• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 秋田看護福祉大学
  • 学校の特長

私立大学/秋田

アキタカンゴフクシダイガク

きめ細かな少人数制

「少人数教育」をはじめ、常に学生の側に立ち、学びやすい環境づくりを実践!

本学では「少人数教育」に力を置き、学生一人ひとりが理解しやすい環境づくりに努めています。特に様々な実習の場面で、学生たちが交流し合い、共に励まし合いながら目標に向かって学べるのも少人数教育のメリットです。また、学生による「授業評価制度」を導入。学生が理解しやすい授業をめざして、常に工夫と改良を行っています。さらに、授業時以外での個別指導体制も整えるなど、きめ細やかで充実した教育・指導を行うことにより、専門知識や技術を有するだけではなく、支援を必要とする人々の観点に立った看護師や社会福祉士、さらには福祉マインドを持った公務員、企業人を育成することを目標としています。学校の特長1

就職に強い

「Face to Face」のキャリアサポートで、卒業後の進路希望をきめ細かにバックアップ

本学の特長である「少人数教育」は就職支援の場でも力を発揮します。たとえば、看護系・福祉系と一言にいっても、就職先は様々です。看護系であれば総合病院や地域医療に関わる施設。福祉系であれば、社会福祉施設、病院あるいは一般企業というように選択肢は多岐にわたります。本学には、現場経験が豊富な教員が多数いますので、学生一人ひとりの進路の悩みに向きあい、各自にあったアドバイスを示します。その結果2009年3月(第1期生)卒業生から9年連続で就職率が看護学科100%、福祉学科100%です。(2017年3月卒業生【看護学科】就職希望者数54名/就職決定者54名、【福祉学科】就職希望者数40名/就職決定者40名)。学校の特長2

学ぶ内容・カリキュラムが魅力

「機能別消防団訓練」などを通して、地域医療・福祉分野の有り様を考える

本学のカリキュラムは、高齢化の進む秋田県で医療・介護を必要とする人々への多様なサービスを提供、また高齢者以外の人々の新しいニーズへも即応する力を養うことを目的としています。「ピアカウンセリング」をはじめ、大規模災害時における応急手当や避難誘導などのスキルを身につける「機能別消防団訓練」といった、学内に留まらない周辺地域への積極的な活動の中から、大学・施設・病院だけでは経験できない看護と福祉の精神や実践力を育みます。学校の特長3
秋田看護福祉大学(私立大学/秋田)