• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 作陽音楽短期大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 音楽学科
  • 音楽専攻

私立短期大学/岡山

サクヨウオンガクタンキダイガク

音楽専攻

募集人数:
40人

経験にかかわらず、好きな音楽に打ち込み、音楽家、指導者に

学べる学問
  • 教養学

    人文科学、社会科学、自然科学を幅広く学び、人間や社会を理解する

    学問の枠にとらわれずに幅広い知識を身につけることで、1つの学問からだけでは見えにくい、人間や社会についての特質や問題点を明らかにする

  • 音楽

    声楽、器楽、作曲などのスペシャリストをめざす

    古典から現代まで多種多様な音楽を研究し、作曲や演奏を通して実践することで、心を豊かにして行く学問。

  • 舞台・演劇学

    演劇における表現方法を、理論と実技の両面から研究する

    舞台・演劇文化の理論と歴史をふまえ、創造的な表現を生み出す方法、技術を研究する学問。演技や歌唱、舞踏などの表現方法のほか、演出、衣装、脚本、効果などについても学ぶ。

  • 画像・音響工学

    画像や音響について研究し、それら処理技術を学ぶ

    画像・音響の処理技術を学ぶ。実験・実習を通して、コンピュータ・グラフィックス(CG)の技術とその応用を研究するのが画像工学であり、音のデジタル処理や音波の利用などを研究するのが音響工学。

目指せる仕事
  • ピアニスト

    感情をのせながらピアノを奏でる

    自分の感情をのせながらメロディを奏でていく。数々のコンクールなどで優勝し、プロのピアニストとしてコンサートを開いたり、オーケストラやバンド等に所属して活躍する場合もある。

  • パーカッショニスト

    さまざまな打楽器をレパートリーに、広い音楽ジャンルで活躍

    ティンパニーなどの打楽器のほかに、和太鼓やラテン系民族楽器からマリンバまで、打楽器奏者として多彩に操る。

  • 楽器演奏者

    楽器の高い演奏技術をもち、音楽を創り上げる

    コンサートや楽曲のレコーディングの際に、楽器を演奏する。ジャンルはクラシック音楽やジャズ、ロックなどさまざま。ソロで演奏したり、バンドやオーケストラのメンバーや、レコーディングスタジオのミュージシャンとなって楽器を演奏する。楽器演奏の技術に加え、その楽器をよい音色で奏でるための理論と、楽曲に関する幅広い知識をあわせ持てば、音楽学校の講師として働く道もある。

  • 音楽プロデューサー

    歌手や演奏家の力を引き出す

    歌手、タレントの発掘をはじめ、音楽の方向づけやテーマを決めて作詞・作曲家の選定、売り出し方にいたるまでを総合的に担当する。最近では、ミュージシャンが自ら、他の人をプロデュースするケースも多く、ヒット曲を生み出している。

  • サウンドプログラマー

    デジタルミュージックのデータをコンピュータに打ち込む

    マルチメディアに関わるさまざまなデジタルサウンドをつくり出し、演奏データをコンピュータに打ち込むのが仕事。コンピュータ上で曲を作る機会が多い現在の状況では、なくてはならない存在である。

  • レコーディングエンジニア

    CD制作の音の演出家

    昔は歌とオーケストラによる生伴奏の同時録音をしていたが、現在ではボーカルや楽器の種類別に録音作業をする。そこでその音を聞きながら別の楽器を入れたり、録り直すといった技術を担当する仕事。録音終了後のミックスダウンや音量やトーンの調整など専門技術が要求される。

  • 楽器インストラクター

    専門の楽器について、演奏技術を教える

    ポピュラーやジャズ、クラシックなどさまざまな教室があるが、初心者からプロ志向の人向きまでそれぞれのレベルに応じた指導をする仕事。これらの教室は、従来の基礎から入る指導から、個人の希望を取り入れる方向に変わってきている。そこで生徒の希望を取り入れつつ、専門的な知識と技術を教えなければならない。

  • 音楽教師

    音楽に親しむ喜びを教え、豊かな心を育てる

    児童・生徒に歌うこと、楽器を弾くこと、名曲を聴くことなどを通して、音楽に親しむ喜びを教える。学校教師の場合、音楽の時間だけでなく地域との交流、合唱の発表会、クラブ活動などで果たす役割も大きい。また個人で教室を開く場合もある。

  • サウンドクリエイター

    より楽しくするための効果音づくり

    ゲームの雰囲気に合ったサウンドや、効果音の作成を行う。作曲だけでなく、ゲーム機のサウンド機能が持つ能力に関する知識も必要。パソコン上で作曲(DTM)するため、パソコン関連の知識も欠かせない。ただしゲームサウンドだからといって、機材や作曲の方法に大きく変わる点はない。

  • 中学校教諭

    専門教科を教えるとともに心のケアも

    小学校と違い、免許のある単一教科を教えるので深い専門知識が必要となる。また、中学時代は、子供から大人にかわる過渡期で、不安定になる生徒も多いので、適切な指導をしていかなくてはならない。人間としての幅広い教養や対応力が求められる。

初年度納入金:2017年度納入金 163万円  (入学金30万円を含む)

学科の特長

学ぶ内容

専修別の演奏技術を高める学びと並行する「スタディプラン」で一人ひとりの個性を伸ばす
将来の進路に合わせて効率よくステップアップできるよう「進学・演奏」「指導者養成」「企業・公務員就職」のスタディプランを用意。一人ひとりの個性を大切に育てます。また、室内楽やオーケストラなど各種アンサンブルで多彩な演奏形態を経験し、いろいろなシーンに対応できる技術を修得します。

カリキュラム

ピアノ専修/声楽専修
●ピアノ専修
高い演奏技術を身につけ、必要な知識を修得。ソロからアンサンブルまで幅広いプログラムを学び、一人ひとりに応じたテクニックに磨きをかけます。
●声楽専修
一人ひとりの声質やレベルを尊重し、高い歌唱力を備えた演奏家を目指すためのレッスンを行います。
管楽器・打楽器専修(吹奏楽指導専修を含む)/弦楽器専修
●管楽器・打楽器専修
各楽器独自のアンサンブルをはじめ、室内楽、吹奏楽などさまざまな演奏形式を経験し、演奏技術を高めていきます。吹奏楽指導者ライセンスの取得も目指せます。
●弦楽器専修
美しい音づくりに必須のボーイング技術を修得。個人レッスンや合同練習などを通じ、多様な演奏形式に対応できる力も養います。
邦楽(箏曲)専修/音楽総合専修
●邦楽(箏曲)専修
箏をはじめ、日本の伝統芸能を継承する、優秀な演奏家や指導者を養成します。
●音楽総合専修
楽典やソルフェージュなど音楽の基礎から学べます。また、ピアノ、声楽、管・打、弦を中心に、実技も個々のレベルに合わせたレッスンで理想の自分を目指します。
音楽デザイン専修
●音楽デザイン専修
充実したレコーディングスタジオとコンピュータ設備を駆使し、作曲や編曲、本格的なスタジオレコーディング演習などを積み重ね、マルチクリエーターとしての技術を身につけます。

編入学

併設校・くらしき作陽大学への3年次編入が可能
演奏技術の向上や専門楽器の研究など、専門分野の追究を希望する学生を対象に、くらしき作陽大学への編入学制度を導入しています。本学からの音楽学部編入学試験は、副科ピアノ、和声学、小論文などの試験科目が免除。充分に確保された練習棟や専門教員からの個人指導など、充実した環境で自分だけの音楽を追求できます。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

受験資格が得られる資格

日本マーチングバンド・バトントワーリング協会指導者ライセンス (管楽器・打楽器専修) ほか

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒710-0292 岡山県倉敷市玉島長尾3515
フリーアクセス 0120-911-394(入試広報室)
E-mail nyushi.sakuyo@ksu.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
岡山県倉敷市玉島長尾3515 「新倉敷」駅から北口を出て徒歩 15分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

作陽音楽短期大学(私立短期大学/岡山)