• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • ビジュアルアーツ専門学校・大阪
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 放送・映画学科
  • 企画・プロデューサー

大阪府認可/専修学校/大阪

ビジュアルアーツセンモンガッコウオオサカ

企画・プロデューサー

豊かな発想力と斬新な企画力、さらに映像制作に関する知識も兼ね備えた映画やドラマのプロデューサーを目指そう。

学べる学問
  • マスコミ学

    マスメディアの歴史やしくみ、影響力などについて研究する

    放送・広告・新聞・雑誌・インターネット・携帯電話など、あらゆるコミュニケーション・メディアを研究対象とし、その特性などを学ぶ。

  • メディア学

    メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究する

    活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究する。

  • 音楽

    声楽、器楽、作曲などのスペシャリストをめざす

    古典から現代まで多種多様な音楽を研究し、作曲や演奏を通して実践することで、心を豊かにして行く学問。

  • 美術

    美に関する表現力を高め、理論や知識を身につける

    さまざまな美術を対象に、理論と表現技術の両方を学ぶ。基礎から専門分野まで広く学んだ上で、創作活動を通し自分なりの表現を生み出していく。

  • デザイン

    平面、空間に関するさまざまなデザインを学ぶ

    私たちの身の回りに存在するすべての物を対象に、実技や実習、理論研究を通して、デザインし、表現していく。商業デザインと工業デザインに大別される。

  • 舞台・演劇学

    演劇における表現方法を、理論と実技の両面から研究する

    舞台・演劇文化の理論と歴史をふまえ、創造的な表現を生み出す方法、技術を研究する学問。演技や歌唱、舞踏などの表現方法のほか、演出、衣装、脚本、効果などについても学ぶ。

目指せる仕事
  • 企画・調査

    会社の事業戦略のおおもとになるデータを収集・分析し戦略の方向性を示す

    民間企業などで、事業戦略を定める際、その基礎となるさまざまなデータを収集し戦略の方向性を示す仕事。業績の詳細な分析、市場規模や消費者のニーズの調査、予算シミュレーションなど、緻密な作業と分析力が必要とされる。あらゆる業種の企業にあり。

  • 映画宣伝

    担当する映画のウリを考え、効果的に宣伝

    映画配給会社の宣伝部や広告代理店などで、公開予定の映画のどんなところを売り込むか、どんなイメージを伝えるかなどの、宣伝戦略を立てる。これに基づいた宣伝文章やポスター、テレビCMなどを制作し、新聞やテレビ、インターネットなどでの広告に携わる。雑誌などでの作品紹介に協力することも多い。

  • 映像プロデューサー

    予算や質的管理など番組全体の制作総括責任者

    テレビ番組などで、番組の企画立案をしたり、スポンサーや出演予定者との交渉、制作予算の管理、質的管理など、番組全体を管理するのが仕事。テレビ局や番組制作会社に入社するとアシスタントから始まり、ディレクター、プロデューサーと役割が徐々に大きくなっていく。

  • ラジオ・テレビ番組プロデューサー

    番組の企画を立て、放送までにさまざまな対外調整をしていく責任者

    テレビやラジオの番組の企画を立て、それを放送するまでのさまざまな手はずを整えていく番組全体の責任者。ディレクターが実際に番組の中身を作るのに対し、プロデューサーは社内の関係セクションの許可を取り、予算やタレントの出演交渉、番組スポンサーとの打ち合わせなど対外的な調整をしていく

  • 広報

    企業の報道担当者

    対象は社内・社外・宣伝広報に分けられるが、基本的には対外的に企業の理解を深めるのが目的の企業の報道担当者。マスコミへの取材協力、PR誌の作成、その他あらゆる企業情報を管理する。企業イメージを管理する大事な仕事で、最近では商品の売れゆきや人材獲得にも大きな影響を与えている。

初年度納入金:2018年度納入金 138万5000円  (入学金、授業料、設備費他の合計。※教材・研修費別途)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

映像についての専門知識を幅広く学び、1年次後期からは目指す業務に応じたスキルを習得
「テレビ研究」「映像時評」などの理論科目と「シナリオ基礎・実習」「映画実習」などの実習科目で専門知識とスキルを身につけます。また、1年次後期に、志望する企業・業種の業務に合わせた専門スキルを身につける「技術選択セミナー」を選択。職種に応じた授業を受けて、就職後、即戦力としての活躍を目指します。

カリキュラム

映像人に求められる基本をしっかり学ぶことからスタートして、専門知識を身につけます
アナログ、デジタルにかかわらず映像を「撮る(撮影)」「つなぐ(編集)」「観る(思考)」という映像人の基盤になる3つの要素からスタートして段階的に学んでいけるカリキュラムです。「テレビ研究」「映像時評」などの理論科目と「シナリオ基礎・実習」「映画実習」などの実習科目で専門知識とスキルを身につけます。

卒業生

河瀬監督が「なら国際映画祭」のエグゼクティブディレクターとして数々のプロジェクトを実施!
カンヌ国際映画祭('07年)でグランプリ受賞の河瀬直美監督('89年卒)は、「なら国際映画祭」('10年から)のエグゼクティブディレクター。国内外の若手監督と奈良を舞台とした映画製作、子ども・海外学生とのワークショップなど映画の魅力を伝えるプロジェクトを実施。※瀬(せ)の右側「頁」は、上が「刀」で下が「貝」

クチコミ

制作現場を体験できるインターンシップや業界アルバイトのサポートも充実
映像編集アシスタント、撮影助手、スポーツ・コンサート、テレビ番組のカメラアシスタント、音響・照明・映像オペレーションなど制作現場を体験できるインターンシップやアルバイトを学校がサポート。現場を体験し、業界を知る絶好の機会になるのはもちろん、これをきっかけに就職につながった学生も多数います。
東京・大阪の映像制作会社合同企業説明会を学内で開催し、就職活動をバックアップ
放送・映像業界を目指す学生のために、映像制作会社の合同企業説明会を開催。2016年も、東京、大阪から映像制作会社の方々が多数来校。各社とも業務の内容や、求める人材像などを説明した後、質疑応答の時間も設けられ、学生たちには、「知りたい情報を得ることができた」、「就職につながる」と大好評でした。

施設・設備

ハイビジョンカメラ&ノンリニア編集システムなど「業界仕様」。個人作品制作にも使用OK!
映画編集室、MAルーム(ナレーションなど音入れで使う実習室)のほか、4K撮影が可能なデジタルシネマカメラや西日本の専門学校で初めて導入されたハイビジョンカメラ&ノンリニア編集システムなどを備えたスタジオも完備。各実習室は授業以外でも開放され、機材は個人作品制作にも使えます。

学べる学問

目指せる仕事

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    日テレ・テクニカル・リソーシズ 、 テレビマンユニオン 、 ザイオン ほか

※ 内定先一覧 (学校全体)

※2017年3月卒業予定者(2017年2月現在)

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒530-0002 大阪市北区曽根崎新地2-5-23
フリーコール 0120-69-2299
info@vao.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
大阪府大阪市北区曽根崎新地2―5―23 JR「大阪」駅から桜橋口を出て四ツ橋筋桜橋交差点を南へ徒歩 10分
地下鉄「西梅田」駅から徒歩 5分
京阪「渡辺橋」駅から徒歩 10分
JR「北新地」駅から徒歩 5分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

ビジュアルアーツ専門学校・大阪(専修学校/大阪)