• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • ビジュアルアーツ専門学校・大阪
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 音響芸術学科
  • レコーディング専攻

大阪府認可/専修学校/大阪

ビジュアルアーツセンモンガッコウオオサカ

レコーディング専攻

ミュージシャンが求める音を創り上げるのがレコーディングエンジニア。確かな技術で感動を呼ぶサウンドを創ろう。

学べる学問
  • 情報学

    情報化が社会に与える影響などを科学的手法で分析する

    社会における情報の仕組みや流れ、ありようなどを、実習、演習、フィールドワークを駆使して明らかにし、人間や社会を探究する学問。情報の作られ方、収穫、伝達、利用法、システム構築など情報に関するすべてを対象に学ぶ。

  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • マスコミ学

    マスメディアの歴史やしくみ、影響力などについて研究する

    放送・広告・新聞・雑誌・インターネット・携帯電話など、あらゆるコミュニケーション・メディアを研究対象とし、その特性などを学ぶ。

  • メディア学

    メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究する

    活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究する。

  • 音楽

    声楽、器楽、作曲などのスペシャリストをめざす

    古典から現代まで多種多様な音楽を研究し、作曲や演奏を通して実践することで、心を豊かにして行く学問。

  • 通信工学

    音声・画像を伝送するための新しい理論や技術を研究

    電磁気学、電子工学などを基礎とし、有線・無線通信、光通信などの通信技術を研究・開発する。音声や画像の新しい伝送技術の研究が注目されている。

  • 画像・音響工学

    画像や音響について研究し、それら処理技術を学ぶ

    画像・音響の処理技術を学ぶ。実験・実習を通して、コンピュータ・グラフィックス(CG)の技術とその応用を研究するのが画像工学であり、音のデジタル処理や音波の利用などを研究するのが音響工学。

目指せる仕事
  • 音響スタッフ

    いい音を出すためのエンジニア

    舞台や映画、テレビなどで、音声を調節したり、効果的な位置にマイクをセットしたりするのが仕事。特に音楽番組では、音が重要なポイントとなる。いろいろな場所で常にいい音を出すには、熟練した技術とセンスが必要。新しい技術を検討したり、システム作りをすることも。

  • 放送作家

    TVやラジオの台本を書く

    番組の趣旨を踏まえたうえで、構成や流れを考えながら、台本を書いていくのが仕事。ある事例に対して、誰と誰がどんな内容でコメントするのかなど、内容や出演者のパーソナリティを知っておくのも重要だ。

  • ラジオ・テレビ放送技術者

    放送に必要な専門技術を駆使

    放送に関わる電波の送信をしたり、番組制作で音響、照明や中継などに携わる。また新しいメディアとしてインターネットを使った事業を進めたり、最先端のCG技術を番組に取り入れるなどのマルチメディア化や更なる技術開発にも関わる。

  • 音楽プロデューサー

    歌手や演奏家の力を引き出す

    歌手、タレントの発掘をはじめ、音楽の方向づけやテーマを決めて作詞・作曲家の選定、売り出し方にいたるまでを総合的に担当する。最近では、ミュージシャンが自ら、他の人をプロデュースするケースも多く、ヒット曲を生み出している。

  • サウンドプログラマー

    デジタルミュージックのデータをコンピュータに打ち込む

    マルチメディアに関わるさまざまなデジタルサウンドをつくり出し、演奏データをコンピュータに打ち込むのが仕事。コンピュータ上で曲を作る機会が多い現在の状況では、なくてはならない存在である。

  • PAエンジニア

    イベント会場での音響担当

    コンサート会場(客席)の真中で音響機材を操る。イベントの規模や内容によって、それに適するスピーカーの大きさや種類、マイクの本数が変わる。そこで適切な機材を選び、セッティング、イベント中の音量・音響の調整・管理をする。微妙な音の調整や臨機応変に対応できるミキシング技術が求められる。

  • レコーディングエンジニア

    CD制作の音の演出家

    昔は歌とオーケストラによる生伴奏の同時録音をしていたが、現在ではボーカルや楽器の種類別に録音作業をする。そこでその音を聞きながら別の楽器を入れたり、録り直すといった技術を担当する仕事。録音終了後のミックスダウンや音量やトーンの調整など専門技術が要求される。

  • コンサート・ステージスタッフ

    ステージセッティングや片づけを担当

    舞台監督の指示に従って、ステージで使うセットや各種の道具を管理する。まず、本番前にはステージの搬入経路、電気系統や配線設備をチェックし、音響、照明の機材や楽器などを手早く正確にセッティングする。本番では演出に従い、クレーン操作やスモークなどの仕掛けを担当する。終演後の片づけも仕事のひとつ。

  • イベントプロデューサー

    スタッフ選びから経営責任までの総指揮者

    イベントの企画立案にもかかわり、全体的な方向性を決め、スタッフ選びを行い、適材適所に人を配置して、イベントが計画通りに進行するように全体的な指揮をとる。豊富な情報量と企画力はもちろん、決断力、交渉力なども必要。

  • DJ

    独自の音空間を創り出す

    ラジオなどのディスクジョッキーからクラブやディスコのDJまでさまざま。いろいろなアーティストの作品を使い、選曲やミックス、MCなどのセンスを生かして、独自の音空間を創り出す。音の情報収集力や感性が必須条件。

初年度納入金:2018年度納入金 138万5000円  (入学金、授業料、設備費他の合計。※教材・研修費別途)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

レコーディングの基礎から録音理論・技術そして最新のデジタルスキルまで幅広く学ぶ!
プロレベルのレコーディングスタジオで、レコーディングの基礎から、世界水準の音響機器の操作法や収録手順、録音制作技術までを習得。さらに、収録された歌声や演奏をまとめる“トラックダウン”やCD制作、コンピュータでの楽曲制作もマスター。楽曲完成までに必要な技術をすべて身につけ、音のクリエイターをめざします。

カリキュラム

実習中心の授業で業界即戦力として活躍できる実践スキルを身につける
1年次はレコーディングスタジオでの音響機器の操作をマスターする「サウンドテクニック」など基礎からスタート。2年次ではHD&マルチトラックレコーディングも可能な最新設備を使って、「ミキシングワーク」「レコーディング制作実習」など実際の音創りを実制作を通じて学びます。卒業制作ではCD制作にもチャレンジします。

先生

先生は第一線のレコーディングエンジニア。プロのテクニック・ノウハウを直接学ぼう!
メジャーアーティストのライブ収録経験のあるレコーディングエンジニアの森篤士先生などから、プロのテクニックや業界動向など最新情報も学べます。現役ミュージシャンの先生もいるので演奏家の立場からのアドバイスももらえます。

実習

高校生バンドのCD制作やプロアーティストのレコーディングなど、在学中にプロ体験
高校生の音楽活動を応援するイベント「ハイスクールライブ」に出演するバンドのオムニバスCDを本学科の学生たちが制作します。他にも、在校生バンド、卒業生バンドのレコーディングをサポートしたり、プロのアーティストのレコーディング現場を見学したり、在学中にプロの仕事を体験できます。

卒業生

SMAPのレコーディングに参加した北岡さんや、杉本さんなど先輩たちがJ-POPシーンで活躍
北岡健さん('93年卒)はSMAPやV6、杉本哲哉さん('95年卒)は平井堅(リミックス)のレコーディングエンジニアとして活躍。サウンドエンジニアの百々政幸さん('88年卒)は宇多田ヒカル、浜崎あゆみ(リミックス)などの作品で活躍。また、小野晶子さん('09年卒)もGLAYのレコーディングに参加するなど先輩たちが活躍中です。

クチコミ

日本を代表するエンジニアをはじめ業界のプロによるセミナーや講演会を多数開催!
山下達郎や、大滝詠一など多くの有名アーティスト作品に参加しているレコーディングエンジニア吉田保氏による、プロエンジニア養成セミナーや、世界的歌手ビヨンセにも指名される実力派レコーディングエンジニア溝口寿氏など、業界のトッププロによるセミナーや講演会を開催。プロの実力を知る絶好のチャンスに!
学校概要

声優、音響、音楽、TV、映画、写真…「好き」なことを「仕事」にしよう!

将来めざす仕事に直結する職種別コース(6学科17専攻/昼間部)で学びます。1966年の設立以来、多くの卒業生が業界の第一線で活躍中。実習中心のカリキュラムで「好きなことを仕事にできる」実力を育む学校です。

学べる学問

目指せる仕事

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    東京舞台照 、 綜合舞台サービス 、 ハートス 、 マジックハンズ ほか

※ 内定先一覧 (学校全体)

※2017年3月卒業予定者(2017年2月現在)

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒530-0002 大阪市北区曽根崎新地2-5-23
フリーコール 0120-69-2299
info@vao.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
大阪府大阪市北区曽根崎新地2―5―23 JR「大阪」駅から桜橋口を出て四ツ橋筋桜橋交差点を南へ徒歩 10分
地下鉄「西梅田」駅から徒歩 5分
京阪「渡辺橋」駅から徒歩 10分
JR「北新地」駅から徒歩 5分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

ビジュアルアーツ専門学校・大阪(専修学校/大阪)