• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • HAL名古屋
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 岩木 勇一郎さん(CG映像学科(昼)/映像プロデューサー)

愛知県認可/専修学校/愛知

ハルナゴヤ

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

映像プロデューサー  として働く  岩木 勇一郎さん  にインタビュー!

  • 旅行・エンタメ業界
  • IT・コンピュータ業界
  • クリエイティブ職
  • センスを表現するのが好き
インタビュー

多くの人に感動を与え、自分自身も感動を得られるやりがいの大きい仕事。

この仕事の魅力・やりがい

映像プロデューサーとしての仕事は、映像の企画・制作のプロデュース業務全般、スケジュール管理、そして渉外活動など多岐に渡りますが、役割をひとことで言えば『現場と社会とをつなぐ接点』だと考えています。制作がスムーズに進行できるように、そしてスタッフそれぞれがいいものを生み出せるように、制作現場とクライアントをつなぐベアリングのような存在です。この仕事の魅力は、大勢のスタッフの才能をひとつの目標に向かって取りまとめていくダイナミズム。映像制作は何ヶ月にも渡る長丁場ですが、大変だからこそ完成したときの感動が大きいんです。

映像プロデューサーとして働く岩木 勇一郎さん

大変だからこそ完成したときの感動が大きいんです

映像プロデューサーとして働く岩木 勇一郎さん
今の仕事との出会い・きっかけ

『ARMORED CORE for Answer』も私が手がけました

今の仕事との出会い・きっかけ

最初からプロデューサーを目指したのではなく、当初はCGデザイナーを目指していました。HAL在学中から映像制作会社でのアルバイトを経験し、卒業後もその会社に就職しました。最初はCG担当としてゲームのオープニング・ムービーや、キャラクターのアクション、カット編集など、部分制作をメインに担当。次にADとして演出を手がけ、やがて企画を書くようになり、ディレクター、さらにプロデューサーになっていったんです。さらに視野を広げるため、日本のCG、VFX、アニメーションでは業界トップクラスの(株)白組に転職しました。最先端を行く企業に身を置いたことで、仕事の幅は格段に広がりましたね。

私の学生時代!

HALは課題や実習が充実していたため、CGに関する知識や技術はもちろん、さまざまな角度から物事を見て考える発想力が身につきました。一番印象に残っているのは、卒業制作展です。創作活動の集大成として、宇宙ものの体感ゲームを制作する中で、最新の技術はもちろん、制作過程における現場の方法論も学ぶことができました。今、実感しているのは、HALで築いた人脈の大切さです。一緒に学んだ仲間が、ゲームやCG、音楽、マルチメディアなど、さまざまな業界で活躍しているので、当時の友人だけでも、すごいプロジェクトが組めます。卒業から10年以上経った今、改めてHALで学んでよかったと思っています。

プロフィール

岩木 勇一郎さん のプロフィール

(株)白組勤務/CG学科/2001年3月卒/10代の頃から音楽と映像が好きだったが、それらは趣味と考え、家業を継ぐために5年間の会社員生活を経験。しかし、やはり好きなことを仕事にしたいと改めてHALに入学。在学中に映像制作会社でのアルバイトを経験し、卒業後、同社に入社。以降、CGデザイナー、ディレクターを経てプロデューサーとなる。現在は映画『ALWAYS 三丁目の夕日』やゲームソフト『鬼武者3』のOPムービーなどで知られる(株)白組に所属し、ゲーム、TV ドラマ、PV、LIVE DVDなど、さまざまな映像制作を担当。HALの2008年度TVCMにも使われた『ARMORED CORE for Answer』のゲームムービーも、岩木さんが手がけた作品だ。

この先輩が卒業したのは…

HAL名古屋 CG映像学科(昼)

学校イメージ

名古屋駅前、徒歩3分。IT・デジタルコンテンツにおける様々な分野のスペシャリストを育てるHAL名古屋。CG制作の総合力を養う学科も複数設置し、CMや映画のような実写風の作品、メカニカルな3DCG映像など、様々なジャンルの映像作品を制作する力を身につけます。プロも使用するソフト・ハード、業界の第一線で活躍するクリエイターを招いた「スペシャルゼミ」、実際の企業と共同で開発に取り組む『産学直結ケーススタディ』など独自のカリキュラムをはじめ、卒業時に万一就職できなかった場合、就職が決定するまで勉学を継続できる『完全就職保証制度』など、サポート体制も万全です。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

先輩の仕事について学ぶ
先輩の業界について学ぶ
HAL名古屋(専修学校/愛知)