• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • ビジュアルアーツ専門学校・大阪
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 写真学科
  • コマーシャルフォト専攻

大阪府認可/専修学校/大阪

ビジュアルアーツ専門学校・大阪

ビジュアルアーツセンモンガッコウオオサカ

コマーシャルフォト専攻

ポスター、ファッション誌、グラビア……コマーシャルフォトの世界で活躍できるフォトグラファーを目指そう。

学べる学問
  • 情報学

    情報化が社会に与える影響などを科学的手法で分析する

    社会における情報の仕組みや流れ、ありようなどを、実習、演習、フィールドワークを駆使して明らかにし、人間や社会を探究する学問。情報の作られ方、収穫、伝達、利用法、システム構築など情報に関するすべてを対象に学ぶ。

  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • マスコミ学

    マスメディアの歴史やしくみ、影響力などについて研究する

    放送・広告・新聞・雑誌・インターネット・携帯電話など、あらゆるコミュニケーション・メディアを研究対象とし、その特性などを学ぶ。

  • メディア学

    メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究する

    活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究する。

目指せる仕事
  • 雑誌記者

    フットワークと文章力で勝負

    雑誌の企画内容やテーマに応じて取材を行い、記事を書き上げるのが仕事。企画から関わることも多く、雑誌のターゲットである読者向けの題材や書き方が要求される。出版社の雑誌編集部や制作プロダクションに所属したり、フリーで活躍する場合も。

  • ジャーナリスト

    報道を通して、現実社会を浮きぼりにする

    ひとことで言うと、報道に携わる仕事をする人。放送記者、新聞記者、ルポライター、フリーライター、雑誌記者、キャスター、フォトジャーナリストなどを指す。「ジャーナリスト」とはその総称ともいえる。ジャーナリズムの影響力は大きく、報道の仕方によっては、国民意識や政治まで変えることもある。

  • 報道カメラマン

    ニュースをいちはやくカメラにおさめる

    事件・事故、政治・経済などのニュースを報道するための写真を撮る。新鮮な情報をいちはやく伝えることが大切なので、事件とあれば昼夜を問わず現場に駆けつける。新聞・出版社の社員や契約社員として働くほか、フリーで独自に取材、撮影するケースもある。

  • 広報

    企業の報道担当者

    対象は社内・社外・宣伝広報に分けられるが、基本的には対外的に企業の理解を深めるのが目的の企業の報道担当者。マスコミへの取材協力、PR誌の作成、その他あらゆる企業情報を管理する。企業イメージを管理する大事な仕事で、最近では商品の売れゆきや人材獲得にも大きな影響を与えている。

  • 宣伝

    自社製品の広告制作窓口

    自社製品を広く告知するための広告制作、ポスター・CM制作、カタログ制作、イベント、一般問い合わせ対策などの企画・実施を行う。また、社内報の編集、社史編纂、CI統括、会社案内制作などの仕事をするケースもある。自社製品や業界情報に精通するための勉強は欠かせない。

  • カメラマン

    被写体を見る目、構図、センスが重要

    雑誌、単行本、ポスター、その他さまざまな印刷物や展示などのために写真を撮影する仕事。「何をどう撮るか」だけでなく「どう見せるか、伝えるか」といった自分なりの視点が求められる。報道写真、広告写真、営業写真といったジャンルや撮るもの(人物・物・動物・ファッションなど)によって求められる作品も違うので、高度な専門技術が必要。

初年度納入金:2018年度納入金 135万円  (入学金、授業料、設備費他の合計。※教材・研修費別途)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

ポスター・広告・雑誌・カタログなどの撮影テクニックを学ぶ【コマーシャルコース】
カメラと写真についての基本から特殊な機材を利用した高度な撮影テクニックまでを習得するとともに、デジタル画像・動画の撮影技術や画像処理などのスキル、広告・印刷についても幅広く学習。また、プロ仕様の撮影スタジオや学外での撮影実習・批評会を重ね、時代の空気を写真で切り「撮る」技術と感性を養います。
ファッションを表現するクリエイティブフォトのテクニックを学ぶ【ファッションコース】
ファッション誌の第一線で活躍するフォトグラファーの指導のもと、撮影技術の基礎から高度な撮影テクニックまで習得します。あわせて、画像処理などのスキル、広告・印刷・メディア、ファッションやヘアメイクなどについても幅広く学習。「ファッションを見せる」表現力と、流行を切り「撮る」技術と感性を身につけます。

カリキュラム

見る人の心を捉えるリアリティとセンスを兼ね備えた写真を撮るスキルを身につける
幅広い知識と鋭い感性が求められるのがコマーシャルフォトの世界。「メディア文化論」「表現論」などの基礎理論からスタートし、「写真演習」「スタジオワーク」などの実習では作品制作を通じて最新撮影技術を習得。さらに、商品や企業イメージをよりよく表現できる感性も同時に磨いていきます。

授業

プロ写真家によるワークショップや特別講演会が学生たちに大人気
檀蜜、 安室奈美恵など多くのタレントの写真集を撮影したファッションフォトの第一人者ZIGENさん('80年卒)によるワークショップを開催。ほかにも上田義彦さん('12年東京ADCなど)による特別講演会や有名写真家によるワークショップなどプロのテクニックをナマで吸収できるチャンスがいっぱいです。

卒業生

卒業生吉田多麻希さんの作品展「SOUND OF BODY」を本校ギャラリーで開催!
ビジュアルアーツ専門学校創立50周年特別企画展として2016年に、吉田多麻希展「SOUND OF BODY」を開催。被写体の持つ本質的な美しさや、細部を精密に写真で表現する吉田多麻希氏(’01年卒)は、ワコールのカレンダー撮影をはじめビューティー業界を中心にさまざまな広告や雑誌の撮影を手がけています。

施設・設備

授業以外でも使える設備は業界仕様の本格派。機材設備レンタル制度で学外持ち出しもOK!
タングステンライト&ストロボ30セット完備のスタジオや、53人が同時に使用できる大型暗室など、実習設備は個人制作でも使用OK。本格一眼レフカメラはもちろん大型カメラやデジタル機器、スポーツフォト用超望遠などレンズも充実。機材設備レンタル制度を使えば学外持ち出しもOKです。

学べる学問

目指せる仕事

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    六本木スタジオ 、 ユーアール代官山スタジオ 、 博報堂プロダクツ 、 スタジオエビス 、 横浜スーパーファクトリー ほか

※ 内定先一覧 (学校全体)

※2017年3月卒業予定者(2017年2月現在)

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒530-0002 大阪市北区曽根崎新地2-5-23
フリーコール 0120-69-2299
info@vao.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
大阪府大阪市北区曽根崎新地2―5―23 JR「大阪」駅から桜橋口を出て四ツ橋筋桜橋交差点を南へ徒歩 10分
地下鉄「西梅田」駅から徒歩 5分
京阪「渡辺橋」駅から徒歩 10分
JR「北新地」駅から徒歩 5分

地図

 

路線案内


ビジュアルアーツ専門学校・大阪(専修学校/大阪)