• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • テクノ・ホルティ園芸専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 小竹 花絵さん(花と野菜の農業ビジネスコース 野菜生産専攻/農業)

埼玉県認可/専修学校/埼玉

テクノ・ホルティエンゲイセンモンガッコウ

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

農業  として働く  小竹 花絵さん  にインタビュー!

  • 農林・水産業界
  • ものづくり業界
  • 技術・研究開発職
  • モノを作るのが好き
インタビュー

農業は五感を刺激する最高のエンターテイメント!毎日が驚きと発見の連続です

この仕事の魅力・やりがい

口に入れた瞬間、びっくりしました。それは、とある新種のミニトマト。皮が薄くて柔らかく、実が透けて見えるほど。味はまるでスイーツみたい。この仕事に就いて、これほど感動した出来事はありません。私はいま栃木県で農場を立ちあげ、野菜の苗を生産しています。扱っているのはスーパーでは見かけない品種がほとんど。白いキュウリ、イボなしゴーヤ、ペッピーノというゼリー食感の不思議な実。そんな野菜を世界中から探し、年間60種くらい育てています。そして出会ったのがあのミニトマトです。野菜の可能性はすごい!そう多くの人に知ってもらえたら嬉しいです。蒔いて、育てて、食べて。全身で楽しみながら、新鮮な毎日を過ごしています。

農業として働く小竹 花絵さん

これは成長しても高さ1mのミニトマト。ベランダ菜園に

農業として働く小竹 花絵さん
私の学生時代!

新種のミニトマト。傷がつきやすいので、そっと触って

私の学生時代!

私ほど学費のモトを取った学生はいないでしょう。ハウス1棟ひとりで使って、野菜も、花も、とにかく作りまくりました。特に覚えているのはローズ色のビオラ。先生から「別の色も作りなさい」と言われのに、断固拒否して1200ポットを一度に育てたんです。そのビオラは文花祭で販売したんですが、これが売れない。お客さんからも「他のないの?」と聞かれ、そのとき気づいたんです。商品は1種だけじゃ売れないんだって。今となってはビジネスとして当たり前なんですが、学生時代にそれを知った価値は大きいです。余った花?学校の花壇に植えましたよ。一面ローズ色のくすんだ風景になっちゃって、あのときはホント、悪いことしました(笑)。

これからかなえたい夢・目標

品種ごとに育て方はさまざま。だから農業って奥深い!

これからかなえたい夢・目標

いまは野菜苗だけですが、新種のミニトマトをきっかけに青果物も卸す計画をはじめました。これからの農業は商品をただ並べるのではなく、「生活提案」が重要だと思います。たとえば、ゴーヤ。緑のカーテンを作れるエコなアイテム、と伝えたら市場が一気に広がりました。私も女性としての視点を活かし、こういう提案をしていきたいです。新種のミニトマトなら、皮を気にせず赤ちゃんの離乳食に、なんてPRもいいかも知れませんね。実は最近、農林水産省「農業女子プロジェクト」のメンバーに選ばれました。全国のメンバーが定期的に集まり、意見交換やウェア開発などをしています。こうした取り組みを通して、日本の農業をもっと面白くしたいです!

プロフィール

小竹 花絵さん のプロフィール

パナプラス株式会社 運営/園芸療法・福祉コース(2014年4月より花と野菜の農業ビジネスコースに名称変更)/2004年3月卒/高校卒業後、フライトアテンダントを目標に進学した大学で農業実習を経験。最初は嫌々行っていたそうだが、収穫物のあまりの美味しさに感動し、農業の道に進むことを決意。より専門性を身につけるために専門学校を探し、充実した学習環境と実習の多さが決め手で、テクノ・ホルティ園芸専門学校に入学する。現在運営しているパナプラス株式会社は2010年2月に設立。「私は本当に運がいい。多くの人の助けがなければ、ここまで来ることはできませんでした。会社を発展させることが一番の恩返しと信じ、日々頑張っています」

この先輩が卒業したのは…

テクノ・ホルティ園芸専門学校 花と野菜の農業ビジネスコース 野菜生産専攻

学校イメージ

植物の育成に欠かせない知識と、育苗・交配といった安定して生産・繁殖するための技術を身につけます。基礎学習を終えたあとは、<花き園芸専攻>と<野菜生産専攻>、2つの専攻に分かれて専門性を養成。また、収穫物を商品として世に送るために必要な、加工や出荷といったノウハウもしっかり伝授されるので、趣味とは異なる、仕事としての園芸・農業を学ぶことが可能です。校内のいたるところに花と緑があふれ、栽培用ハウス棟などが用意されたバツグンの学習環境も特長のひとつ。学生の自主性を尊重し、やりたいことがあれば、学内の施設は自由に使用できます。ぜひ、小竹さんが育てたローズ色のビオラを超える大作に挑戦してください。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

テクノ・ホルティ園芸専門学校(専修学校/埼玉)