• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 宮崎学園短期大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 入佐 ひかりさん(保育科/幼稚園教諭)

私立短期大学/宮崎

ミヤザキガクエンタンキダイガク

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

幼稚園教諭  として働く  入佐 ひかりさん  にインタビュー!

  • 教育業界
  • 医療・福祉業界
  • 教育系専門職
  • 人と接したり話すのが好き
インタビュー

昨日できなかったことが、今日はできるように。子どもたちの日々の成長がうれしい!

この仕事の魅力・やりがい

年中児(4~5歳)の「うぐいす組」21名の担任をしています。幼稚園の先生になりたての4月当初は、思い通りにならない場面が多々ありました。それが今では、こちらの投げかけにしっかりと大きな声で返事をしてくれるようになり、自分たちで率先して行動する場面も増えました。昨日できなかったことが、今日はできるようになったりと、毎日の成長の積み重ねを身近で感じることができるのはとても幸せです。幼稚園は行事も多く、その準備など大変なときもありますが、子どもたちの天真爛漫な笑顔を見ていると、それだけで「がんばろう!」と元気がもらえるんです。一度として同じ一日はなく、毎日が変化に富んだやりがいのある仕事です。

幼稚園教諭として働く入佐 ひかりさん

子どもたちの成長を日々実感できるやりがいのある仕事

幼稚園教諭として働く入佐 ひかりさん
これからかなえたい夢・目標

ピアノの弾き歌いでは、子どもの元気な歌声が響きます

これからかなえたい夢・目標

幼稚園教諭になって、まだ1年目。今は毎日が、勉強の連続です。こばと幼稚園は、先生方同士の仲が良く、分からないことは何でも相談できるアットホームな雰囲気です。また同じ短大から就職した同僚が2人いて、みんなで切磋琢磨しながら働いています。ここでは、英語教育も行っているので、まず私自身が英語力を高めたいですね。そして野外活動など外遊びの体験を通して、子どもたちには多くの経験を積んでもらいたいと思っています。今後は、新しい資格にもチャレンジしたいと思っていて、「医療保育士」の資格取得をめざし、新たな保育の分野にも取り組んでいきたいと考えています。

後輩への応援&アドバイス

日誌を書いたり、お便りを作成するのも仕事の一つ

後輩への応援&アドバイス

働くようになって感じるのは、幼稚園教諭は子どもたちの人生の基盤を作り上げる大事な時期に関わっている仕事だということです。そのため、保育の進め方や指導方法で迷ったときはすぐに先輩方に相談するよう心掛けています。また、手遊びやゲームなどで子どもたちの興味を引き付ける必要のある場面も多々。そういった実践で役立つものをたくさん知っておくのはいいですね。私は、短大の授業で習ったことにプラスして、こばと幼稚園の先輩方のやり方から学んだり、本などから情報収集したりして、レパートリーを増やすよう努力しています。他にも、仕事をする上では体力も大事になってきます。日頃から体力維持も心掛けたいですね。

プロフィール

入佐 ひかりさん のプロフィール

幼保連携型認定こども園 こばと幼稚園 勤務/保育科/2016年3月卒/宮崎学園短期大学時代は、1年生の頃に学友会の執行部に入り、2年生では会長に就任。学校行事を企画・運営する立場になり、今までにない経験をできたことが彼女自身の成長を後押ししてくれたという。短大では、バレーサークルに所属し、保育園でバイトをした経験も勉強になったそうだ。もともと小さい子どものお世話が好きだったことから幼稚園教諭や保育士を目指すように。「こばと幼稚園」に就職して1年目。今後の目標は、「子どもや保護者から信頼される先生になること」。その目標に向かって元気いっぱい奮闘中だ。

この先輩が卒業したのは…

宮崎学園短期大学 保育科

学校イメージ

礼儀正しく、一生懸命に働く「礼節と勤労」を建学の精神とする宮崎学園短期大学。キャンパスは爽やかな挨拶が行き交い、教育熱心な校風は卒業時の入学満足度を平均85.9%近くに高めています。豊かな人間性と教養を備え、広く地域に貢献する保育士・幼稚園教諭を目指します。講義科目に加え実践的能力を磨く演習科目を数多く配置。更に幼稚園・保育園・福祉施設での4回にわたる実習を経て着実にレベルアップ。信頼される人材に成長します。こども音楽教育センターは、障害児への音楽療法および乳幼児の音楽教育のための施設。音楽療法士資格取得に必要な実習が学内にいながら受けられます。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

宮崎学園短期大学(私立短期大学/宮崎)