• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 辻調理師専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 調理師本科
  • ダブルマスタークラス

大阪府認可/専修学校/厚生労働大臣指定/大阪

ツジチョウリシセンモンガッコウ

ダブルマスタークラス

募集人数:
560人 (調理師本科全体)

「調理師免許」と「製菓衛生師の受験資格」、2つの国家資格取得をめざせます。

学べる学問
  • 栄養・食物学

    栄養と食についてさまざまな角度から研究する

    食べ物をテーマに、調査、実習、実験などで多角的な研究をする学問。栄養学は料理法や栄養について、食物学は食品を実習を通して総合的に学ぶ。

目指せる仕事
  • 調理師

    自分の作った料理でお客さまを笑顔にする

    味が良く、見た目に美しく、衛生的にも営業的にも優れた料理を作る職人。和、洋、中、イタリアン、すし、日本そば等、その分野は幅広い。技術だけでなく、盛り付けのセンス、新しい味を生み出す研究心も要求される。将来独立するなら経営的センスも必要。

  • シェフ

    料理人のトップにたって、厨房をしきる最高責任者

    ホテルやレストランなどの厨房は、さまざまな料理人が自分の持ち場をしっかりこなして料理を仕上げていく。そのすべてをしきり、段取りから最終の味覚チェックまでお客様に出すすべての料理に責任をもつ。シェフと呼ばれるまでには、さまざまな現場の経験と実績を積まなければならず、真の実力がないとなれない。

  • ソムリエ

    ワインと料理をコーディネートする

    生産地や、つくられた年代により変化するワインの味を熟知し、料理に合うワインを選ぶ手助けをする仕事。客の要望をよく聞き、保管する温度と湿度にも細心の注意を払い、一番おいしい状態になったワインをサービスするのがプロの技だ。ソムリエと名乗るためには試験が必要。

  • フードコーディネーター

    食まわりビジネスすべてに関わる仕事

    出版や広告の料理作りおよびスタイリング、店舗のメニュー開発、料理教室の運営、食器スタイリングなど仕事は幅広い。料理研究家とフードコーディネーターを兼ねるケースもあれば、食器の選択や盛付け、テーブルまわりのセットだけを行うケースもある。料理研究家やスタイリスト、カメラマン、編集者を手配し、ひとつのチームとして売り込むコーディネートの仕事もある。

  • 料理研究家

    料理の解説をしたり、新しいレシピを考案する

    「健康によい」「短時間で作れる」「季節の食材を使って」など雑誌やTVで企画される料理のテーマに合わせたメニューを考案し、栄養面だけでない、料理のレシピや楽しみ方を提供する仕事。実際にお皿に盛り付けるまでやる場合もあるので、仕事範囲はその時々で微妙に変化する。また、スクールや講習会での講師や料理番組の解説をする場合もある。

  • 和菓子職人

    見せるための技が求められる和菓子専門の職人

    和菓子を専門につくるお菓子職人。弟子入りからはじめるケースが多いので、一人前になるまで時間と努力が必要。和菓子は、なま物である上、細工が細かいものが多いので、デリケートに扱わなければならない。粉の練り方から、細い箸を使った飾りつけまで、職人の技が光る仕事。

  • パン職人

    おいしくて喜ばれるパンを作るために工夫する毎日

    ベーカリーやホテルなどで、パン作り専門のシェフとして活躍する。一般的にベーカリーの場合は、朝4時に仕込み、夕方6時くらいまで営業するケースが多く、一日の勤務時間は長い。また、お客様に喜んでもらえる、売れるパンをつくるためには、日々、研究を重ね、おいしくて、オリジナリティのあるパンを開発しなければならない。

  • パティシエ(洋菓子職人)

    洋菓子店やレストランの洋菓子専門シェフ

    洋菓子だけを専門につくるシェフ。ケーキ、ムース、ババロア、クッキーなど洋菓子とひと言で片付けられないほど、幅広いメニューをつくり出す。店舗でお菓子作りをするだけでなく各種コンテストに出場したり、講習会の講師としても活躍するケースがある。

  • ショコラティエ

    チョコレートの加工技術を生かしてお菓子やケーキを作る職人

    主にチョコレートを使ったお菓子やケーキを作る菓子職人。チョコレートを柔らかくしてからきれいな形に固めるといった加工を施して、チョコレートの風味や見た目を生かしたお菓子やケーキを作りだしていく。チョコレートは温度や湿度などの影響を受けやすいデリケートな食べ物なので、高度な専門技術が必要とされるため、ケーキ類全般を扱うパティシエとは別にショコラティエが活躍している洋菓子店、洋菓子メーカーも多い。チョコレート菓子専門のお店もあり、そういったお店の職人もショコラティエと呼ばれる。

  • 料理人

    和・洋・中などのレストランで調理や新メニュー開発を担当する職人

    レストランやホテルなどの厨房で調理を担当。和食、洋食、イタリア料理、フランス料理、中華料理、懐石料理など料理の分野はいろいろあり、それぞれに専門的な技術を磨いた料理人が活躍している。おいしい料理を作ることはもちろん大切だが、プロとして、毎日その店の味を安定して再現できる技術や調理のスピードも求められる。また、新メニューの開発も料理人の仕事の一つ。そのため、料理への探求心や発想力も必要とされる。飲食店だけでなく、結婚披露宴などの調理で活躍する人も。

初年度納入金:2018年度納入金 214万円  (分納可 別途諸経費※2年目の学費は182万円)
年限:2年制(昼間部)

学科の特長

学ぶ内容

1年目は調理、2年目は製菓を学ぶ。2年間で2つの資格取得をめざす
「将来、自分の店を持つために調理・製菓の両方の技術を身につけたい」、「料理の道に進むか、お菓子の道に進むか、なかなか決められない」。そんな学生の声に応えた、料理とお菓子両方の技術と知識、資格を取得できるクラスです。1年目に「調理師免許」、2年目に「製菓衛生師の受験資格」を取得できます。

カリキュラム

一人ひとりの実力を確実に伸ばすスキルマスター・プログラム
西洋、日本、中国料理の基礎を徹底的にマスターして、実力を伸ばせるスキルマスター・プログラム。実習を重ねて目標のSTEPをクリアするたびに、調理の実力がついていくのがわかるプログラムです。「本物の料理」を生み出す実力と自信が身につきます。

授業

<1年目>世界各国の料理から製菓まで、幅広い技術と知識を身につける
辻調理師専門学校の「調理師本科」では、フランス・イタリア・日本・中国・エスニックまで幅広く、各料理から製菓までの技術と知識を学びます。繰り返し学ぶ『実習』、先生がつくりながら教える『理論』、食文化や栄養学などの『教養』の3つを通し、あらゆる食の業界で活躍できる力をつけます。
<2年目>洋菓子から和菓子・製パンまで幅広く製菓技術を学ぶ
1年間、調理を学んだ後に辻製菓専門学校の「製菓衛生師本科」に進学(入学金・教育充実金は免除)。2年目は、洋菓子、和菓子、製パンまで幅広い専門技術を、プロと同様の設備を使い、有名店で修業をつんだ先生に学びます。まさに、プロになるためのおいしい授業がギュッとつまっています。

実習

実習で使うのは厳選された食材のみ。本場の味を知り、実践的な技術が身につく
就職したり、お店を開いたときに、現場で使える技術と知識が身につく実習をくり返し行います。包丁の握り方、火の扱い方、材料の見分け方、盛りつけ方など、基礎から学んでしっかり身につけるので初心者も安心。また、世界中から取り寄せた一流の素材を使うことで、プロの味覚も養います。

制度

年間を通じた豊富なプログラムで、納得のいく就職をサポート
1人の学生を「クラス担任」「キャリアカウンセラー」「求人担当スタッフ」が密に連携をとりながら、進路が決まるまで徹底サポートします。また、就職活動の進度にあわせて「就カツ道場(放課後就活セミナー)」や「就カツLIVE(辻調グループ対象合同企業説明会)」などを随時開催。一人ひとりの就職を徹底サポートします。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 調理師<国>

大阪府ふぐ取扱登録者証(ふぐ処理講習会受講者)

受験資格が得られる資格

  • 製菓衛生師<国>

技術考査(希望制)

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    リゾートトラスト 、 阪急阪神ホテルズ 、 帝国ホテル大阪 、 ポンテベッキオ 、 ひらまつ 、 なだ万 、 アンジュ 、 菊の井 、 美濃吉 、 赤坂四川飯店 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒545-0053 大阪市阿倍野区松崎町3-16-11
FreeDial:0120-24-2418 総合入学案内係
nyugaku@tsuji.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
大阪府大阪市阿倍野区松崎町3-16-11 「阿倍野(大阪市営)」駅から徒歩 4分
「天王寺」駅から徒歩 8分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

辻調理師専門学校(専修学校/大阪)