• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 下関短期大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 栄養健康学科

私立短期大学/山口

シモノセキタンキダイガク

栄養健康学科

募集人数:
30人

「しっかりとした知識」「おいしい料理」「人にやさしい」3つのフレーズを持ちあわせた栄養士に

学べる学問
  • 栄養・食物学

    栄養と食についてさまざまな角度から研究する

    食べ物をテーマに、調査、実習、実験などで多角的な研究をする学問。栄養学は料理法や栄養について、食物学は食品を実習を通して総合的に学ぶ。

目指せる仕事
  • レクリエーションインストラクター

    レクリエーション活動の提案や指導をする

    学校や職場、町内会などでスポーツ、ゲーム、イベントといったレクリエーション活動の指導をしていく。時には、レクリエーションの提案をしたり、イベント等の主催者の相談にのるなど、社会的にレクリエーションの大切さを啓蒙していくことも大切な仕事だ。

  • 栄養士

    栄養指導、献立作成、調理まで行う「食物・栄養」のスペシャリスト

    病院や、保健所、学校などの集団給食施設で献立をつくり、栄養指導をする。医者の治療方針に添った栄養指導から、フィットネスクラブでのダイエット相談を兼ねた栄養指導や、レストランでメニュー開発をするフードコーディネーターとして働くケースも。

初年度納入金:2017年度納入金 126万8880円  ( 入学金24万円を含む。諸会費等を除く)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

人を想い、「食」を通じて健康をつくる栄養士に
しっかりとした知識、 おいしい料理のできる 調理技術、人にやさしい心を持った栄養士を育成。地域貢献できる“食”のスペシャリストを目指します。

カリキュラム

食育活動や支援活動などを通して、健康的な生活を考える
栄養士になるには、調理や栄養といった事柄だけではなくライフスタイル全般についてトータルで考えられることが必要です。子どもや若者、高齢者のための食育活動や支援活動を通して、健康を多面的に考えることのできる栄養士を目指します。

実習

下関の地にちなんだ講義やゼミナールなど、地域に根ざした教育を実施
下関は魚の町・ふぐの町。栄養健康学科では、この下関の地にちなんだユニークな講義やゼミナールを受けることができます。下関はふぐやアンコウが多く水揚げされます。実習でもこれら下関の地にちなんだ特別なメニューを取り入れています。下関の食育ゼミなど魚食を学ぶゼミなどもあります。

学生

好きな授業(学生の声)
もともと興味を持っていた調理について、より専門的に学んでいます。「調理学」では、どのように調理をしたら料理がおいしくなるかということを学んでいます。科学的に解明されていて、それを知るたびに感心します。

卒業生

栄養士として働く卒業生
栄養士という職業を知ってから興味を持ち、進学を決めました。先生方は調理技術などを丁寧に教えてくださったり、勉強も遅い時刻まで付き合ってくださったりしました。おかげでスキルが大幅に上がったと実感しています。

教育目標

下短が大切にしたいこと
「人にやさしい栄養士」を目指し、「温雅にして、礼節を尊ぶ」という 訓(おしえ)のもと人と人との触れ合い、絆を大切にするという共通理念を土台にしています。知識・技能を備え「他者に優しく、自己に厳しい」心豊かな人材を輩出しています。
学校概要

「人にやさしい栄養士」「心温かな保育者」心の絆を大切にする専門職を目指す

長い歴史と伝統を土台とし、「温雅にして、礼節を尊ぶ」という訓(おしえ)のもと、心豊かな人間性を育み、社会の付託に応える人材の育成に努めています。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 栄養士<国> 、
  • フードスペシャリスト

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    日清医療食品(株) 、 レナール企画 、 王司保育園(栄養士) 、 日米クック 、 北進産業(株) 、 和光保育園(栄養士) 、 フェニックス 、 西日本フードサービス 、 西中国信用金庫 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒750-8508 山口県下関市桜山町1-1
TEL:083-223-0339(広報室)
E-mail:koho@shimonoseki-jc.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
山口県下関市桜山町1-1 「下関」駅からサンデン交通バス 栄町下車 12分
「下関」駅からサンデン交通バス 上条下車 10分
「下関」駅から徒歩 18分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

下関短期大学(私立短期大学/山口)