• リクナビ進学(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 福島学院大学短期大学部

私立短期大学/福島

福島学院大学短期大学部

フクシマガクインダイガクタンキダイガクブ

学科の特性を生かした専門職をはじめ、各種資格取得に有利なカリキュラムで就職に強い

幼稚園教諭、保育士、栄養士、ビジネス実務士、情報処理士など、さまざまな職種に対応できるカリキュラムや特別講座の開講などで資格取得をバックアップ。各分野で社会の要請に応えるエキスパートを養成します。

福島学院大学短期大学部の特長

学校の特長1

就職に直結する資格取得をバックアップ。情報系の資格試験対策特別講座も実施

保育科では卒業と同時に「幼稚園教諭二種免許状」「保育士資格」をダブル取得でき、卒業生の多くは、県内・県外の幼稚園や保育所などへ就職しています。食物栄養科では、卒業と同時に「栄養士」の免許が取得でき、卒業生は学校や企業、病院、老人福祉施設などに勤務しています。また、公開講座受講により「介護職員初任者研修修了者」の取得も可能です。情報ビジネス科では必修科目の単位取得で得られるさまざまな資格以外にも、より高いレベルの情報系資格取得を目指すための特別講座として、「ICTプロフィシエンシー検定【P検】」「マイクロソフト オフィス スペシャリスト対策」の各講座を年40回無料開講しています。

学校の特長2

GPA制度を利用して、短期大学部から福祉学部への優先編入学

GPA(Grade Point Average)は、アメリカの大学で一般的に行われている学生の成績評価の一種で、授業科目ごとの成績を5段階(A,B,C,D,F)で評価(C以上で単位取得)し、それぞれに対し4,3,2,1,0のグレードポイントを付与し、単位あたりの平均(GPA)を出す方法です。この制度を利用して、短期大学部保育科の学生は、短期大学部卒業後、大学の福祉学部福祉心理学科へ編入学することができます。編入学は、短期大学部で卒業年度の前年度末、もしくは卒業年度前期までのGPAが80点以上であることが条件です。

学校の特長3

緑美しい「宮代キャンパス」には、広大な敷地に充実した設備が整う

福島市郊外にある「宮代キャンパス」は、四季折々に美しい緑豊かなキャンパス。本館「カーサ・ビアンカ」や主に食物栄養科の授業が行われる「食栄館」をはじめ、「カーサ・フローラ」には、321名収容の多目的ホール「千葉記念ホール」や、スペイン風の街並みを模した憩いのスペース「スペイン広場」、食物栄養科の給食管理実習室「コシーナ」、エアロビクス等の授業に使用される「リハーサルルーム」など特色のある教室や施設があります。また、「図書館情報センター」には約8万冊の専門書等を蔵書する他、CDやビデオ、DVDなどの視聴覚教材を収蔵。インターネットコーナーやスタジオ設備などがあります。

学校の特長1

就職に直結する資格取得をバックアップ。情報系の資格試験対策特別講座も実施

保育科では卒業と同時に「幼稚園教諭二種免許状」「保育士資格」をダブル取得でき、卒業生の多くは、県内・県外の幼稚園や保育所などへ就職しています。食物栄養科では、卒業と同時に「栄養士」の免許が取得でき、卒業生は学校や企業、病院、老人福祉施設などに勤務しています。また、公開講座受講により「介護職員初任者研修修了者」の取得も可能です。情報ビジネス科では必修科目の単位取得で得られるさまざまな資格以外にも、より高いレベルの情報系資格取得を目指すための特別講座として、「ICTプロフィシエンシー検定【P検】」「マイクロソフト オフィス スペシャリスト対策」の各講座を年40回無料開講しています。

学校の特長2

GPA制度を利用して、短期大学部から福祉学部への優先編入学

GPA(Grade Point Average)は、アメリカの大学で一般的に行われている学生の成績評価の一種で、授業科目ごとの成績を5段階(A,B,C,D,F)で評価(C以上で単位取得)し、それぞれに対し4,3,2,1,0のグレードポイントを付与し、単位あたりの平均(GPA)を出す方法です。この制度を利用して、短期大学部保育科の学生は、短期大学部卒業後、大学の福祉学部福祉心理学科へ編入学することができます。編入学は、短期大学部で卒業年度の前年度末、もしくは卒業年度前期までのGPAが80点以上であることが条件です。

学校の特長3

緑美しい「宮代キャンパス」には、広大な敷地に充実した設備が整う

福島市郊外にある「宮代キャンパス」は、四季折々に美しい緑豊かなキャンパス。本館「カーサ・ビアンカ」や主に食物栄養科の授業が行われる「食栄館」をはじめ、「カーサ・フローラ」には、321名収容の多目的ホール「千葉記念ホール」や、スペイン風の街並みを模した憩いのスペース「スペイン広場」、食物栄養科の給食管理実習室「コシーナ」、エアロビクス等の授業に使用される「リハーサルルーム」など特色のある教室や施設があります。また、「図書館情報センター」には約8万冊の専門書等を蔵書する他、CDやビデオ、DVDなどの視聴覚教材を収蔵。インターネットコーナーやスタジオ設備などがあります。

学校の特長1

就職に直結する資格取得をバックアップ。情報系の資格試験対策特別講座も実施

保育科では卒業と同時に「幼稚園教諭二種免許状」「保育士資格」をダブル取得でき、卒業生の多くは、県内・県外の幼稚園や保育所などへ就職しています。食物栄養科では、卒業と同時に「栄養士」の免許が取得でき、卒業生は学校や企業、病院、老人福祉施設などに勤務しています。また、公開講座受講により「介護職員初任者研修修了者」の取得も可能です。情報ビジネス科では必修科目の単位取得で得られるさまざまな資格以外にも、より高いレベルの情報系資格取得を目指すための特別講座として、「ICTプロフィシエンシー検定【P検】」「マイクロソフト オフィス スペシャリスト対策」の各講座を年40回無料開講しています。

学校の特長2

GPA制度を利用して、短期大学部から福祉学部への優先編入学

GPA(Grade Point Average)は、アメリカの大学で一般的に行われている学生の成績評価の一種で、授業科目ごとの成績を5段階(A,B,C,D,F)で評価(C以上で単位取得)し、それぞれに対し4,3,2,1,0のグレードポイントを付与し、単位あたりの平均(GPA)を出す方法です。この制度を利用して、短期大学部保育科の学生は、短期大学部卒業後、大学の福祉学部福祉心理学科へ編入学することができます。編入学は、短期大学部で卒業年度の前年度末、もしくは卒業年度前期までのGPAが80点以上であることが条件です。

学校の特長3

緑美しい「宮代キャンパス」には、広大な敷地に充実した設備が整う

福島市郊外にある「宮代キャンパス」は、四季折々に美しい緑豊かなキャンパス。本館「カーサ・ビアンカ」や主に食物栄養科の授業が行われる「食栄館」をはじめ、「カーサ・フローラ」には、321名収容の多目的ホール「千葉記念ホール」や、スペイン風の街並みを模した憩いのスペース「スペイン広場」、食物栄養科の給食管理実習室「コシーナ」、エアロビクス等の授業に使用される「リハーサルルーム」など特色のある教室や施設があります。また、「図書館情報センター」には約8万冊の専門書等を蔵書する他、CDやビデオ、DVDなどの視聴覚教材を収蔵。インターネットコーナーやスタジオ設備などがあります。

福島学院大学短期大学部の学部・学科・コース

学費(初年度納入金)

【2016年度納入金(参考)】保育科第一部118万円、食物栄養科118万5000円、情報ビジネス科119万5000円

問い合わせ先・所在地・アクセス

福島学院大学短期大学部 入試広報課

(宮代キャンパス)

〒960-0181 福島県福島市宮代乳児池1-1
TEL:024-553-3253

所在地 アクセス 地図・路線案内
宮代キャンパス : 福島県福島市宮代乳児池1-1 「東福島」駅から徒歩 10分
「福島学院前」駅下車 徒歩 0分

地図

 

路線案内

福島駅前キャンパス : 福島県福島市本町2-10 「福島(福島県)」駅から徒歩 5分

地図

 

路線案内

福島学院大学短期大学部(私立短期大学/福島)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

  • Photo

    就職率100%の実績。豊富な教育実習と少人数ゼミでしっかりと目標に向き合える

  • Photo

    あなたらしく、女性として活躍し続けられる  スキル・知恵を先生が教えてくれる大学

  • Photo

    あなたらしく、女性として活躍し続けられる  スキル・知恵を先生が教えてくれる短大

  • Photo

    「慈悲・和・智慧」人間性と社会力を高め、就職へと導く、一人ひとりが輝く聖和の学び

  • Photo

    「資格取得」「就職」に強いSEIYOで「人間力×仕事力」の高いプロを育成

  • Photo

    食生活・保育について幅広く学び、地域の暮らしをデザインする人をめざす

  • Photo

    福祉・マネジメント・教育・リハビリ・医療。実学教育を中心に学ぶ、福祉の総合大学

  • Photo

    実践力を重視したカリキュラムで、ビジネス、保育・福祉分野で活躍しよう!

  • Photo

    127年の伝統と110万人を超える卒業生パワーが、夢を実現する皆さんを応援します。

  • Photo

    2015年4月「こども学科」設置!!「福祉」と「心理」の2軸カリキュラムで、専門家を育成

次へ