• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 辻村和服専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 増田 陽子さん(師範科/和裁士)

静岡県認可/専修学校/静岡

ツジムラワフクセンモンガッコウ

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

和裁士  として働く  増田 陽子さん  にインタビュー!

  • ものづくり業界
  • 美容・ファッション業界
  • その他専門職
  • モノを作るのが好き
インタビュー

ひと針、ひと針、仕事は丁寧に。着る方の姿を想像すると、うれしくなります!

この仕事の魅力・やりがい

辻村の関連会社で専属の和裁士をしており、お客様の寸法に合わせて和服を作るのが仕事です。訪問着から留め袖、振袖、七五三の時にお子様が着るものまで、着物全般を扱っています。心がけているのは、着る人の姿を想像しながら、丁寧な仕事をすること。きれいに仕上がった着物を着たお客様が喜んでいただけると思うと、やりがいを覚えます。先日は外国人のお客様の着物を縫う機会があり、日本の文化が世界的にも注目されていることを感じます。学生時代に頑張った分、技術が身につき、それがすぐに仕事に活かせる点は本当に良かったと思っています。職場の先輩たちとも仲が良く、わからないことは何でも聞ける雰囲気も気に入っています。

和裁士として働く増田 陽子さん

着ていただく姿を想像しながら、心を込めて仕上げます

和裁士として働く増田 陽子さん
今の仕事との出会い・きっかけ

身につけた技術をすぐに仕事で活かせます

今の仕事との出会い・きっかけ

中学時代に自分が住んでいた市の成人式で受け付けの手伝いに行き、そこで初めて、きれいな振袖を着た大勢のお姉さんたちを見たことが、和装に憧れるようになったきっかけです。高校に進学する際にも、専門的なことをやりたいと思ったことから家政科へ進学し、卒業後は手に職をつけるため辻村和服専門学校へ入学。2年生になったときに自身が成人式を迎えることとなり、自分で作った振袖を着て式に参加しました。地元の友人や先生にそのことを話すと、みんな驚いてくれました。特に、高校時代に、一緒に洋裁や和裁を学んだ友人から「自分がしたいことを続けているのはすごい」と言われたことは、今でも誇らしく思っています。

これからかなえたい夢・目標

上下関係はありますがとても楽しい雰囲気の職場です

これからかなえたい夢・目標

一番近い目標は、国家試験1級に合格すること。和裁士1級は2級を取得してから2年の実務経験が必要で、今年、その受験資格を得ることができました。プロである以上、やはり1級は欲しいですし、何でも縫える和裁士として、将来的に結婚してからも続けていきたいと思います。例えば育児などで途中でやめる期間があっても、技術があればいつでも再開でき、ずっと続けられ、自宅でも仕事ができる点は、この仕事の良いところ。学生時代から「袷着物が縫えるようになりたい」「自分の振袖を縫いたい」「技能五輪全国大会に出たい」など常に目標を持ってきたように、これからも技術を磨いていきたいと思います。

プロフィール

増田 陽子さん のプロフィール

(有)辻村和装研究所 専属和裁士/師範科/2015年3月卒/静岡県藤枝市出身。高校卒業時、頭に浮かんだのは、中学生の時に見た成人式の風景。「自分の振袖を自分で縫えたらすごい!」と思い、高校の先生に進路を相談したところ、卒業生の進学先として実績のある辻村和服専門学校を勧められて入学。在学中に研鑽を積み、2015年冬には国が主催する技能五輪全国大会に静岡県代表として出場し、敢闘賞を受賞した。同じ道を目指す後輩に向けては「覚えることも多く、納期限もあるので大変な仕事ですが、毎日続けることが大事。目標を高く持ったほうがいいですよ」とアドバイスを送る。

この先輩が卒業したのは…

辻村和服専門学校 師範科

学校イメージ

プロの技術を身につけるため縫う着物は1年間で約100枚。浴衣から始まり、袷着物、羽織、コートと進み、国家技能試験を受検。4年次はプロ和裁士としての技術の総仕上げをします。速く、正確に、美しく仕立てるために少人数制のマンツーマン指導を実施。一人ひとりの進歩に合わせて技術を磨きます。さらに縫うだけでなく和の文化を深く理解するために、着付け、茶道、色彩学、染色など「和のココロ」を学ぶさまざまな授業も展開。自国の文化や風物について深い知識を持つことが本当の国際人であると考えます。特待生は4年間の学費の全額・半額を免除。無利子で貸し付ける奨学金制度もあります。また仕立てた着物により実習奨励金が還元されます。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

先輩の仕事について学ぶ
先輩の業界について学ぶ
辻村和服専門学校(専修学校/静岡)