• リクナビ進学(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 埼玉医科大学短期大学

私立短期大学/埼玉

埼玉医科大学短期大学

サイタマイカダイガクタンキダイガク

「一滴の水の大切さがわかる医療人へ」

本学では、医療に関する高度な知識や技術の習得はもちろんのこと、生命に対する深い畏敬の念とそれに基づく確かな看護観を養成。不安を抱える患者さまに、思いやりの心を持って接することができる人材を育成します。

埼玉医科大学短期大学の特長

学校の特長1

勉強・生活・進路…3年間、アドバイザーが継続的に相談に乗ります

入学時から卒業まで、学生8~9人を2人の教員で担当し、健康・生活・学習・進路などの相談にいつでも対応できるアドバイザー体制を作っています。国家試験対策の際には、アドバイザーが国家試験担当の教員と協力し、学生の学習状況や個性に合わせて勉強のサポートをしています。また、病院実習の際は、卒業生も学生をサポート。実習先の埼玉医科大学病院や総合医療センターでは、本学の卒業生がたくさん働いているため、先輩による親身な実習指導を受けられます。学生たちは、埼玉医科大学関連の病院・施設で幅広い実習経験を積み、アドバイザーとの相談を重ねながら、将来の専門分野を見定めていきます。

学校の特長2

埼玉医科大学関連病院・施設との強い連携により、優れた就職実績を実現しています

本学の2015年3月卒業生の就職率は100%(就職希望者90名)と、優れた就職実績を残しました。その理由は、埼玉医科大学関連病院・施設との連携にあります。埼玉医科大学病院、総合医療センター、国際医療センター、毛呂病院などの施設は在学中の実習先であるだけでなく、大多数の卒業生の就職先ともなっており、多くの卒業生が慣れ親しんだ環境で看護師としての成長を目指しています。また、看護技術を身につける学内演習では埼玉医科大学病院の現役看護師の協力のもと、現在の医療現場で必要な生きた知識や技術を指導します。こうした授業は学生たちにとって、臨床実習の大切な準備学習となっており、実習先病院との強い連携にも繋がっています。

学校の特長3

キャンパス内にある学生寮、毎月5万円貸与の奨学金制度で、学生をサポート

キャンパス内にある女子学生寮は、1か月6000円(光熱費含む)から利用可能。生活面でも学生をサポートしています。また、全学生に毎月奨学金5万円を貸与する奨学金制度を設置し、看護の道への熱意を経済的に支えています。この奨学金は、埼玉医科大学関連の医療機関に就職し、3年間看護業務に従事し、高度な専門的能力の習得に励んだ場合には、返還が免除となります。この制度により、在学中は経済的な心配をすることなく勉学に専念し、卒業後も医療現場にて継続的に知識・技術の向上を続け、高度な専門的能力を身につけた看護師を目指すことが可能です。このほか、日本学生支援機構奨学金や既修得単位認定による授業料減免制度も利用できます。

学校の特長1

勉強・生活・進路…3年間、アドバイザーが継続的に相談に乗ります

入学時から卒業まで、学生8~9人を2人の教員で担当し、健康・生活・学習・進路などの相談にいつでも対応できるアドバイザー体制を作っています。国家試験対策の際には、アドバイザーが国家試験担当の教員と協力し、学生の学習状況や個性に合わせて勉強のサポートをしています。また、病院実習の際は、卒業生も学生をサポート。実習先の埼玉医科大学病院や総合医療センターでは、本学の卒業生がたくさん働いているため、先輩による親身な実習指導を受けられます。学生たちは、埼玉医科大学関連の病院・施設で幅広い実習経験を積み、アドバイザーとの相談を重ねながら、将来の専門分野を見定めていきます。

学校の特長2

埼玉医科大学関連病院・施設との強い連携により、優れた就職実績を実現しています

本学の2015年3月卒業生の就職率は100%(就職希望者90名)と、優れた就職実績を残しました。その理由は、埼玉医科大学関連病院・施設との連携にあります。埼玉医科大学病院、総合医療センター、国際医療センター、毛呂病院などの施設は在学中の実習先であるだけでなく、大多数の卒業生の就職先ともなっており、多くの卒業生が慣れ親しんだ環境で看護師としての成長を目指しています。また、看護技術を身につける学内演習では埼玉医科大学病院の現役看護師の協力のもと、現在の医療現場で必要な生きた知識や技術を指導します。こうした授業は学生たちにとって、臨床実習の大切な準備学習となっており、実習先病院との強い連携にも繋がっています。

学校の特長3

キャンパス内にある学生寮、毎月5万円貸与の奨学金制度で、学生をサポート

キャンパス内にある女子学生寮は、1か月6000円(光熱費含む)から利用可能。生活面でも学生をサポートしています。また、全学生に毎月奨学金5万円を貸与する奨学金制度を設置し、看護の道への熱意を経済的に支えています。この奨学金は、埼玉医科大学関連の医療機関に就職し、3年間看護業務に従事し、高度な専門的能力の習得に励んだ場合には、返還が免除となります。この制度により、在学中は経済的な心配をすることなく勉学に専念し、卒業後も医療現場にて継続的に知識・技術の向上を続け、高度な専門的能力を身につけた看護師を目指すことが可能です。このほか、日本学生支援機構奨学金や既修得単位認定による授業料減免制度も利用できます。

学校の特長1

勉強・生活・進路…3年間、アドバイザーが継続的に相談に乗ります

入学時から卒業まで、学生8~9人を2人の教員で担当し、健康・生活・学習・進路などの相談にいつでも対応できるアドバイザー体制を作っています。国家試験対策の際には、アドバイザーが国家試験担当の教員と協力し、学生の学習状況や個性に合わせて勉強のサポートをしています。また、病院実習の際は、卒業生も学生をサポート。実習先の埼玉医科大学病院や総合医療センターでは、本学の卒業生がたくさん働いているため、先輩による親身な実習指導を受けられます。学生たちは、埼玉医科大学関連の病院・施設で幅広い実習経験を積み、アドバイザーとの相談を重ねながら、将来の専門分野を見定めていきます。

学校の特長2

埼玉医科大学関連病院・施設との強い連携により、優れた就職実績を実現しています

本学の2015年3月卒業生の就職率は100%(就職希望者90名)と、優れた就職実績を残しました。その理由は、埼玉医科大学関連病院・施設との連携にあります。埼玉医科大学病院、総合医療センター、国際医療センター、毛呂病院などの施設は在学中の実習先であるだけでなく、大多数の卒業生の就職先ともなっており、多くの卒業生が慣れ親しんだ環境で看護師としての成長を目指しています。また、看護技術を身につける学内演習では埼玉医科大学病院の現役看護師の協力のもと、現在の医療現場で必要な生きた知識や技術を指導します。こうした授業は学生たちにとって、臨床実習の大切な準備学習となっており、実習先病院との強い連携にも繋がっています。

学校の特長3

キャンパス内にある学生寮、毎月5万円貸与の奨学金制度で、学生をサポート

キャンパス内にある女子学生寮は、1か月6000円(光熱費含む)から利用可能。生活面でも学生をサポートしています。また、全学生に毎月奨学金5万円を貸与する奨学金制度を設置し、看護の道への熱意を経済的に支えています。この奨学金は、埼玉医科大学関連の医療機関に就職し、3年間看護業務に従事し、高度な専門的能力の習得に励んだ場合には、返還が免除となります。この制度により、在学中は経済的な心配をすることなく勉学に専念し、卒業後も医療現場にて継続的に知識・技術の向上を続け、高度な専門的能力を身につけた看護師を目指すことが可能です。このほか、日本学生支援機構奨学金や既修得単位認定による授業料減免制度も利用できます。

オープンキャンパスに行ってみよう!

第3回ミニオープンキャンパス

看護学科

1.看護学科紹介 2.入学試験概要、入学案内 3.キャンパスツアー 4.教員による個別相談

続きを見る

埼玉医科大学短期大学からのメッセージ

★ミニオープンキャンパス情報★
第3回 ミニオープンキャンパス
平成28年12月10日(土) 10:00~11:30/13:30~15:00
午前・午後とも同じ内容です。

看護師を目指すみなさん、ご予約お待ちしております♪

次回、第4回ミニオープンキャンパスは、平成29年3月25日(土)開催、予約受付中です。

(11/23更新)

埼玉医科大学短期大学の学部・学科・コース

入試情報

実施している入試一覧

学費(初年度納入金)

【2016年度納入金】看護学科152万6000円

問い合わせ先・所在地・アクセス

入試係

〒350-0495 埼玉県入間郡毛呂山町毛呂本郷38
TEL:049-276-1509

所在地 アクセス 地図・路線案内
毛呂山キャンパス : 埼玉県入間郡毛呂山町毛呂本郷38 「東毛呂」駅から路線バス 埼玉医大ゆき 約5分
「毛呂」駅から徒歩 3分

地図

 

路線案内

埼玉医科大学短期大学(私立短期大学/埼玉)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

次へ