• リクナビ進学(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 佐賀女子短期大学

私立短期大学/佐賀

佐賀女子短期大学

サガジョシタンキダイガク

学校photo

素敵な大人へ。あなたを導く、まっすぐな道。

夢への近道、2つの学科と6つの学びを展開。また「就職・進学支援システム」は、入学から卒業までを手厚くサポート。マンツーマンの指導体制は、高い進路決定率につながります。夢の実現に向かってlet's try!

佐賀女子短期大学の特長

新学科誕生!地域みらい学科・こども未来学科、2つの学科であなたの未来を応援!

開学50周年を迎える女子教育の伝統校であり、これを機に新しい学びのスタイルを取り入れた学科が誕生!地域やこどもの未来に貢献できる、本学独自の人材育成を目指し、全学共通の女子教育科目等多彩なプログラムを導入。地域みらい学科では、栄養士、栄養教諭、介護福祉士、養護教諭、医療事務、韓国語・英語(海外研修)、司書等の専門職の資格取得と、国際的な視野を獲得し、協働して地域課題解決に役立つ実践力を修得。こども未来学科は、こどもの未来の幸福を支える人材育成を目指し、全国でも少ない小学校教諭・幼稚園教諭・保育士の3つの免許・資格を同時取得でき、子育て支援、発達障がい児支援、保育表現など専門性を伸ばす教育が充実。

入学後から2年間の目標を設定。全学体制でしっかり就職をサポートします

本学のキャリア支援センターでは、学生一人ひとりとコミュニケーションを取りながら志望ジャンルを把握し、個性や適性に合った情報やアドバイスを提供します。さらに就職活動で大きなウェイトを占める第一印象を良くするために、学生全員を対象にリクルート用メイク・着こなし術を伝授。自分本来の魅力を面接できちんとアピールできるように指導します。また多彩な個性を持つ学生たちの資格取得のバックアップのための各種講座も幅広く設置しています。公務員試験や教員採用試験対策講座、医療事務資格、ITパスポートその他社会で役に立つ資格・検定の取得など、学生一人ひとりの目標に合ったスキルアップをサポートします。

未来に向けて一生懸命頑張る人が報われる本学独自の応援体制

本学では、自分の未来、地域の未来、こども達の未来に向けて一生懸命になれる人を応援します。取得できる多様な資格・免許から自分が学びたい分野を選ぶことが可能です。入学試験では特待生(学力面またはスポーツ面)制度、入学後は、学内奨学金(中島ユキ賞)制度など経済的なサポート体制も実施しています。また、公務員や教員採用試験、難関の検定試験などの合格に向けて応援するアフタースクールも開設。難関の目標を達成した人やより多く資格を取得した人への褒賞制度も導入します。2年間で構築した教職員との信頼の絆は卒業後も続き、人生のキャリアアップをサポートする学校です。

佐賀女子短期大学の学部・学科・コース

学費(初年度納入金)

《2016年度納入金》 114万1000円 (入学金20万円、授業料、教育充実費、後援会費、委託徴収費を含む) ※さらに取得する免許や資格ごとに実習費として1万円~8万円程度が必要。その他にも学科・専攻・コースによって教科書代に8000円~5万5000円程度、教材費として4000円~17万円程度必要

問い合わせ先・所在地・アクセス

企画経営グループ 入試係

〒840-8550 佐賀県佐賀市本庄町本庄1313
TEL:0952-23-5145

所在地 アクセス 地図・路線案内
佐賀県佐賀市本庄町本庄1313 「佐賀」駅から4番乗場発バス 佐賀女子短大・高校前下車 15分

地図

 

路線案内

佐賀女子短期大学(私立短期大学/佐賀)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

  • Photo

    保育士、幼稚園教諭、養護教諭を養成し、一人ひとりの適性に合った就職まで支援します

  • Photo

    4つの学科が未来も可能性も大きく広げてくれます

  • Photo

    栄養と教育の分野で豊かな心を持ち、志高く自ら成長を楽しめるプロを目指す。

  • Photo

    学園創立108年の「精華」で保育・福祉・食・ビジネス界のリーダーを目指します!

  • Photo

    食・幼児教育・ビジネス分野の実践力を育成!2年後を見据えた就職支援と資格取得

  • Photo

    豊富な実習と専門知識を武器に、保育者・医療秘書・介護福祉士・栄養士のプロへ

  • Photo

    栄養・福祉・保育のプロとして、子どもたちや介護を必要とする地域社会で活躍する

  • Photo

    社会で役立つ資格を取得できる!独自の授業とカリキュラムで充実した短大生活を送る

  • Photo

    大学全体のテーマが『こども』。こどもの全ての領域に取組んでいます

  • Photo

    「強く」「正しく」「優しく」、女性の可能性を伸ばす教育を目指しています

次へ