「すこやか」に授業として参加しています。企画から当日の運営までを学生が担当し、子どもたちの笑顔のために「創造力」「企画力」「コミュニケーション能力」を発揮します。来場した子どもたちの笑顔と歓声を肌で感じることは、やり遂げた「達成感」「充実感」のみならず、自分自身の将来像を描くことにもつながっています。本学での学びは、保育・福祉のスペシャリストになるための専門的知識・技術の習得はもちろんのこと、現場で中心的な役割を担う存在として活躍できる力を養います。

学校の特長2

「将来どういう仕事をしたいのか」。憧れを確信に変えるサポート

前身の山形保育専門学校時代以来50年にわたって8000名あまりの卒業生を社会に送り出してきました。先輩たちは、県内外の幼児教育機関や福祉施設で園長・主任等のリーダー的役割に就き、活躍しています。社会人として求められる実務的な資質・マナーを学ぶ、実務教養・就職指導講座を就職指導の一環として実施。その他、自分の希望する仕事に就くためにはどうしたらよいのか、職種および地域の決定から、実際に就職するまで、教職員が一体となって万全の就職指導を行っています。いろいろな場面で気軽に相談できる教員と学生の緊密な関係があるからこそ、自分が将来どういう仕事をしたいのか、明確にビジョンを持てるようサポートできるのです。

学校の特長3

みんなでつくるキャンパスライフ。一生モノの仲間や先生に出会う!

学園祭やスポーツ祭、スキー教室など、盛りだくさんの行事・イベントを通して、クラスの仲間と絆を深めます。学生の自主的な活動も活発に行われ、クラブ・サークル・愛好会など、自分次第で広がる人とのつながりの輪も魅力的。学内だけではなく、地元天童市の「天童桜まつり」をはじめとする地域イベントにも積極的に参加しており、地域とのつながりを感じられます。その他、ゼミに配属されると担当教員との密接な交流もスタート。積極的にチャレンジし、学生が充実したキャンパスライフを過ごせるようサポートしています。

学校の特長1

保育・福祉分野のスペシャリストになるため。知識・技術を、実践的な学びで深める

保育や福祉に関する実践的な授業を多く実施しています。その中でも「保育実践研究III」では山形新聞・山形放送主催の子育て応援イベント「すこやか」に授業として参加しています。企画から当日の運営までを学生が担当し、子どもたちの笑顔のために「創造力」「企画力」「コミュニケーション能力」を発揮します。来場した子どもたちの笑顔と歓声を肌で感じることは、やり遂げた「達成感」「充実感」のみならず、自分自身の将来像を描くことにもつながっています。本学での学びは、保育・福祉のスペシャリストになるための専門的知識・技術の習得はもちろんのこと、現場で中心的な役割を担う存在として活躍できる力を養います。

学校の特長2

「将来どういう仕事をしたいのか」。憧れを確信に変えるサポート

前身の山形保育専門学校時代以来50年にわたって8000名あまりの卒業生を社会に送り出してきました。先輩たちは、県内外の幼児教育機関や福祉施設で園長・主任等のリーダー的役割に就き、活躍しています。社会人として求められる実務的な資質・マナーを学ぶ、実務教養・就職指導講座を就職指導の一環として実施。その他、自分の希望する仕事に就くためにはどうしたらよいのか、職種および地域の決定から、実際に就職するまで、教職員が一体となって万全の就職指導を行っています。いろいろな場面で気軽に相談できる教員と学生の緊密な関係があるからこそ、自分が将来どういう仕事をしたいのか、明確にビジョンを持てるようサポートできるのです。

学校の特長3

みんなでつくるキャンパスライフ。一生モノの仲間や先生に出会う!

学園祭やスポーツ祭、スキー教室など、盛りだくさんの行事・イベントを通して、クラスの仲間と絆を深めます。学生の自主的な活動も活発に行われ、クラブ・サークル・愛好会など、自分次第で広がる人とのつながりの輪も魅力的。学内だけではなく、地元天童市の「天童桜まつり」をはじめとする地域イベントにも積極的に参加しており、地域とのつながりを感じられます。その他、ゼミに配属されると担当教員との密接な交流もスタート。積極的にチャレンジし、学生が充実したキャンパスライフを過ごせるようサポートしています。

オープンキャンパスに行ってみよう!

詳細を見る

オープンキャンパス

短大説明、体験授業、学生、卒業生の経験談、学校見学、個別相談などを予定しています。 羽陽短大の雰囲気…

続きを見る

羽陽学園短期大学の学部・学科・コース

学費(初年度納入金)

【2017年度納入金】幼児教育科 123万円
(※その他、後援会費、保護者会費、学友会費等が別途必要)

就職・資格

卒業後の進路データ (2016年3月卒業生実績)

卒業者数102名
就職希望者数73名
就職者数73名
就職率100%(就職者数/就職希望者数)
進学者数26名

就職支援

学生一人ひとりに寄り添うきめ細やかな就職支援。職業人として活躍できるための心得を学ぶ

「実務教養・就職指導講座」では、社会人として求められる実務的な資質、話し方や電話応対、服装、マナーなどの他、幼児教育者・社会福祉従事者として求められる素養に関する内容を就職指導の一環として行っています。自分がどういう仕事をしたいのか、はっきりと目標を持ち、思い描く将来に向かって学べるコース制とゼミの担任教員との密接な交流で、個別に細やかな進路指導・就職支援を行っています。

問い合わせ先・所在地・アクセス

羽陽学園短期大学

(入試係)

〒994-0065 山形県天童市大字清池1559
TEL:023-655-2385

所在地 アクセス 地図・路線案内
山形県天童市大字清池1559 JR奥羽本線「高擶」駅下車 徒歩7分。

地図

 

路線案内

請求できるパンフはこちら

無料
大学要覧・募集要項
羽陽学園短期大学(私立短期大学/山形)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる