• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • ビジュアルアーツ専門学校・大阪
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 写真学科
  • 写真作家専攻

大阪府認可/専修学校/大阪

ビジュアルアーツセンモンガッコウオオサカ

写真作家専攻

プロの写真家の批評で、感性を磨き創造性を伸ばす。アートとしての写真で自己表現できる写真作家をめざそう!

学べる学問
  • 情報学

    情報化が社会に与える影響などを科学的手法で分析する

    社会における情報の仕組みや流れ、ありようなどを、実習、演習、フィールドワークを駆使して明らかにし、人間や社会を探究する学問。情報の作られ方、収穫、伝達、利用法、システム構築など情報に関するすべてを対象に学ぶ。

  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • マスコミ学

    マスメディアの歴史やしくみ、影響力などについて研究する

    放送・広告・新聞・雑誌・インターネット・携帯電話など、あらゆるコミュニケーション・メディアを研究対象とし、その特性などを学ぶ。

  • メディア学

    メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究する

    活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究する。

目指せる仕事
  • 雑誌記者

    フットワークと文章力で勝負

    雑誌の企画内容やテーマに応じて取材を行い、記事を書き上げるのが仕事。企画から関わることも多く、雑誌のターゲットである読者向けの題材や書き方が要求される。出版社の雑誌編集部や制作プロダクションに所属したり、フリーで活躍する場合も。

  • ジャーナリスト

    報道を通して、現実社会を浮きぼりにする

    ひとことで言うと、報道に携わる仕事をする人。放送記者、新聞記者、ルポライター、フリーライター、雑誌記者、キャスター、フォトジャーナリストなどを指す。「ジャーナリスト」とはその総称ともいえる。ジャーナリズムの影響力は大きく、報道の仕方によっては、国民意識や政治まで変えることもある。

  • 報道カメラマン

    ニュースをいちはやくカメラにおさめる

    事件・事故、政治・経済などのニュースを報道するための写真を撮る。新鮮な情報をいちはやく伝えることが大切なので、事件とあれば昼夜を問わず現場に駆けつける。新聞・出版社の社員や契約社員として働くほか、フリーで独自に取材、撮影するケースもある。

  • 音楽雑誌記者・編集者

    音楽のトレンドや新しい情報をつかみ、読者が興味を引く記事にして提供

    音楽のジャンルや雑誌のコンセプトに合わせ、新曲情報やアーティストへのインタビューなどの企画を立て、取材や原稿作成を行う。特定のジャンルについて深く専門的な知識を持っていることに加え、普段からこまめにライブや演奏会に出かけ、新鮮な音楽情報を入手しておく必要がある。

  • カメラマン

    被写体を見る目、構図、センスが重要

    雑誌、単行本、ポスター、その他さまざまな印刷物や展示などのために写真を撮影する仕事。「何をどう撮るか」だけでなく「どう見せるか、伝えるか」といった自分なりの視点が求められる。報道写真、広告写真、営業写真といったジャンルや撮るもの(人物・物・動物・ファッションなど)によって求められる作品も違うので、高度な専門技術が必要。

  • ファッション雑誌記者・編集者

    ファッション情報を発信する

    流行のファッション、最新ファッションショーの取材、着こなしのハウツーなど、ファッションに関する様々な記事を作る。季節の流行を先取りし、多くの読者の心をつかむ情報を発信するためには、アパレル業界との交流による人脈づくりや、街中での情報収集も欠かせない。

  • スポーツカメラマン

    スポーツの試合や選手の撮影をする

    新聞や雑誌に掲載したりテレビで放送するため、スポーツに関わる写真や映像を撮影する。スポーツ写真に求められるのは、競技や試合などを臨場感豊かにとらえる事。予測できない一瞬のチャンスに反応し、確実に撮影する技術が必要だ。

  • スポーツ雑誌記者

    スポーツ業界の動向をいち早くキャッチし、最新情報を盛り込んだ記事を書く記者

    サッカー、野球など特定のジャンルに密着して取材・原稿執筆を行う場合が多い。常に業界の動向を把握しておくことは最低限必要。選手やそのほか関係者と信頼関係を築き、より深い話を引き出すコミュニケーション能力、フットワークの軽さも大切な素養である。

初年度納入金:2018年度納入金 135万円  (入学金、授業料、設備費他の合計。※教材・研修費別途)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

自分なりのテーマを設定し、芸術写真が撮れる高度な撮影技術を磨いていく【写真作家コース】
世界観やメッセージを託すアートとして写真の可能性を探り、撮影技術とともに写真表現について深く学びます。指導にあたるのは第一線で活躍するプロの写真家たち。特別講演会や批評会を含めた表現意欲を刺激する教育で、感受性や創造性を培います。また、写真集制作や写真展開催、コンペ攻略のノウハウなども指導します。
自然の風景や美しさを表現する「ニューランドスケープ」の写真作家を目指す【風景写真コース】
雑誌、カレンダー、パンフレットなどを美しく彩る風景写真。人々の自然への関心が高まりつつある今日、この分野は地球のあらゆる場所を被写体に、その美しさを表現する「ニューランドスケープ」という新しい分野として注目されています。新しい発想と豊かな感性を磨きながら、美しい自然を写真に残せる撮影技法も学びます。

カリキュラム

写真専門学校として開校50年を迎えた本校ならではの写真をしっかり学べるカリキュラム
本校は大阪写真専門学校として開校し、写真教育において 50年以上の歴史があります。授業では、この実績をベースに、第一線フォトグラファーが基礎からていねいに指導。「写真作家研究」「表現論」など感性を磨く授業から「表現技術」「デジタルフォト実習」まで写真を広く深く学び、写真の可能性を探ります。。

授業

プロから作品批評が受けられる、最新の業界動向がわかる。業界著名人による特別講演会が人気!
森山大道さん、野波浩さん、上田義彦さん、尾仲浩二さん(以上写真家)、飯沢耕太郎さん(写真評論家)など業界著名人を特別講師に招いた特別講演会を開催。作品批評やアドバイスはもちろん創作のコツや業界最新動向のほか質問コーナーもあり、学生に人気です。また、プロとともに作品制作できるワークショップも随時開催。

卒業生

卒業生・林軒朗さん('16年卒)がTAIPEI ART PHOTOで入賞しました!
林軒朗さんが在学中から取り組んできた野菜を撮影したシリーズ「V.F.惑星系 Imagination of Vegetable and Fruit」で「2016 TAIPEI ART PHOTO審査員奨励賞を受賞。Taipei Art Photo Show 2016で展示されました。他にもこれまで多数の学生たちがさまざまなコンテストで入賞などの成果をあげています。

施設・設備

授業以外でも使える設備は業界仕様の本格派。機材設備レンタル制度で学外持ち出しもOK!
タングステンライト&ストロボ30セット完備のスタジオや、53人が同時に使用できる大型暗室など、実習設備は個人制作でも使用OK。本格一眼レフカメラはもちろん大型カメラやデジタル機器、そのほかハッセルブラッド、マミヤなどの名機もスタンバイ。機材設備レンタル制度を使えば学外持ち出しもOKです。
学校概要

声優、音響、音楽、TV、映画、写真…「好き」なことを「仕事」にしよう!

将来めざす仕事に直結する職種別コース(6学科17専攻/昼間部)で学びます。1966年の設立以来、多くの卒業生が業界の第一線で活躍中。実習中心のカリキュラムで「好きなことを仕事にできる」実力を育む学校です。

学べる学問

目指せる仕事

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    六本木スタジオ 、 ユーアール代官山スタジオ 、 博報堂プロダクツ 、 スタジオエビス 、 横浜スーパーファクトリー ほか

※ 内定先一覧 (学校全体)

※2017年3月卒業予定者(2017年2月現在)

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒530-0002 大阪市北区曽根崎新地2-5-23
フリーコール 0120-69-2299
info@vao.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
大阪府大阪市北区曽根崎新地2―5―23 JR「大阪」駅から桜橋口を出て四ツ橋筋桜橋交差点を南へ徒歩 10分
地下鉄「西梅田」駅から徒歩 5分
京阪「渡辺橋」駅から徒歩 10分
JR「北新地」駅から徒歩 5分

地図

 

路線案内


ビジュアルアーツ専門学校・大阪(専修学校/大阪)