• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 戸板女子短期大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 食物栄養科

私立短期大学/東京

戸板女子短期大学

トイタジョシタンキダイガク

食物栄養科

募集人数:
150人

資格取得を前提としたカリキュラム。応用力を磨き、将来、幅広いフィールドで活躍できる「栄養士」になる

学べる学問
  • 栄養・食物学

    栄養と食についてさまざまな角度から研究する

    食べ物をテーマに、調査、実習、実験などで多角的な研究をする学問。栄養学は料理法や栄養について、食物学は食品を実習を通して総合的に学ぶ。

目指せる仕事
  • 調理師

    自分の作った料理でお客さまを笑顔にする

    味が良く、見た目に美しく、衛生的にも営業的にも優れた料理を作る職人。和、洋、中、イタリアン、すし、日本そば等、その分野は幅広い。技術だけでなく、盛り付けのセンス、新しい味を生み出す研究心も要求される。将来独立するなら経営的センスも必要。

  • シェフ

    料理人のトップにたって、厨房をしきる最高責任者

    ホテルやレストランなどの厨房は、さまざまな料理人が自分の持ち場をしっかりこなして料理を仕上げていく。そのすべてをしきり、段取りから最終の味覚チェックまでお客様に出すすべての料理に責任をもつ。シェフと呼ばれるまでには、さまざまな現場の経験と実績を積まなければならず、真の実力がないとなれない。

  • フードコーディネーター

    食まわりビジネスすべてに関わる仕事

    出版や広告の料理作りおよびスタイリング、店舗のメニュー開発、料理教室の運営、食器スタイリングなど仕事は幅広い。料理研究家とフードコーディネーターを兼ねるケースもあれば、食器の選択や盛付け、テーブルまわりのセットだけを行うケースもある。料理研究家やスタイリスト、カメラマン、編集者を手配し、ひとつのチームとして売り込むコーディネートの仕事もある。

  • クッキングアドバイザー

    製品のPRを兼ねた調理アドバイザー

    調理器具メーカーや食品メーカーに勤める営業の一種。製品の販売促進を目的として、調理方法のアドバイスや新製品の情報提供をする。デパートやスーパーなどで実演したり、実際にユーザーの家庭やグループを訪問して行う場合がある。経験を積んで、メーカー主催の料理教室の講師となったり、PR用のハンドブックの編集をするケースもある。

  • 料理研究家

    料理の解説をしたり、新しいレシピを考案する

    「健康によい」「短時間で作れる」「季節の食材を使って」など雑誌やTVで企画される料理のテーマに合わせたメニューを考案し、栄養面だけでない、料理のレシピや楽しみ方を提供する仕事。実際にお皿に盛り付けるまでやる場合もあるので、仕事範囲はその時々で微妙に変化する。また、スクールや講習会での講師や料理番組の解説をする場合もある。

  • フードスペシャリスト

    食品に関する専門知識を活かし、消費者との橋渡しをするスペシャリスト

    食品の流通や販売、レストランやホテルなどの飲食関係の世界で食のプロとして活躍する。食品の品質判定や食品情報の収集・提供などを行って、消費者からの信頼を得て販売促進につなげる仕事をしたり、レストランやホテルなどでは料理やメニュー、食卓、食空間などのコーディネートを行ったりする。食品会社や食品に関わる企業で活躍するほか、外食関係のコンサルティングを行う企業、個人で活躍することも。日本フードスペシャリスト協会が認定した大学・短期大学で所定の単位を履修すると「フードスペシャリスト」の資格が得られる。

  • 栄養士

    栄養指導、献立作成、調理まで行う「食物・栄養」のスペシャリスト

    病院や、保健所、学校などの集団給食施設で献立をつくり、栄養指導をする。医者の治療方針に添った栄養指導から、フィットネスクラブでのダイエット相談を兼ねた栄養指導や、レストランでメニュー開発をするフードコーディネーターとして働くケースも。

  • 食品技術者・研究者

    食材や食品、生産設備など、「食」に関するさまざまな技術・知識を追究する

    食品会社などで、新しい食品の開発をしたり、食品の生産・管理を行ったりするのが食品技術者。製造工程のチェックや品質検査、衛生検査、現場の監督者への技術指導などの作業管理なども行う。食品研究者は、食品会社の研究所や大学、研究機関などで新しい食材や食品の研究などを行う。遺伝子組み換えなどバイオ技術を活用した新しい食材の研究開発をはじめ、製造技術そのものの研究など、「食」に関わる様々な分野を専門的に追究する。栄養、食品、工業、化学、農業、水産業など、さまざまな分野からのアプローチが可能だ。

初年度納入金:2017年度納入金 138万円 

学科の特長

学ぶ内容

栄養士としての専門性と、社会人としてのコミュニケーション能力を養う
栄養士は人の健康を預かる重要な仕事。食品や栄養素をはじめ、人体の構造や機能、食品の衛生、調理や栄養指導の知識と技術などを身につけることが大切です。さらに、実習や実験を少人数のグループで行い、協調しながら成果を出していくためのコミュニケーション能力も養います。これは、実社会に出た際に役立つ財産です。

カリキュラム

講義、実習、実験を組み合わせ複合的に学び、力をつける
個々の学生に目を向けたきめ細かな指導のもと、食品学、基礎栄養学といった講義のほか、給食管理、調理学などの豊富な実習、そして生化学などの実験を組み合わせ、栄養士として必要な基礎知識を身につけ、応用力を磨いていきます。

卒業後

食の安全に注目が集まるいま、給食サービス企業、病院、保育所など幅広い分野で活躍!
栄養士を育てて60年、多くのスペシャリストを輩出してきました。社員食堂や学生食堂を運営する給食サービスの企業(給食受託会社)や、病院、老人福祉施設などで、多くの卒業生たちが活躍しています。また近年では、都市部の待機児童解消の流れの中で、保育所を増設する予定の運営企業が増え、よりニーズが高まっています。

資格

資格取得をサポートする「戸板栄養士会」。卒業後も、講演会などで栄養士業界の情報収集が可能
戸板栄養士会では、在学生や卒業生を対象に、管理栄養士<国>を受験するための対策講座を教員が講師として年に数回実施しています。また、その年ごとのテーマやトピックスに合わせた講習会や講演会を開催したり、職域別分科会を組織して、在学生・卒業生のバックアップを行っています。

施設・設備

東京・三田のオフィス街の真ん中で野菜栽培を体験!
いま話題の都市型農園を体験する一環として、屋上菜園(通称Shiba-Farm)で野菜やハーブを栽培しています。有機栽培を直に学ぶなど、食育を体験する上でも貴重な経験です。学内には、さまざまな試みで実践的に栄養士の仕事を学ぶ施設を豊富に用意しています。

制度

栄養士が活躍するさまざまな現場での学外実習
本学では、長い歴史のなかで築いてきた数多くの病院、老人福祉施設、保育所との信頼関係により、学外での実習を実施しています。普段の授業と違う現場は、時には厳しい指導を受けることもありますが、学生たちにとって社会で働くことへの意欲が増すきっかけになっています。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 栄養士<国> 、
  • フードコーディネーター (3級)

目標とする資格

    • フードスペシャリスト

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    ABC Cooking Studio 、 イオンベーカリー 、 日清医療食品 、 エームサービスジャパン 、 シダックスフードサービス 、 フジ産業 、 富士産業 、 学研ココファン・ナーサリー 、 小学館アカデミー保育園 、 東日本旅客鉄道 ほか

※ 2017年3月卒業生実績

学科全体

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒105-0014 東京都港区芝2-21-17
TEL03-3451-8383
ao@toita.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
三田キャンパス : 東京都港区芝2-21-17 「芝公園」駅から徒歩 1分
「田町(東京都)」駅から徒歩 7分
「三田(東京都)」駅から徒歩 3分
「赤羽橋」駅から徒歩 7分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

戸板女子短期大学(私立短期大学/東京)