• リクナビ進学(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 東海大学短期大学部

私立短期大学/静岡

東海大学短期大学部

トウカイダイガクタンキダイガクブ

学校photo

高いレベルの専門教育で、栄養・保育・教育の専門家を養成します。

専門知識や技術に裏づけされた資格・免許の取得を目標にし、それぞれの学科で特色ある教育を展開。さらに東海大学の特性を活かし、留学、学生交流や海外研修渡航など、本学ならではの学習環境を提供しています。

東海大学短期大学部の特長

総合教育を基本に高いレベルの専門教育が積み重ねられるカリキュラム

カリキュラムのコア(核)にあるのが学校法人 東海大学共通の科目「現代文明論」。現代社会の諸問題をさまざまな専門分野の先生たちが講義を担当し、人生の基盤となるモノの見方や考え方など幅広い視野の育成を目的に開講しています。この講義を基本に、食物栄養学科、児童教育学科、それぞれ専門性の高いカリキュラムを設置。さらに自分自身の考え方や表現する力を養う総合教育科目、生きた英語の読み書きを修得する外国語科目、社会人として身につけておくべき「コミュニケーション」や「マナー」、「茶道」など、基本的な知識の修得と教養を深める自由履修科目などで、自分をより高めることができます。

全体進路ガイダンスと多数の支援プログラムを実施

「就職活動も教育の一環」というポリシーの下、変化の激しい社会の要求に柔軟に対応できるような人材の育成を目指しています。1年次の4月から新入生に対する就職説明を実施。6月にはキャリア支援適性検査を行い、全体進路ガイダンスを開催。2年次の5月からはフォローアップガイダンスとして個人面談や模擬面接指導、内定者に対する社会人としての準備ガイダンスなど周到な準備を行います。また、各学科毎に三者面談を行い、就職指導の教員を中心に一人ひとりの希望にあった就職ができるよう、積極的にバックアップ。こうした徹底した支援は就職状況の好結果につながり、地元産業界を中心に高い評価を得ています。

2学科とも、資格取得、実務能力向上に向けた充実のカリキュラム

●食物栄養学科では、栄養士<国>資格取得のために2年次に1週間、病院や学校などで学外実習を実施。栄養教諭免許<国>(二種)取得のために2年次に1週間、小・中学校で栄養教育実習を行います。●児童教育学科では、幼稚園教諭免許<国>(二種)、小学校教諭免許<国>(二種)、保育士<国>資格を取得するため、幼稚園、小学校、介護施設、保育所、児童福祉施設などで実習。卒業と同時に2年間で2教員免許と保育士の3国家資格の取得が可能です。

オープンキャンパスに行ってみよう!

11/3(木)
秋のオープンキャンパス(学園祭同時開催)

オープンキャンパスでキャンパスライフを見てみよう! 11月…

続きを見る

11/26(土)
11月オープンキャンパス

静岡の中心地でアクセスも抜群♪

続きを見る

東海大学短期大学部の学部・学科・コース

学費(初年度納入金)

2016年度納入金 食物栄養学科・児童教育学科とも141万1000円(前期82万1000円、後期59万円)

問い合わせ先・所在地・アクセス

事務室

〒420-8511 静岡市葵区宮前町101
TEL:054-261-6321

所在地 アクセス 地図・路線案内
静岡キャンパス : 静岡県静岡市葵区宮前町101 「柚木(静岡鉄道線)」駅から徒歩 1分
JR「東静岡」駅から徒歩 15分

地図

 

路線案内

東海大学短期大学部(私立短期大学/静岡)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

  • Photo

    美しいキャンパスの施設がさらに充実。きめ細かな就職指導で高い就職率を実現!

  • Photo

    心理・文化・観光・福祉・保育・・・やりたいことがきっと見つかる!少人数教育の大学

  • Photo

    “まなぶ”と“はたらく”をつなぐビジネス教育で現代社会をリードする人材を育てる

  • Photo

    人のこころを見つめ、しっかりと支え、寄り添っていく「福祉力」を養い、きたえます

  • Photo

    ■自ら考える力■集い力■挑み力■成し遂げ力を育み、世界標準のスキルを身につける

  • Photo

    10学部19学科の総合大学ならではの幅広い学びと専門教育で魅力溢れるスペシャリストに

  • Photo

    日本文学・語学から保育・音楽まで多彩な分野を持つ短期大学

  • Photo

    127年の伝統と110万人を超える卒業生パワーが、夢を実現する皆さんを応援します。

  • Photo

    保育・幼児教育・地域政策・観光・グローバルコミュニケーションで地域貢献を担う人材

  • Photo

    子どもたちのために、子どもとともに歩む保育者を目指します

次へ