• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 鳥取短期大学

私立短期大学/鳥取

鳥取短期大学

トットリタンキダイガク

鳥取短期大学が大切にしている3つのこと~「夢」「学生」「地域」~

専門知識や技術、豊かな感性を身につけ「夢の実現」を応援します。また「一人ひとりの学生の顔が見える」アットホームな雰囲気が魅力で、人との交流や自然との関わりを大切にし「地域とともに歩む」大学です。

鳥取短期大学の特長

学校の特長1

やりたいことはどんどん実行!盛んなサークル活動で、新たな自分を発見

キャンパスライフとして、ジャンルを問わず活発なクラブ・サークル活動。こうした活動は、友だちの輪を広げたり、新たな自分を発見したり、リフレッシュしたり、学生生活に欠かせない時間となっています。既存の枠に留まらず新たなサークルを自由に立ち上げることができ、自分の興味や実行力をどんどん深めることができます。また、男女共学(2001年度より)を機に軟式野球部をはじめ多くのクラブ・サークルが作られ、男子学生も楽しく活動しています。

学校の特長2

“とりたん”での学び…そして“山陰全域”での学び

活発なクラブ・サークルはもちろん、体育祭やシグナス祭などのイベントが数多く、交流や活動の場がたくさんあります。それらを通じて学科・学年の枠を超えた学生同士の絆も強まり、充実したキャンパスライフを楽しむことができます。また、学びの場はキャンパス内だけではなく山陰全域へ。大山でのアウトドア実習や保育実習、地域のイベントなどに積極的に参加し、地域の方との結びつきが強いことも「とりたん」の魅力です。

学校の特長3

地元でも一目置かれる「とりたん」出身者。就職支援プログラムで強力にサポート!

2016年3月卒業生の就職率は98.3%(就職者数228名)と高く、資格を活かした専門職や地元への就職を実現。その実績を支えるのが、1年次から行われる就職支援プログラムの開講にあります。ガイダンスや公務員模擬試験を2年次後期まで何度も行い、段階によって指導の内容をステップアップしていきます。2年次には、具体的な面接講習会や、社会人デビューに備えたマナー講習会も行われます。また、一人ひとりの夢の実現のために、キャリア支援課も置かれています。早い段階から卒業後の進路を考えて各自の目標を設定し、それに向かって学生生活が過ごせるように、話し合いながらきめ細かなサポートをしています。

学校の特長1

やりたいことはどんどん実行!盛んなサークル活動で、新たな自分を発見

キャンパスライフとして、ジャンルを問わず活発なクラブ・サークル活動。こうした活動は、友だちの輪を広げたり、新たな自分を発見したり、リフレッシュしたり、学生生活に欠かせない時間となっています。既存の枠に留まらず新たなサークルを自由に立ち上げることができ、自分の興味や実行力をどんどん深めることができます。また、男女共学(2001年度より)を機に軟式野球部をはじめ多くのクラブ・サークルが作られ、男子学生も楽しく活動しています。

学校の特長2

“とりたん”での学び…そして“山陰全域”での学び

活発なクラブ・サークルはもちろん、体育祭やシグナス祭などのイベントが数多く、交流や活動の場がたくさんあります。それらを通じて学科・学年の枠を超えた学生同士の絆も強まり、充実したキャンパスライフを楽しむことができます。また、学びの場はキャンパス内だけではなく山陰全域へ。大山でのアウトドア実習や保育実習、地域のイベントなどに積極的に参加し、地域の方との結びつきが強いことも「とりたん」の魅力です。

学校の特長3

地元でも一目置かれる「とりたん」出身者。就職支援プログラムで強力にサポート!

2016年3月卒業生の就職率は98.3%(就職者数228名)と高く、資格を活かした専門職や地元への就職を実現。その実績を支えるのが、1年次から行われる就職支援プログラムの開講にあります。ガイダンスや公務員模擬試験を2年次後期まで何度も行い、段階によって指導の内容をステップアップしていきます。2年次には、具体的な面接講習会や、社会人デビューに備えたマナー講習会も行われます。また、一人ひとりの夢の実現のために、キャリア支援課も置かれています。早い段階から卒業後の進路を考えて各自の目標を設定し、それに向かって学生生活が過ごせるように、話し合いながらきめ細かなサポートをしています。

学校の特長1

やりたいことはどんどん実行!盛んなサークル活動で、新たな自分を発見

キャンパスライフとして、ジャンルを問わず活発なクラブ・サークル活動。こうした活動は、友だちの輪を広げたり、新たな自分を発見したり、リフレッシュしたり、学生生活に欠かせない時間となっています。既存の枠に留まらず新たなサークルを自由に立ち上げることができ、自分の興味や実行力をどんどん深めることができます。また、男女共学(2001年度より)を機に軟式野球部をはじめ多くのクラブ・サークルが作られ、男子学生も楽しく活動しています。

学校の特長2

“とりたん”での学び…そして“山陰全域”での学び

活発なクラブ・サークルはもちろん、体育祭やシグナス祭などのイベントが数多く、交流や活動の場がたくさんあります。それらを通じて学科・学年の枠を超えた学生同士の絆も強まり、充実したキャンパスライフを楽しむことができます。また、学びの場はキャンパス内だけではなく山陰全域へ。大山でのアウトドア実習や保育実習、地域のイベントなどに積極的に参加し、地域の方との結びつきが強いことも「とりたん」の魅力です。

学校の特長3

地元でも一目置かれる「とりたん」出身者。就職支援プログラムで強力にサポート!

2016年3月卒業生の就職率は98.3%(就職者数228名)と高く、資格を活かした専門職や地元への就職を実現。その実績を支えるのが、1年次から行われる就職支援プログラムの開講にあります。ガイダンスや公務員模擬試験を2年次後期まで何度も行い、段階によって指導の内容をステップアップしていきます。2年次には、具体的な面接講習会や、社会人デビューに備えたマナー講習会も行われます。また、一人ひとりの夢の実現のために、キャリア支援課も置かれています。早い段階から卒業後の進路を考えて各自の目標を設定し、それに向かって学生生活が過ごせるように、話し合いながらきめ細かなサポートをしています。

鳥取短期大学の学部・学科・コース

学費(初年度納入金)

【2017年度納入金】<国際文化交流学科>入学金24万円、授業料44万円、教育・設備充実費40万円、合計108万円、<生活学科(情報・経営専攻/住居・デザイン専攻)>入学金24万円、授業料44万円、教育・設備充実費40万円、合計108万円、<生活学科(食物栄養専攻)>入学金24万円、授業料44万円、教育・設備充実費40万円、実習費1万円、合計109万円、<幼児教育保育学科>入学金24万円、授業料44万円、教育・設備充実費40万円、実習費3万円、合計111万円
(別途、諸会費必要)

就職・資格

卒業後の進路データ (2016年3月卒業生実績)

就職希望者数232名
就職者数228名
就職率98.3%(就職者数/就職希望者数)

就職支援

1年次から充実した就職指導と1万2000名もの卒業生の活躍で、地域に根ざした就職を応援

本学では担任制を導入し、学生の希望を聞きながら個々の適性、能力をもとにきめ細かくアドバイスしています。各担任、キャリア支援課、キャリア支援委員会がスクラムを組み、1年次より「就職対策講座」を開設。ガイダンスや、各担任による進路相談、保護者も交えた三者懇談会を行うなど、万全の就職支援体制を整えています。また、キャリア支援課では就職先や採用試験の最新情報を取り揃えるとともに、受験能力向上のため模擬試験、マナー講習などさまざまな講座を開設しています。学生の多様なニーズに対応し、それぞれの就職希望先や各地域への就職開拓を実施し、就職先の相談に応じています。

問い合わせ先・所在地・アクセス

入試広報課

〒682-8555 鳥取県倉吉市福庭854
TEL:0858-26-9171 (直)

所在地 アクセス 地図・路線案内
鳥取県倉吉市福庭854 「倉吉」駅から、スクールバス(無料)で 5分

地図

 

路線案内

請求できるパンフはこちら

無料
大学案内資料(2018年度版)


鳥取短期大学(私立短期大学/鳥取)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

  • Photo

    「子どもが好き」「食に興味がある」各分野で仕事力を身につけ自分らしい働き方で活躍

  • Photo

    保育の専門的知識・技能を学び、広く豊かな教養を備えた、現場に即応できる保育者育成

  • Photo

    地域と共に歩むコミュニティ・カレッジとして、現代社会に貢献できる人材を育成

  • Photo

    自ら描いた「夢」に、「志」高く挑戦し続ける人が集う大学。

  • Photo

    積極的な国際交流を展開すると同時に、地域社会への貢献をめざす総合大学

  • Photo

    6つのキャンパスに医学から芸術分野までを集積した、西日本最大級の総合大学。

  • Photo

    学内に幼稚園を持つ短期大学。子どもをよく知る栄養士、保育士、幼稚園教諭を育てます

  • Photo

    実社会で活かせる「知識・技術」と「創造力」を実践の中で学ぶ短期大学

  • Photo

    多彩な資格を取得できる3学科で、社会の即戦力となれる人材育成を目指す!

  • Photo

    学修成果を可視化するシステムを再構築。「能動的・自主的な学び」で意欲を育てます。

次へ