• リクナビ進学(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 国立波方海上技術短期大学校

文部科学省以外の省庁所管の学校/愛媛

国立波方海上技術短期大学校

コクリツナミカタカイジョウギジュツタンキダイガッコウ

学校photo

2年間で航海士・機関士に!内航海運界の期待に応える教育だからこそ高い就職率!

「海技士」資格取得のためのカリキュラム。航海士や機関士、いずれは船長・機関長をめざす若者のための学舎。内航船舶職員を育てることに特化した教育だから就職に強い。協力:公益財団法人 海技教育財団

国立波方海上技術短期大学校の特長

最新式の設備を使い歴史が培った学びを展開。高い技術・技能を会得し国家資格取得へ。

本校は、45年を超える船員教育の実績を有し、充実した教育施設・設備を備えています。校内練習船の「くるしま」、カッター、小型教習艇などの船艇を始め、最新式の操船シミュレータや機関シミュレータ装置などの教育機材を用い、時代にマッチした多様な教育を行います。特筆すべきは、近代的な実習棟での実技・実習授業。ロープワークやアーク溶接、シーケンス実習などの実技授業を、極めて快適な環境の下で行います。2年間の教育課程に、航海訓練所の練習船による航海実習も組み込まれており、専門知識と技術・技能を習得すると共に、海技免状(四級海技士〈航海〉&〈機関〉)取得に必要な全ての課程を履修する完結教育となっています。

2015年の卒業生は就職希望者全員が船員として就職。主な就職先は……。

卒業生の主な進路は、日本沿岸で大量一貫輸送に携わる油タンカーや内航貨物船、大型フェリーやRORO船などの定期船、タグボートや海洋調査船などの特殊船、官庁船などへの就職です。本校を卒業した多くの先輩たちが海上輸送関係の企業で活躍し、高い評価を得ています。こうした実績に支えられ、関係企業との間には厚い信頼に基づく太いパイプが築かれており、継続的に優秀な卒業生を海運業界に送り出すことが可能となっています。2015年3月卒業生の就職率は100%(就職希望者85名が海上に就職)で、全員が船員として就職しました。

授業料年間14万2800円(2016年度)。寮施設、奨学金制度も充実、軽い負担で修学可能。

本校の授業料は、年間14万2800円(2016年度)という安い額。寮も完備(女子除く)しているため、卒業までの2年間、学費の負担が非常に軽くて済みます。その上、奨学金制度も充実しており、多くの学生がこの制度を利用しています。奨学金と併せて長期休業時にアルバイトをすれば、保護者にあまり負担をかけずに就学することも可能です。主な奨学金には、月額3万円貸与の海技教育財団奨学金(28名程度)、月額1万円貸与の全日本海員組合奨学金(12名程度)、月額1万円貸与の日本海員掖済会奨学金(3名程度)、月額2万円貸与の近藤記念海事財団奨学金(若干名)があります。

国立波方海上技術短期大学校の学部・学科・コース

学費(初年度納入金)

●2016年度納入金(参考) 49万6900円~74万4200円 <内訳>授業料 年額14万2800円、諸経費 年額21万9700円。寮生は別途5万6800円必要。 (その他、入学時に制服代6万4900円、毎月の食費約3万1000円がかかります。) ※寮生と通学生で金額に違いがあります

問い合わせ先・所在地・アクセス

国立波方海上技術短期大学校 教務課

〒799-2101 愛媛県今治市波方町波方甲1634-1
TEL:0898-41-5278

所在地 アクセス 地図・路線案内
愛媛県今治市波方町波方甲1634-1 「今治」駅から瀬戸内バス 30分 玉生八幡神社前下車 徒歩 5分

地図

 

路線案内

国立波方海上技術短期大学校(文部科学省以外の省庁所管の学校/愛媛)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

  • Photo

    6つのキャンパスに医学から芸術分野までを集積した、西日本最大級の総合大学。

  • Photo

    神戸ポートアイランドで、港湾業務に必要な資格を取得し、貿易事務・通関士を目指す。

  • Photo

    卒業後は海で活躍。船舶を運航する航海士・機関士を2年間で養成!

  • Photo

    船舶操船に必要な知識・技術を身に付け、内航船舶運航のスペシャリストを目指す

  • Photo

    「理工系公立大学」として地域産業界で活躍する人材を育成

  • Photo

    10学部30学科の幅広いフィールドで、「自分流」の未来を見つける

  • Photo

    ■自ら考える力■集い力■挑み力■成し遂げ力を育み、世界標準のスキルを身につける

  • Photo

    教育理念「国際主義」を礎に、グローバル化が進むキャンパスで学ぶ!

  • Photo

    あなたを生涯支えるチカラが教養。まずは器を大きくしよう。道はその先に見えてくる。

  • Photo

    多文化協働のリーディング大学。既存の枠を超えて、新たな未来を創造する。

次へ