• リクナビ進学(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 秋田栄養短期大学

私立短期大学/秋田

秋田栄養短期大学

アキタエイヨウタンキダイガク

充実したカリキュラムとサポート体制でプロの栄養士を目指す!

食を科学的に学び、食事作りをとおして人々の健康増進に寄与する人間性豊かなプロの栄養士を目指せる大学です

秋田栄養短期大学の特長

学校の特長1

自ら課題を発見し、解決する能力を身につけるための「基礎演習」「ゼミナール」開講

学生が自ら課題を発見し、解決する能力を身につけていくことを狙いとして基礎演習・ゼミナールを開講。年度末にはゼミナール研究発表会を開催し、研究成果を発表する機会を設けています。ほぼマンツーマンに近い丁寧な指導を行っています。また、栄養士養成施設として卒業生が資格取得者としてふさわしい能力があることを社会に保障すべきとの考えから、2年次の定期試験のほかにゼミナールの単位取得要件の1つとして卒業試験を導入しています。

学校の特長2

校外実習を通じて実務能力を向上

給食運営の技術をより確実なものにするため、2年次の夏休みを利用して校外給食施設で実習を行います。必修で2週間、さらに選択で1週間の校外実習です。複数の現場を体験することにより、知識の確認と実践的技能を磨くことが出来ます。このほか、1年次の春休みには課外にインターンシップ(職場体験ボランティア)を開設し、様々な年代、職種の人たちとのふれあいを通じて栄養士に求められるコミュニケーション能力の育成を図ります。

学校の特長3

きめ細かな少人数制のサポートにより就職。高い栄養士就業率を誇る!

本学の特徴として、卒業後に栄養士として就職する割合が非常に高いことが挙げられます。キャリアセンターを中心に全教職員のフォロー体制と豊富な情報提供を行うことで高い内定率を得ています。また、本学の多くの卒業生が管理栄養士国家試験に合格していますが、仕事をしながら独学で勉強して国家試験に合格するのは非常に困難です。そのため、管理栄養士資格取得をめざす在学生だけでなく、卒業生も側面から支援する受験実力養成講座を開講しています。また、将来公務員をめざす学生に対してはノースアジア大学「国家試験等センター」と連携した効果的な講座内容を通してレベルアップを実現します。

学校の特長1

自ら課題を発見し、解決する能力を身につけるための「基礎演習」「ゼミナール」開講

学生が自ら課題を発見し、解決する能力を身につけていくことを狙いとして基礎演習・ゼミナールを開講。年度末にはゼミナール研究発表会を開催し、研究成果を発表する機会を設けています。ほぼマンツーマンに近い丁寧な指導を行っています。また、栄養士養成施設として卒業生が資格取得者としてふさわしい能力があることを社会に保障すべきとの考えから、2年次の定期試験のほかにゼミナールの単位取得要件の1つとして卒業試験を導入しています。

学校の特長2

校外実習を通じて実務能力を向上

給食運営の技術をより確実なものにするため、2年次の夏休みを利用して校外給食施設で実習を行います。必修で2週間、さらに選択で1週間の校外実習です。複数の現場を体験することにより、知識の確認と実践的技能を磨くことが出来ます。このほか、1年次の春休みには課外にインターンシップ(職場体験ボランティア)を開設し、様々な年代、職種の人たちとのふれあいを通じて栄養士に求められるコミュニケーション能力の育成を図ります。

学校の特長3

きめ細かな少人数制のサポートにより就職。高い栄養士就業率を誇る!

本学の特徴として、卒業後に栄養士として就職する割合が非常に高いことが挙げられます。キャリアセンターを中心に全教職員のフォロー体制と豊富な情報提供を行うことで高い内定率を得ています。また、本学の多くの卒業生が管理栄養士国家試験に合格していますが、仕事をしながら独学で勉強して国家試験に合格するのは非常に困難です。そのため、管理栄養士資格取得をめざす在学生だけでなく、卒業生も側面から支援する受験実力養成講座を開講しています。また、将来公務員をめざす学生に対してはノースアジア大学「国家試験等センター」と連携した効果的な講座内容を通してレベルアップを実現します。

学校の特長1

自ら課題を発見し、解決する能力を身につけるための「基礎演習」「ゼミナール」開講

学生が自ら課題を発見し、解決する能力を身につけていくことを狙いとして基礎演習・ゼミナールを開講。年度末にはゼミナール研究発表会を開催し、研究成果を発表する機会を設けています。ほぼマンツーマンに近い丁寧な指導を行っています。また、栄養士養成施設として卒業生が資格取得者としてふさわしい能力があることを社会に保障すべきとの考えから、2年次の定期試験のほかにゼミナールの単位取得要件の1つとして卒業試験を導入しています。

学校の特長2

校外実習を通じて実務能力を向上

給食運営の技術をより確実なものにするため、2年次の夏休みを利用して校外給食施設で実習を行います。必修で2週間、さらに選択で1週間の校外実習です。複数の現場を体験することにより、知識の確認と実践的技能を磨くことが出来ます。このほか、1年次の春休みには課外にインターンシップ(職場体験ボランティア)を開設し、様々な年代、職種の人たちとのふれあいを通じて栄養士に求められるコミュニケーション能力の育成を図ります。

学校の特長3

きめ細かな少人数制のサポートにより就職。高い栄養士就業率を誇る!

本学の特徴として、卒業後に栄養士として就職する割合が非常に高いことが挙げられます。キャリアセンターを中心に全教職員のフォロー体制と豊富な情報提供を行うことで高い内定率を得ています。また、本学の多くの卒業生が管理栄養士国家試験に合格していますが、仕事をしながら独学で勉強して国家試験に合格するのは非常に困難です。そのため、管理栄養士資格取得をめざす在学生だけでなく、卒業生も側面から支援する受験実力養成講座を開講しています。また、将来公務員をめざす学生に対してはノースアジア大学「国家試験等センター」と連携した効果的な講座内容を通してレベルアップを実現します。

秋田栄養短期大学からのメッセージ

■オープンキャンパス2016開催■
平成28年7月24日(日)、8月28日(日)、9月25日(日)
いずれも10時~14時(受付9時~)

■開催内容■
模擬授業、学科紹介・取り組み紹介、キャンパスツアー、無料学食体験、進学個別相談、学生寮見学、など

※参加申込・詳細につきましては、ホームページ「受験生の方へ」
 をご確認ください。

(4/27更新)

秋田栄養短期大学の学部・学科・コース

学費(初年度納入金)

2016年度納入金 113万4500円

問い合わせ先・所在地・アクセス

秋田栄養短期大学 入試広報課

〒010-8515 秋田県秋田市下北手桜守沢46-1
TEL:018-836-1342

所在地 アクセス 地図・路線案内
秋田栄養短期大学 : 秋田県秋田市下北手桜字守沢46-1 「秋田」駅から西口9番乗場発バス20分 ノースアジア大学前下車 徒歩0分
「秋田」駅から東口スクールバス 10分 ノースアジア大学前下車 徒歩0分

地図

 

路線案内

秋田栄養短期大学(私立短期大学/秋田)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

  • Photo

    「食物栄養」「幼児保育」の分野で社会から求められるスペシャリストを育成

  • Photo

    地域と関わり枠にとらわれない看護と福祉の精神を育み、実践力のある人材を育成

  • Photo

    あなたらしく、女性として活躍し続けられる  スキル・知恵を先生が教えてくれる短大

  • Photo

    「慈悲・和・智慧」人間性と社会力を高め、就職へと導く、一人ひとりが輝く聖和の学び

  • Photo

    「資格取得」「就職」に強いSEIYOで「人間力×仕事力」の高いプロを育成

  • Photo

    東北唯一の栄養士養成専門学校!校内外での実習を重ね多分野で活躍できる栄養士を育成

  • Photo

    『食物栄養』『医療事務』『幼児保育』のプロを育成!

  • Photo

    食生活・保育について幅広く学び、地域の暮らしをデザインする人をめざす

  • Photo

    学科の特性を生かした専門職をはじめ、各種資格取得に有利なカリキュラムで就職に強い

  • Photo

    社会と繋がる学びを通して、地域の「文化」「教育」「栄養と健康」を担う人材になる

次へ