• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 奈良佐保短期大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 生活未来科
  • 食物栄養コース

私立短期大学/奈良

ナラサホタンキダイガク

食物栄養コース

新たにフィールド制を導入。栄養士+(プラス)で得意分野をもった「食」のエキスパートを育成。

学べる学問
  • 栄養・食物学

    栄養と食についてさまざまな角度から研究する

    食べ物をテーマに、調査、実習、実験などで多角的な研究をする学問。栄養学は料理法や栄養について、食物学は食品を実習を通して総合的に学ぶ。

目指せる仕事
  • フードコーディネーター

    食まわりビジネスすべてに関わる仕事

    出版や広告の料理作りおよびスタイリング、店舗のメニュー開発、料理教室の運営、食器スタイリングなど仕事は幅広い。料理研究家とフードコーディネーターを兼ねるケースもあれば、食器の選択や盛付け、テーブルまわりのセットだけを行うケースもある。料理研究家やスタイリスト、カメラマン、編集者を手配し、ひとつのチームとして売り込むコーディネートの仕事もある。

  • フードスペシャリスト

    食品に関する専門知識を活かし、消費者との橋渡しをするスペシャリスト

    食品の流通や販売、レストランやホテルなどの飲食関係の世界で食のプロとして活躍する。食品の品質判定や食品情報の収集・提供などを行って、消費者からの信頼を得て販売促進につなげる仕事をしたり、レストランやホテルなどでは料理やメニュー、食卓、食空間などのコーディネートを行ったりする。食品会社や食品に関わる企業で活躍するほか、外食関係のコンサルティングを行う企業、個人で活躍することも。日本フードスペシャリスト協会が認定した大学・短期大学で所定の単位を履修すると「フードスペシャリスト」の資格が得られる。

  • 栄養士

    栄養指導、献立作成、調理まで行う「食物・栄養」のスペシャリスト

    病院や、保健所、学校などの集団給食施設で献立をつくり、栄養指導をする。医者の治療方針に添った栄養指導から、フィットネスクラブでのダイエット相談を兼ねた栄養指導や、レストランでメニュー開発をするフードコーディネーターとして働くケースも。

  • 食品技術者・研究者

    食材や食品、生産設備など、「食」に関するさまざまな技術・知識を追究する

    食品会社などで、新しい食品の開発をしたり、食品の生産・管理を行ったりするのが食品技術者。製造工程のチェックや品質検査、衛生検査、現場の監督者への技術指導などの作業管理なども行う。食品研究者は、食品会社の研究所や大学、研究機関などで新しい食材や食品の研究などを行う。遺伝子組み換えなどバイオ技術を活用した新しい食材の研究開発をはじめ、製造技術そのものの研究など、「食」に関わる様々な分野を専門的に追究する。栄養、食品、工業、化学、農業、水産業など、さまざまな分野からのアプローチが可能だ。

初年度納入金:2018年度納入金 126万円  (入学金20万円含む、実習費等は別途徴収)

学科の特長

学ぶ内容

充実した学内・学外実習で実践を重ね現場で即戦力になる調理・給食ができる栄養士をめざす
「食」に関する情報があふれる中で、正しい食生活を指導・実践する栄養士を育成します。まず基本として「おいしく食べる」ため「おいしい食事を提供する」ために調理実習に重点を置き知識や技術を身につけます。また、様々な実習を通して個の力だけでなく、チームで最大限の力を発揮するための社会人基礎力も養います。

実習

栄養士を体感・・・給食管理実習、学外実習
栄養バランスや季節感、経済性も配慮しながら献立作成し、食材購入から大量調理、サービスまでグループで実習。学内の教職員や学生に販売し、評価をしてもらいます。食を通しての繋がりを強め、食べてもらう喜びを実感します。施設や病院、保育園での学外実習では、学校では体験できない多くの栄養士業務を現場で学びます。
野菜栽培を通して学ぶ「食育実践演習」、プロのパティシエから学ぶ「専門調理」
「食育実践演習」は、キャンパス内の農園で野菜栽培に取組み、野菜の成長過程を学び、収穫した野菜の活用方法を考えます。近隣の保育園で食育活動も行います。「専門調理」では、より本格的なお菓子を提供できるように栄養士のプラスαの技術として、専任パティシエ講師による製菓実習を行い、プロの技を学びます。

ゼミ

フィールド制で栄養士+(プラス)の力をつける
栄養士の資格をめざし必要な科目を勉強したうえに、自分の興味、進路に合わせて「医療・福祉」「食育」「製菓」「フードサービス」の4つのフィールドで栄養士+(プラス)の力を身につけます。ゼミナールでは目的に合わせた献立や栄養指導案の作成、食育活動など、それぞれのフィールドで実践を通して学びます。

卒業後

活躍する場は様々。卒業後も研修などを通して卒業生をサポート
卒業生は、病院、高齢者施設、保育所、百貨店やスーパーマーケット、食品会社などで活躍しています。卒業後もスキルアップや情報交換、連携のために毎年研修会を開催しています。栄養士の仕事や管理栄養士国家試験の相談にも応じています。

雰囲気

学生、卒業生、教職員が「食」を通してつながりを強く広く
「食べる」ことが大好きな学生と教職員、調理実習の授業だけでなく、学生の自主的な料理やお菓子の試作などでも情報交換をしながら常に和やかな集いが生まれるのが、本コースの実習室や研究室です。卒業生とのつながりも強く、多くの卒業生が訪れ就職や仕事、授業のことで学生とも自然に交流が広がります。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 栄養士<国> 、
  • 介護食士 、
  • フードスペシャリスト 、
  • 社会福祉主事任用資格 、
  • 介護職員初任者研修修了者

食の6次産業化プロデューサー

受験資格が得られる資格

  • 管理栄養士<国> (卒業後3年間の実務経験が必要)

目標とする資格

    • NPO日本教育カウンセラー協会認定ピアヘルパー

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    日清医療食品(株) 、 富士産業(株) 、 キッズプラザ大阪 、 (株)ニシキフーズ 、 武田病院グループ 、 (株)サマンサタバサ 、 ジャパンリミテッド


※ 2016年3月卒業生実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒630-8566  奈良県奈良市鹿野園町806
TEL:0742-61-9709(入試・広報センター)
info@narasaho-c.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
奈良県奈良市鹿野園町806 JR「奈良」駅バスのりば1番からバスで 約17分
近鉄「奈良」駅バスのりば4番からバスで 約14分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

奈良佐保短期大学(私立短期大学/奈良)