• リクナビ進学(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 桐生大学短期大学部

私立短期大学/群馬

桐生大学短期大学部

キリュウダイガクタンキダイガクブ

栄養・デザイン・マンガ・アート。確かな知識・技術・感性を育て道を拓く

「栄養」「デザイン」「マンガ」「アート」に関する学科を設け、著名人を招いての公開講座や海外研修旅行など多彩なイベントを用意。様々な経験を通じて社会性や人間的な魅力の溢れる人材の育成を目指していきます。

桐生大学短期大学部の特長

学校の特長1

アートやデザインの作品制作や栄養に関する実験等にも恵まれた環境を用意

アート・デザイン学科のあるアート・デザイン棟(1号館)は3階建てで、1階はデッサンや絵画、2階はマンガやイラスト、ポスターや広告等の平面作品制作、3階はコンピュータ室とインテリアスタジオ・ファッションデザイン実習室となっています。各実習室には、卒業制作展などの展示会場としても使用できるように最新のAV機器や照明設備を完備。また生活科学科のある9号館の調理実習室には、先生の手元がよく見えるモニターが設置されています。そのほか、学科共通の施設として地域の方への公開講座などを実施する大ホールや学生の憩いの場であるカフェ、図書館、コンピュータールームなど、学生をサポートする様々な施設を用意しています。

学校の特長2

専門的な授業を、一人ひとりに目が届く少人数で実施

専門科目などは少人数教育を基本とし、人間性をゆっくりと養いながら個性豊かな全人教育に努めています。「生活科学科」では、「健康」と「栄養」を共通のテーマに「臨床栄養」「栄養教育」「健康栄養」という3つの履修モデルに分かれて学習。「アート・デザイン学科」では、「デザイン・芸術」の両分野において、創意にあふれた表現力と社会に対応できる確かな知識・技術・感性を備え、自ら進んで創作・制作活動を展開できるデザイナー・アーティストを育成します。また、学生たちが楽しく充実した生活を送れるように担任制も実施。キャンパスライフ全般についてのサポート体制が整っています。

学校の特長3

社会に出て役立つ人間を育成し、自立するための自覚と技術を身につける!

1901年(明治34年)桐生裁縫専門女学館として番幹子によって創立された桐丘学園。文明開化の風潮、婦人の社会参加を背景に女子の教育を求める声が高まる中、「女性が一人の人間として自立するための自覚と技術を身につけること」を創立の目的としていました。以来「社会に出て役に立つ人間の育成」を建学の精神として、教育界の先駆者の務めを果たしています。どんな時代でも「他人を思いやる心」「それぞれの個性」「人と人の絆」を大切にして、伝統と歴史の上に新たなる輝きを築き上げていきたいと考えています。

学校の特長1

アートやデザインの作品制作や栄養に関する実験等にも恵まれた環境を用意

アート・デザイン学科のあるアート・デザイン棟(1号館)は3階建てで、1階はデッサンや絵画、2階はマンガやイラスト、ポスターや広告等の平面作品制作、3階はコンピュータ室とインテリアスタジオ・ファッションデザイン実習室となっています。各実習室には、卒業制作展などの展示会場としても使用できるように最新のAV機器や照明設備を完備。また生活科学科のある9号館の調理実習室には、先生の手元がよく見えるモニターが設置されています。そのほか、学科共通の施設として地域の方への公開講座などを実施する大ホールや学生の憩いの場であるカフェ、図書館、コンピュータールームなど、学生をサポートする様々な施設を用意しています。

学校の特長2

専門的な授業を、一人ひとりに目が届く少人数で実施

専門科目などは少人数教育を基本とし、人間性をゆっくりと養いながら個性豊かな全人教育に努めています。「生活科学科」では、「健康」と「栄養」を共通のテーマに「臨床栄養」「栄養教育」「健康栄養」という3つの履修モデルに分かれて学習。「アート・デザイン学科」では、「デザイン・芸術」の両分野において、創意にあふれた表現力と社会に対応できる確かな知識・技術・感性を備え、自ら進んで創作・制作活動を展開できるデザイナー・アーティストを育成します。また、学生たちが楽しく充実した生活を送れるように担任制も実施。キャンパスライフ全般についてのサポート体制が整っています。

学校の特長3

社会に出て役立つ人間を育成し、自立するための自覚と技術を身につける!

1901年(明治34年)桐生裁縫専門女学館として番幹子によって創立された桐丘学園。文明開化の風潮、婦人の社会参加を背景に女子の教育を求める声が高まる中、「女性が一人の人間として自立するための自覚と技術を身につけること」を創立の目的としていました。以来「社会に出て役に立つ人間の育成」を建学の精神として、教育界の先駆者の務めを果たしています。どんな時代でも「他人を思いやる心」「それぞれの個性」「人と人の絆」を大切にして、伝統と歴史の上に新たなる輝きを築き上げていきたいと考えています。

学校の特長1

アートやデザインの作品制作や栄養に関する実験等にも恵まれた環境を用意

アート・デザイン学科のあるアート・デザイン棟(1号館)は3階建てで、1階はデッサンや絵画、2階はマンガやイラスト、ポスターや広告等の平面作品制作、3階はコンピュータ室とインテリアスタジオ・ファッションデザイン実習室となっています。各実習室には、卒業制作展などの展示会場としても使用できるように最新のAV機器や照明設備を完備。また生活科学科のある9号館の調理実習室には、先生の手元がよく見えるモニターが設置されています。そのほか、学科共通の施設として地域の方への公開講座などを実施する大ホールや学生の憩いの場であるカフェ、図書館、コンピュータールームなど、学生をサポートする様々な施設を用意しています。

学校の特長2

専門的な授業を、一人ひとりに目が届く少人数で実施

専門科目などは少人数教育を基本とし、人間性をゆっくりと養いながら個性豊かな全人教育に努めています。「生活科学科」では、「健康」と「栄養」を共通のテーマに「臨床栄養」「栄養教育」「健康栄養」という3つの履修モデルに分かれて学習。「アート・デザイン学科」では、「デザイン・芸術」の両分野において、創意にあふれた表現力と社会に対応できる確かな知識・技術・感性を備え、自ら進んで創作・制作活動を展開できるデザイナー・アーティストを育成します。また、学生たちが楽しく充実した生活を送れるように担任制も実施。キャンパスライフ全般についてのサポート体制が整っています。

学校の特長3

社会に出て役立つ人間を育成し、自立するための自覚と技術を身につける!

1901年(明治34年)桐生裁縫専門女学館として番幹子によって創立された桐丘学園。文明開化の風潮、婦人の社会参加を背景に女子の教育を求める声が高まる中、「女性が一人の人間として自立するための自覚と技術を身につけること」を創立の目的としていました。以来「社会に出て役に立つ人間の育成」を建学の精神として、教育界の先駆者の務めを果たしています。どんな時代でも「他人を思いやる心」「それぞれの個性」「人と人の絆」を大切にして、伝統と歴史の上に新たなる輝きを築き上げていきたいと考えています。

桐生大学短期大学部の学部・学科・コース

栄養士養成課程

イラストレーション・絵画

マンガ・コミックイラスト

グラフィックデザイン

ファッション・造形

インテリア・空間デザイン

学費(初年度納入金)

2016年度納入金(参考) 【生活科学科】135万5000円 【アート・デザイン学科】129万5000円

問い合わせ先・所在地・アクセス

入試広報係

〒379-2392 群馬県みどり市笠懸町阿左美606-7
TEL:0277-48-9107

所在地 アクセス 地図・路線案内
群馬県みどり市笠懸町阿左美606-7 東武「阿左美」駅から徒歩 15分
JR「岩宿」駅から徒歩 20分
JR「桐生」駅から東武「新桐生」駅を経由してスクールバス 20分

地図

 

路線案内

桐生大学短期大学部(私立短期大学/群馬)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

  • Photo

    インターンシップと実習は1年次から。充実の「現場」先取り体験で確実に力がつきます

  • Photo

    社会のニーズにしっかりと応えられる、看護師・保健師・管理栄養士を目指す。

  • Photo

    「即戦力」を身につけ介護福祉・医療事務のスペシャリストを目指す

  • Photo

    「豊かな人間力と確かな専門力」人づくりを重視した教育環境で保育・栄養・調理を学ぶ

  • Photo

    保育士、栄養士、医療事務、英語&観光、ビジネス… 実社会で幅広く活躍!

  • Photo

    保育士・幼稚園教諭のW取得可能!幅広い教養を身につけ、社会で活躍!!

  • Photo

    医療・福祉・教育の各分野でリーダーとして活躍できる人材を育成!

  • Photo

    ーロングキャリア志向ー 実践力と社会経験豊かな学生を育てる

  • Photo

    127年の伝統と110万人を超える卒業生パワーが、夢を実現する皆さんを応援します。

  • Photo

    現場で使える実践力と専門教養を兼ね備えた、次世代を担うスペシャリストを育成!

次へ