• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 日本自然環境専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 環境園芸緑地科

新潟県認可/専修学校/新潟

ニホンシゼンカンキョウセンモンガッコウ

環境園芸緑地科

募集人数:
20人

都市環境に豊かな自然をつくりだすための環境緑化。樹木の特性や園芸植物について学び緑化施工技術者に!

学べる学問
  • 生物学

    生き物の行動や生態から、そのメカニズムを探る

    研究の対象は、生きとし生きるもの全て。それらを観察・分析することで一定の法則を見つけ出すだけでなく、DNAや脳のメカニズムなど、ミクロの世界にも迫る学問。

  • 農学

    農業に関わる理論と技術を研究し、環境保全に寄与する

    人が生きる基本の「食」を支える分野。食料や資源の効率的な栽培・生産を研究する。生産方法、環境・生態系の修復、新種開発、農業ビジネスなど、研究は多岐にわたる。

  • 環境科学

    科学技術によって環境問題解決を目指す

    二酸化炭素を排出する石油エネルギーに代わるエネルギーの開発など、地球環境の改善・保全や、快適な生活環境の実現に向けて、科学技術を駆使して研究する。

  • 土木工学

    建物や道路など、社会を支える生活基盤を作る技術を学ぶ

    自然要因や社会的要因を考慮に入れながら、道路・鉄道・電気など、生活の根幹となるものの構築の方法と技術を、実験やフィールドワークを通して学ぶ学問。

目指せる仕事
  • エクステリアデザイナー

    塀や門など、建物の外観に関わるデザインをする

    塀や門、カーポート、フェンスなど建物の外観に関わる製品のデザインをする。玄関部分などをトータルデザインする場合、イメージから素材までを考えていく。顧客や設計・施工担当者の意向を取り入れながら、具体的な形、素材を決めていく力が必要。

  • CADオペレーター

    コンピュータを使って建築用図面や設計図を作成

    CADとはComputer Aided Designの略で、鉛筆の代わりにライトペンやタブレットを用いてコンピュータ画面で設計を行うシステム。CADシステムは、建築会社をはじめ、各種機器メーカー、デザイン関連会社、自動車、航空機、通信などさまざまな業界で導入されている。

  • ガーデンデザイナー

    庭をより美しく仕上げるための専門家

    緑をアレンジしたスペースをつくるガーデニングは、今ちょっとしたブーム。個人の家庭内や庭先、ベランダなどを利用して、安らぎの空間をつくる人たちが増えてきている。庭づくりをしたい人たちの相談にのり、より上手なスペースの使い方や緑のアレンジ方法をアドバイスしたり、自ら任されたスペースをガーデニングする場合もある。

  • グリーンコーディネーター

    植物を使って空間を演出。

    観葉植物を使って、店舗やオフィス、イベント会場、家庭の空間を装飾、演出する専門家。さまざまな条件を考慮し、飾り付ける植物を選択。さらに、仕入れ、搬入、手入れまでをトータルに担当する。

  • 造園士

    庭木一本から都市の環境開発までかかわる

    個人宅の庭から、公園、緑地、遊園地、緑地帯など、公的な大きなスペースまで、緑のある快適な生活環境を提供する。植物や木に関する基本的な知識はもちろん、規模が大きくなれば、基本設計から、道、敷石などトータルにプランニングすることもある。

  • 樹木医

    老木や街路樹の診察・治療をする、木のお医者さん

    木の病気は樹種の特性によって違い、また原因も病気、虫、気象、土壌障害など実にさまざま。そのため、求められる専門知識もかなりハイレベル。樹木医になるには、樹木医研修を受けることになるが、造園業や林業関係者、大学の研究所などで7年以上の実務経験が必要だ。実際の認定者も林業に関わりを持つ人が多い。

  • 農業

    お米や野菜などさまざまな作物を生産する

    農地としての自分の土地をもち、農作物を育て、出荷する。季節や地域、周辺環境によって、つくるものがかわったり、気候や水害などの天候にも大きく影響を受けるので、長年の知識や技術の蓄積が必要。もともと家が農家の場合などが多いが、最近では、仕事をやめて都会からあえて地方にうつり、専門家の指導を受けて農業を始める人たちも出てきている。

初年度納入金:2017年度納入金 112万円 
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

都市に緑を増やし、豊かな環境を作り、地球環境問題の緩和に貢献する人材を目指します
緑は環境保全だけではなく、美しい景観をつくり出したり、私たちの心に癒しや潤いを与えてくれるなど、人間の生活にかけがえのない重要な役割を担っています。本科では植物を扱うための基本的な技術と知識を学び、緑のデザイン手法、園芸植物の管理方法、緑化技術を身につけます。

授業

植物の基礎から植物を使った環境デザイン、施工まで
植物の形態や生理的なしくみなど、植物の基礎からしっかり行います。それぞれの植物の特性をよく理解したうえで、緑のデザイン・施工・管理方法について学習していきます。作庭や緑化の際に必要な図面の描き方や屋上緑化や壁面緑化、室内緑化など特殊な環境への施工方法や植物の選定、また農業分野についても学びます。

実習

生きている植物と2年間ともに過ごすから、植物の細かい性質に気づく!
本科での実習では多くの植物と触れる機会があります。季節ごとの植物の変化や管理による変化など、植物の見せる表情は様々です。病んだ植物を診断し適切に処置をし復活したときの喜びは言い表せません。また緑を増やす緑化では、「癒やしの空間の創出」と「環境保全」を行っているという充実感を味わうことが出来ます。

資格

仕事の現場で生かせる資格取得を目指します!
国家資格である造園技能士と園芸装飾技能士のダブル取得をめざします。特に造園技能士は2級にもチャレンジ!練習を重ね、より高度な技術を身につけます。また、卒業時の申請により樹木医補資格が取得できます。

施設・設備

充実した学習環境がキミたちの実力をアップ!
実習場はガラス温室が完備され、露地栽培のできない植物や冬場の栽培が可能で、約500種の植物が栽培管理されています。隣接する圃場では作物の栽培を行ったり、庭づくりに必要な竹垣や敷石などの施工技術が練習できる専用区画も設けられています。エコ住宅実習棟では屋上緑化の効果を確認・検証することができます。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

樹木医補

目標とする資格

    • 園芸装飾技能士<国> 、
    • ビオトープ管理士 、
    • 2次元CAD利用技術者試験 、
    • 日商PC検定試験 、
    • 玉掛技能者<国> 、
    • 文部科学省後援 ビジネス能力検定(B検)ジョブパス

    造園技能士<国> 
    グリーンマスター認定試験  
    小型車両系建設機械  
    eco検定(環境社会検定)
    アドビ認定アソシエイト(ACA)

就職率・卒業後の進路 

※ 想定される活躍分野・業界

造園施工会社、園芸生産法人、観光農園、ホームセンター、園芸・フラワーショップ ほか

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒950-0086新潟県新潟市中央区花園1-3-22
TEL025-247-0011
info@caretech.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
新潟県新潟市中央区花園1-3-22 「新潟」駅から万代口を出て徒歩 1分

地図

 

路線案内


日本自然環境専門学校(専修学校/新潟)