• リクナビ進学(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • ICSカレッジオブアーツ

東京都認可/専修学校/東京

ICSカレッジオブアーツ

アイシイエスカレッジオブアーツ

現役で活躍する有名講師陣の個別指導で、インテリアデザインのプロフェッショナルに!

1963年に設立された歴史あるインテリアデザインの専門学校。有名講師陣による個別教育で、学生は個人能力を磨いていきます。インテリアデザインのプロとして、卒業後に即戦力で活躍できる人材を育成します。

ICSカレッジオブアーツの特長

学校の特長1

スペシャリスト育成の最良方法として、一人ひとり個人対応のスタイルでやっています。

スペシャリストに必要なのが、創造力。しかも、それは、個性的な創造力でないとダメ。と、ICSは考えています。だから、各自の独創性を最大限にのばすための授業を実施しています。これが、ICSの「チュートリアル方式授業」。学生はチューター(担任講師)とじかに向き合い、個人能力を磨いていきます。クラス単位や大教室でのマス授業ではなく、個人授業のようなスタイルで、一人ひとりの個性をのばす教育こそICSの大きな特長。この少人数制の個別教育が、これまでインテリアデザインの経験のない学生にも、インテリアを仕事にしていくための技術と知識、そしてなによりも自信を与えてくれるのです。

学校の特長2

国際的に活躍している現役のデザイナーである先生から、個別授業を受けられます。

ICSの講師陣には、建築・インテリアの世界で世界的に有名な先生が多数います。教えるだけでなく、実際にデザイナーとして国際的に活躍しているプロの先生から、インターナショナルな感覚と、これまでの実績をベースにしたさまざまな指導が受けられます。そして、いっしょに考えながら、ヒントをくれる。創造力を刺激してくれる。この環境で過ごす時間は、あなたのこれからのデザイナー人生の貴重な財産になるはずです。

学校の特長3

提携企業への約5週間ものインターンシップ(校外企業研修)を授業として実施。

インテリアアーキテクチュア&デザイン科では、約5週間、提携企業へのインターンシップ(校外企業研修)を授業として行っています。このインターンシップ制度は、学外展示会への参加や公開コンペティションへの応募、賛同企業から提供されたテーマに取り組む卒業研究などとともに、社会との接点が盛りだくさんなICSの特長的な教育のひとつ。このインターンシップの経験や校風の中で育まれた「やる気」が評価され、おかげで就職率は抜群。実践力を養い、社会に出たら即戦力となるICSの教育が活かされています。さらに、卒業後インターンシップ先に就職する学生も多数おり、まさに学生のプレゼン力や交渉力が発揮される場でもあるのです。

学校の特長1

スペシャリスト育成の最良方法として、一人ひとり個人対応のスタイルでやっています。

スペシャリストに必要なのが、創造力。しかも、それは、個性的な創造力でないとダメ。と、ICSは考えています。だから、各自の独創性を最大限にのばすための授業を実施しています。これが、ICSの「チュートリアル方式授業」。学生はチューター(担任講師)とじかに向き合い、個人能力を磨いていきます。クラス単位や大教室でのマス授業ではなく、個人授業のようなスタイルで、一人ひとりの個性をのばす教育こそICSの大きな特長。この少人数制の個別教育が、これまでインテリアデザインの経験のない学生にも、インテリアを仕事にしていくための技術と知識、そしてなによりも自信を与えてくれるのです。

学校の特長2

国際的に活躍している現役のデザイナーである先生から、個別授業を受けられます。

ICSの講師陣には、建築・インテリアの世界で世界的に有名な先生が多数います。教えるだけでなく、実際にデザイナーとして国際的に活躍しているプロの先生から、インターナショナルな感覚と、これまでの実績をベースにしたさまざまな指導が受けられます。そして、いっしょに考えながら、ヒントをくれる。創造力を刺激してくれる。この環境で過ごす時間は、あなたのこれからのデザイナー人生の貴重な財産になるはずです。

学校の特長3

提携企業への約5週間ものインターンシップ(校外企業研修)を授業として実施。

インテリアアーキテクチュア&デザイン科では、約5週間、提携企業へのインターンシップ(校外企業研修)を授業として行っています。このインターンシップ制度は、学外展示会への参加や公開コンペティションへの応募、賛同企業から提供されたテーマに取り組む卒業研究などとともに、社会との接点が盛りだくさんなICSの特長的な教育のひとつ。このインターンシップの経験や校風の中で育まれた「やる気」が評価され、おかげで就職率は抜群。実践力を養い、社会に出たら即戦力となるICSの教育が活かされています。さらに、卒業後インターンシップ先に就職する学生も多数おり、まさに学生のプレゼン力や交渉力が発揮される場でもあるのです。

学校の特長1

スペシャリスト育成の最良方法として、一人ひとり個人対応のスタイルでやっています。

スペシャリストに必要なのが、創造力。しかも、それは、個性的な創造力でないとダメ。と、ICSは考えています。だから、各自の独創性を最大限にのばすための授業を実施しています。これが、ICSの「チュートリアル方式授業」。学生はチューター(担任講師)とじかに向き合い、個人能力を磨いていきます。クラス単位や大教室でのマス授業ではなく、個人授業のようなスタイルで、一人ひとりの個性をのばす教育こそICSの大きな特長。この少人数制の個別教育が、これまでインテリアデザインの経験のない学生にも、インテリアを仕事にしていくための技術と知識、そしてなによりも自信を与えてくれるのです。

学校の特長2

国際的に活躍している現役のデザイナーである先生から、個別授業を受けられます。

ICSの講師陣には、建築・インテリアの世界で世界的に有名な先生が多数います。教えるだけでなく、実際にデザイナーとして国際的に活躍しているプロの先生から、インターナショナルな感覚と、これまでの実績をベースにしたさまざまな指導が受けられます。そして、いっしょに考えながら、ヒントをくれる。創造力を刺激してくれる。この環境で過ごす時間は、あなたのこれからのデザイナー人生の貴重な財産になるはずです。

学校の特長3

提携企業への約5週間ものインターンシップ(校外企業研修)を授業として実施。

インテリアアーキテクチュア&デザイン科では、約5週間、提携企業へのインターンシップ(校外企業研修)を授業として行っています。このインターンシップ制度は、学外展示会への参加や公開コンペティションへの応募、賛同企業から提供されたテーマに取り組む卒業研究などとともに、社会との接点が盛りだくさんなICSの特長的な教育のひとつ。このインターンシップの経験や校風の中で育まれた「やる気」が評価され、おかげで就職率は抜群。実践力を養い、社会に出たら即戦力となるICSの教育が活かされています。さらに、卒業後インターンシップ先に就職する学生も多数おり、まさに学生のプレゼン力や交渉力が発揮される場でもあるのです。

ICSカレッジオブアーツからのメッセージ

1/15(日)、ICSではオープンキャンパスを行ないます!在校生に教えて貰いながら自分だけのオリジナルノートを作成してみましょう☆
また、AO入試三回目の受験についてご質問があれば何なりとご相談下さい>ω< もし受験を迷っている方はその場でご相談、願書も貰えます!

~AO入試第3回目~
・入学試験日
平成29年1月22日(日)
・合格発表日
 平成29年1月27日(金)

(1/14更新)

ICSカレッジオブアーツの学部・学科・コース

卒業後のキャリア

詳細を見る

インテリアデザイナー

伊東 裕さん

クリエイティブのその先にある「幸せ」を見据えて。

他の卒業生一覧を見る

学費(初年度納入金)

【2017年度納入金】インテリアアーキテクチュア&デザイン科(3年制/昼間):136万1000円/インテリアデコレーション科(2年制/昼間):129万9500円/インテリアマイスター科(2年制/昼間):115万2600円/インテリアアーキテクチュア&デザイン科II部(2年制/夜間):60万9300円

社会人・大学生・短大生・専門学校生の方へ

著名な現役デザイナーから「face to face」で学ぶ!

在校生の約4割が既卒入学者。同分野の学校を卒業後、より専門的な学びを求めて入学する方もいれば、全くの未経験で入学する方も多数います。一人ひとりの学生の能力を引き出す「チュートリアル(個別指導)方式授業」で、インテリアデザインを仕事にできる人材を育成。現役で活躍中の有名講師陣による少人数制の個別教育で、学生は個人能力を磨いていきます。質の高い学びで、インテリアデザインのプロフェッショナルになる!

問い合わせ先・所在地・アクセス

専門学校 ICSカレッジオブアーツ/入学係

〒152-0022 東京都目黒区柿の木坂1-5-6
TEL:0120-006911 (平日9:00~18:00)

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都目黒区柿の木坂1―5―6 東急東横線「都立大学」駅下車 徒歩約5分
「目黒」駅より東急バス黒02または07 約18分 「碑文谷警察署」下車 徒歩約1分

地図

 

路線案内

ICSカレッジオブアーツ(専修学校/東京)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

次へ