• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 産業技術短期大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 奥田 有加里さん(ものづくり創造工学科/一般事務)

私立短期大学/兵庫

サンギョウギジュツタンキダイガク

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

一般事務  として働く  奥田 有加里さん  にインタビュー!

  • ものづくり業界
  • 事務・スタッフ職
  • 人と接したり話すのが好き
インタビュー

会社のことを知れば知るほど、仕事が充実。自社製品をもっと世間に広めたい!

この仕事の魅力・やりがい

私は研削加工を主に行っている会社の総務部に所属しています。普段は生産管理業務の他、自社製品の出荷準備や配送業者の手配なども行っています。そして展示会のシーズンになると準備に忙しくなり、開催期間中は現場で来場された方の対応をしています。社内でお客さまからのお電話を取り次ぐ際、営業担当が不在の場合は、営業担当に代わってお問い合わせに答えなくてはなりません。そのため、会社で取り扱う製品の知識を身につけておかなければならず、その点が一番苦労しているところです。ただ、少しずつですが会社の中のことが分かるようになり、お客さまへの対応がスムーズにできるようになってきたのが職場での充実感につながっています。

一般事務として働く奥田 有加里さん

自社製品の生産管理が、普段の主な仕事です

一般事務として働く奥田 有加里さん
私の学生時代!

大学時代には「ものづくりプロジェクト」に参加

私の学生時代!

産業技術短期大学在籍中は「ものづくりプロジェクト」というチームに参加していました。私たちの代では、世界初のガソリン自動車であるベンツの1号車を、1年少しかけて復元製作しました。そして完成後、大阪モーターショーに出展しました。プロジェクト稼働中は、放課後や授業の合間に少しでも時間ができると、ものづくり工作センターに行って製作という毎日。とても忙しかったですが、学生時代の一番の思い出です。私が在籍していたものづくり創造工学科は、実際に機械に触れながら学ぶことが多いです。理論重視で機械にあまり触れないということがなく、入学前に学校説明会などで聞いていた通り、実践的に学べてとても勉強になりました。

これからかなえたい夢・目標

取り扱う製品の知識を、もっともっと増やしていきたい

これからかなえたい夢・目標

私と同じく生産管理を担当している職場の先輩で、いろいろなことをいろいろな人から頼まれるのにソツなくすぐにできていまう人がいて、その人にとても憧れています。私はまだまだ知らないことが多くて、先輩たちと比べると何をするにも効率が悪いので、これからはとにかく製品知識を増やしていきたいです。そしてパッと図面を見ただけでどう加工すればよいかが分かるようになって、営業担当がいなくても、どんな質問にも答えられるようになりたいです。現在は実際に製品をつくることはないですが、これまでものづくりに関わってきた経験を活かして、自社製品の魅力を世間にどんどん広めていきたいですね。

プロフィール

奥田 有加里さん のプロフィール

平井工業株式会社/ものづくり創造工学科/2016年3月卒業/高校では建築の勉強をしていたという奥田さん。高校卒業後は建築だけでなく、広く工業全般について学びたいと思い、進学先を探していた時に出会ったのが産業技術短期大学のものづくり創造工学科だった。まずは実習で実製作、理論は相互補完的にという学習スタイルが、自分に合っていると思ったのだとか。現在の会社に就職して、現在2年目。休日は自宅でのんびりと読書をしたり、友達を招いて食事会を開いたりしているとのこと。

この先輩が卒業したのは…

産業技術短期大学 ものづくり創造工学科

学校イメージ

さまざまな実習を体験

機械系科目を基礎に、実学重視の教育を目指している学科です。そのため、理論的な学習だけでなく、実習カリキュラムが充実。例えば工学基礎実習では、旋盤加工などの体験を通じて機械工学の基礎を学習。創造設計演習では、最新のCAD・CGシステムでデザインを行ったり、ロボットを組み立てることにより、創造力を育成したりします。また、設計・デザインに関する科目を学ぶこともできます。本学は新日鐵住金・JFEスチール・神戸製鋼所など鉄鋼業界により、昭和37年に設立。産業界からの信頼も厚く、丁寧な就職指導・相談、企業研修、学内合同企業説明会など「キャリア教育」が充実しているため、「就職に強い」大学として知られています。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

先輩の仕事について学ぶ
先輩の業界について学ぶ
産業技術短期大学(私立短期大学/兵庫)