• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 宮崎学園短期大学

私立短期大学/宮崎

ミヤザキガクエンタンキダイガク

実習や参加型学習で社会に出てすぐ通用する「仕事のプロ」を育成する男女共学短期大学

豊富な実習と参加型学習によって、福祉の心を持つ保育者、教養と実務能力を兼ね備えた社会人を育んでいきます。

宮崎学園短期大学の特長

学校の特長1

建学の精神「礼節・勤労」を大切にした学風は、社会に踏み出す元気を育てます。

人と人とがつながる上で不可欠なのが礼儀と節度、まずはさわやかな挨拶からコミュニケーションを学びます。相手に配慮した言葉遣い、思いやりを身につけると、社会に出て行く自信につながっていきます。勤労は他に貢献する喜び、社会に貢献する喜びです。体験型授業や実習を通して自分を成長させ、責任を担える人材になっていきます。卒業後に卒業生たちが口を揃えて「自分に役立った」と言います。

学校の特長2

半世紀の歴史が送り出した卒業生は1万9千人以上、地元に信頼されています。

本学は地域密着型短大として発展し、地元の保育園、幼稚園、学校、企業等で卒業生が活躍しています。そうした卒業生の活躍が地元の信頼を築いてきました。1998年からは教職員の「日本一の地方短大」を目指した全学的FD活動が始まり、文部科学省からは「優れた取組」として3度も選定され、全国からも注目を浴びるようになりました。

学校の特長3

伝統と実績が求人を呼びます。学生一人ひとりの強みを育て就職率100%を目指します。

就職に強い資格や免許の取得に力を入れるとともに、教職員は学生一人ひとりを大切に、その成長を見守り、丁寧にアドバイスしていきます。就職率100%を目指すことはもちろん、「本学に入学して良かった」「2年間の自分の成長がうれしい」「学友をはじめ、先生、事務のかたとの出会いに感謝」そんな卒業を迎えることを目指して教職員は頑張っています。卒業時の学校満足度は平均約85.9%(2016年3月卒業生・回答者285名)です。

学校の特長1

建学の精神「礼節・勤労」を大切にした学風は、社会に踏み出す元気を育てます。

人と人とがつながる上で不可欠なのが礼儀と節度、まずはさわやかな挨拶からコミュニケーションを学びます。相手に配慮した言葉遣い、思いやりを身につけると、社会に出て行く自信につながっていきます。勤労は他に貢献する喜び、社会に貢献する喜びです。体験型授業や実習を通して自分を成長させ、責任を担える人材になっていきます。卒業後に卒業生たちが口を揃えて「自分に役立った」と言います。

学校の特長2

半世紀の歴史が送り出した卒業生は1万9千人以上、地元に信頼されています。

本学は地域密着型短大として発展し、地元の保育園、幼稚園、学校、企業等で卒業生が活躍しています。そうした卒業生の活躍が地元の信頼を築いてきました。1998年からは教職員の「日本一の地方短大」を目指した全学的FD活動が始まり、文部科学省からは「優れた取組」として3度も選定され、全国からも注目を浴びるようになりました。

学校の特長3

伝統と実績が求人を呼びます。学生一人ひとりの強みを育て就職率100%を目指します。

就職に強い資格や免許の取得に力を入れるとともに、教職員は学生一人ひとりを大切に、その成長を見守り、丁寧にアドバイスしていきます。就職率100%を目指すことはもちろん、「本学に入学して良かった」「2年間の自分の成長がうれしい」「学友をはじめ、先生、事務のかたとの出会いに感謝」そんな卒業を迎えることを目指して教職員は頑張っています。卒業時の学校満足度は平均約85.9%(2016年3月卒業生・回答者285名)です。

学校の特長1

建学の精神「礼節・勤労」を大切にした学風は、社会に踏み出す元気を育てます。

人と人とがつながる上で不可欠なのが礼儀と節度、まずはさわやかな挨拶からコミュニケーションを学びます。相手に配慮した言葉遣い、思いやりを身につけると、社会に出て行く自信につながっていきます。勤労は他に貢献する喜び、社会に貢献する喜びです。体験型授業や実習を通して自分を成長させ、責任を担える人材になっていきます。卒業後に卒業生たちが口を揃えて「自分に役立った」と言います。

学校の特長2

半世紀の歴史が送り出した卒業生は1万9千人以上、地元に信頼されています。

本学は地域密着型短大として発展し、地元の保育園、幼稚園、学校、企業等で卒業生が活躍しています。そうした卒業生の活躍が地元の信頼を築いてきました。1998年からは教職員の「日本一の地方短大」を目指した全学的FD活動が始まり、文部科学省からは「優れた取組」として3度も選定され、全国からも注目を浴びるようになりました。

学校の特長3

伝統と実績が求人を呼びます。学生一人ひとりの強みを育て就職率100%を目指します。

就職に強い資格や免許の取得に力を入れるとともに、教職員は学生一人ひとりを大切に、その成長を見守り、丁寧にアドバイスしていきます。就職率100%を目指すことはもちろん、「本学に入学して良かった」「2年間の自分の成長がうれしい」「学友をはじめ、先生、事務のかたとの出会いに感謝」そんな卒業を迎えることを目指して教職員は頑張っています。卒業時の学校満足度は平均約85.9%(2016年3月卒業生・回答者285名)です。

宮崎学園短期大学からのメッセージ

入試相談会のお知らせ

下記の日程で入試相談会を開催いたします。
6月17日(土)13:00~16:00 本学、小林市中央公民館、日南テクノセンター
6月18日(日)10:00~13:00 延岡市社会教育センター、都城市コミュニティセンター
6月24日(土)10:00~13:00 宮崎大学まちなかキャンパス、日向市文化交流センター
7月9日 (日)・8月6日(日) 10:00~12:00 本学(オープンキャンパス)
各会場では随時説明を行っています。

(4/12更新)

宮崎学園短期大学の学部・学科・コース

卒業後のキャリア

詳細を見る

幼稚園教諭

入佐 ひかりさん

昨日できなかったことが、今日はできるように。子どもたちの日々の成長がうれしい!

他の卒業生一覧を見る

学費(初年度納入金)

【2017年度納入金】 ■保育科/109万9980円 ■現代ビジネス科/108万3880円 ※入学金 20万円、授業料 54万円、施設費 23万円、図書費 1万円、実験実習費 4万8000円、その他諸費、委託徴収金を含む ※保育科は 1万5000円のピアノ実習費を含む (年2回に分納)

就職・資格

卒業後の進路データ (2016年3月卒業生実績)

卒業者数291名
就職希望者数248名
就職者数243名
就職率98.0%(就職者数/就職希望者数)
進学者数37名

就職支援

キャリア支援カリキュラムと充実した就職支援体制が高い就職率を強力サポート!

現代ビジネス科では1年次から必修科目キャリアガイダンスを1年間実施。学生ごとに明確なキャリア形成と社会人となる自信獲得を支援します。クラス主任・就職指導課・担当教員・卒業生が一丸となって、志望分野別の集中講義、特別講座、試験後指導等、学生の希望と適性に合う個別指導・支援を行います。ほかにも一般企業向け就職模試・公務員模試・保育士模試・幼稚園教諭登録模試と多岐にわたる課外講座・模試を無料で実施。就職活動に意欲的な学生が多数受験し、それぞれの採用試験突破に向けた実力養成に励んでいます。企業情報から過去3年間の求人票や先輩の就職活動体験記等、資料が充実。実りある就職活動を制度と資料の両面から支えます。

問い合わせ先・所在地・アクセス

入試広報部

〒889-1605 宮崎県宮崎市清武町加納丙1415番地
TEL:0120-310-796 (フリーダイヤル)

所在地 アクセス 地図・路線案内
宮崎県宮崎市清武町加納丙1415番地 「清武」駅から徒歩 15分
「宮崎」駅からバス 学園短大 国際大前下車 約30分

地図

 

路線案内

ブログ・インフォ

  • 2017年09月19日 15:15 BLOG

    入学者、就職先、ともに県内が9割を超える地域密着型短大の本学では、毎年様々な地域貢献・交流活動を行っています。その一環として今年度第1回目の「シニアいきいきセミナー」を9月5日(火)、第2回目を9月12日(火)に開催いたしました。   歓迎の挨拶は地域交流研究センターの有嶋委員長。   第1回目の講師は本学現代ビジネス科教授 原田 真理先生。テーマは「清少納言の宮仕えぐらし~中流貴族の妻から、超一流貴族の侍女へ~ 」   参加者の皆様はメモをとりながら、清少納言が過ごした貴族の暮らしぶりに思いを馳せている様子でした。   ★★★参加者の感想をご紹介します。★★★ ・現代社会と通ずるものがあり、とてもおもしろく楽しく聞けました。いつの世も学問を学ぶことは大切で、学んだ知識を生活の中に取り入れることは楽しいと感じました。 ・平安時代の人間関係、細かなところを説明していただき、新しい発見でした。 ・清少納言の人となり、考え方が分かり、おもしろかったです。     ※宮崎日日新聞に取材していただきました。         第2回目の講師は本学保育科の三宅浩子教授と後藤祐子准教授。 テーマは「音楽で楽しく美しくアンチエイジング」。   保育科の矢田憲太郎准教授が飛び入り参加でギターを演奏。   準備体操も兼ねて、身体を動かしながら歌を歌います。 時期的に秋を感じる曲目にチャレンジしました。   秋の虫の音を感じることが出来る楽器で演奏します。 皆さん本当に楽しそうでした。   ★★★参加者の感想をご紹介します。★★★ ・久しぶりに楽しい時間を過しました。お腹の中から久しぶりに歌いました。色々な楽器にふれて、森林の奥でいやされた様な気持ちになりリフレッシュしました。 ・毎回楽しく気持ちよく帰っていきます。先生方、準備など大変だったと思われますが、毎回ありがとうございます。 ・おもしろかったです。機会がありましたら次回も出席させて頂きたいです。   ★★★参加頂いた皆様、お疲れ様でした。次回はニューライフアカデミーでお待ちしています!★★★

    http://www.mwjc.ac.jp/news/archives/875

  • 2017年09月15日 11:15 BLOG

    9月16日の第3回インタビュー入試は予定通り実施いたします。 但し、台風等の影響で交通機関にアクセスできない等、止むを得ない事情がある場合は、当日朝8時50分までに電話にてご連絡ください。 宮崎学園短期大学(代表) 0985-85-0146

    http://www.mwjc.ac.jp/news/archives/877

  • 2017年09月14日 12:14 BLOG

    台風18号の接近に伴い、インタビュー入試の日程変更の可能性があります。 現時点では実施予定ですが、最終判断を明日9/15(金)の12:00に行います。 結果をホームページに掲載いたしますので、ご確認ください。

    http://www.mwjc.ac.jp/news/archives/876

  • 2017年09月13日 13:15 BLOG

     8月16日(水)~8月23日(水)の7日間にわたり、保育科2年生音楽療法士(2種)取得希望学生を対象に「音楽療法総合演習」「音楽療法実践」の集中講義が行われました。受講学生24名は7日間を通して、音や音楽と人の発達について学びを深め、また自身の音楽体験を通しながら、実践力を身につけ日ごとに成長していきました。    障がい児・成人・高齢者の方々への模擬セッションを体験したり、音や音楽を使ったプレイの創作をしたりする中で、受講生同士の繋がりも深まっていきました。学生が生き生きと表現し合い、対象者のために音楽を創っていく姿は本当に素晴らしいものがありました。  音や音楽を使って様々な人に寄り添い支援できる保育者となり、現場で活躍してくれることを期待したいと思います。   絵本の音付けをしている動画です。是非ご覧ください。

    http://www.mwjc.ac.jp/sub_news/archives/291

  • 2017年09月06日 09:17 BLOG

     本学ではFD活動の一環として、おおよそ月1回、本学教員が集まりFDミーティングを開催しています。今回は「前期の振り返りと後期に向けて」と題しミーティングを行いました。グループに分かれ、各教員が後期に向け、各自のFD宣言や前期の取り組み等を振り返りました。また、学生のPDCAサイクルをより良いものにするために、どのようなフィードバックの方法が有効なのかについても議論がなされました。終了時刻が近づいても各グループの議論は尽きることなく、大変有意義な会となりました。

    http://www.mwjc.ac.jp/news/archives/874

宮崎学園短期大学(私立短期大学/宮崎)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる