• リクナビ進学(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 国立清水海上技術短期大学校

文部科学省以外の省庁所管の学校/静岡

国立清水海上技術短期大学校

コクリツシミズカイジョウギジュツタンキダイガッコウ

学校photo

卒業後は海で活躍。船舶を運航する航海士・機関士を2年間で養成!

主として国内航路の海上運送を行う船舶(内航船)の「航海士」・「機関士」を養成する、国土交通省が所轄する短期大学校です。2年間という短期間で海技士資格の取得をめざします!(協力:公益財団法人 海技教育財団)

国立清水海上技術短期大学校の特長

不足する内航船の船員。資格を持った若い人材を海運業界は求めています!

現在、内航船の船員が不足しており、確かな知識と技術を習得した若き人材が待ち望まれています。専門の船員教育を行い、航海士・機関士に必要な資格の同時取得が可能な本校の教育システムは、海運業界から高い評価を受けており、全国から学生が集まっています。卒業後は、内航船の船員として資格を活かし、即戦力として活躍することができます。

2年間で海技士資格取得へ!「航海士」・「機関士」のW取得が目指せる!

船舶職員(航海士・機関士)として働くためには、海技士の免状を取得しなければなりません。通常は海技士免状取得に必要な何年もの実務経験も、本校2年次に行う9ヶ月の乗船実習でクリア。筆記試験が免除されるので、卒業後、口述試験に合格すると、わずか2年間という短期間で「航海士」・「機関士」両方の免状を同時に取得することが可能!まさに船員になるための学校なのです。

即戦力を養う教育カリキュラム!即戦力となる技術を習得。

本校の特色として、校内練習船による実習など実践的な授業時間数が多く、卒業後に即戦力となるための技術の習得をめざしています。入学前に航海の知識がまったくなくても問題ありません。ロープワークや溶接なども含め、船員経験者である教員が基礎から丁寧に指導し、2年次には大型練習船に9ヶ月間乗船して船上でさらに運航技術等を学びます。

国立清水海上技術短期大学校からのメッセージ

2016年度 学校説明会&オープンキャンパスの日程
平成28年3月28日(月) 学校説明会
平成28年5月21日(土) オープンキャンパス見学型
平成28年6月25日(土) オープンキャンパス体験型
平成28年7月16日(土) オープンキャンパス体験型
平成28年7月23日(土) オープンキャンパス体験型
平成28年10月22日(土) オープンキャンパス体験型

(3/6更新)

国立清水海上技術短期大学校の学部・学科・コース

学費(初年度納入金)

2017年度納入金(予定) 41万5050円~56万8150円 (入学金:1万円、授業料:15万4800円、学資金:男子寮生 40万3350円、女子寮生 39万4620円、男子通学生 25万250円、女子通学生 25万3520円 ※食費は別途。学資金は年2回の分割納入)

問い合わせ先・所在地・アクセス

国立清水海上技術短期大学校 教務課

〒424-8678 静岡県静岡市清水区折戸3-18-1
TEL:054-334-0922

所在地 アクセス 地図・路線案内
静岡県静岡市清水区折戸3-18-1 JR「清水(静岡県)」駅からしずてつバス20分 「東海大学・海技短大前」下車 徒歩5分

地図

 

路線案内

国立清水海上技術短期大学校(文部科学省以外の省庁所管の学校/静岡)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

  • Photo

    「工学部」「経営学部」「情報科学部」。ものづくりを中心とした“工科系総合大学”

  • Photo

    6つのキャンパスに医学から芸術分野までを集積した、西日本最大級の総合大学。

  • Photo

    神戸ポートアイランドで、港湾業務に必要な資格を取得し、貿易事務・通関士を目指す。

  • Photo

    2年間で航海士・機関士に!内航海運界の期待に応える教育だからこそ高い就職率!

  • Photo

    船舶操船に必要な知識・技術を身に付け、内航船舶運航のスペシャリストを目指す

  • Photo

    「理工系公立大学」として地域産業界で活躍する人材を育成

  • Photo

    ■自ら考える力■集い力■挑み力■成し遂げ力を育み、世界標準のスキルを身につける

  • Photo

    127年の伝統と110万人を超える卒業生パワーが、夢を実現する皆さんを応援します。

  • Photo

    あなたを生涯支えるチカラが教養。まずは器を大きくしよう。道はその先に見えてくる。

  • Photo

    多文化協働のリーディング大学。既存の枠を超えて、新たな未来を創造する。

次へ