• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • ビジュアルアーツ専門学校・大阪
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 音響芸術学科
  • イベントプロデューサー

大阪府認可/専修学校/大阪

ビジュアルアーツセンモンガッコウオオサカ

イベントプロデューサー

各種イベントの企画から実施までトータルに管理。ステージ運営の現場感覚を備えたイベントプロデューサーを目指そう。

学べる学問
  • マスコミ学

    マスメディアの歴史やしくみ、影響力などについて研究する

    放送・広告・新聞・雑誌・インターネット・携帯電話など、あらゆるコミュニケーション・メディアを研究対象とし、その特性などを学ぶ。

  • メディア学

    メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究する

    活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究する。

  • 音楽

    声楽、器楽、作曲などのスペシャリストをめざす

    古典から現代まで多種多様な音楽を研究し、作曲や演奏を通して実践することで、心を豊かにして行く学問。

  • 美術

    美に関する表現力を高め、理論や知識を身につける

    さまざまな美術を対象に、理論と表現技術の両方を学ぶ。基礎から専門分野まで広く学んだ上で、創作活動を通し自分なりの表現を生み出していく。

  • デザイン

    平面、空間に関するさまざまなデザインを学ぶ

    私たちの身の回りに存在するすべての物を対象に、実技や実習、理論研究を通して、デザインし、表現していく。商業デザインと工業デザインに大別される。

  • 舞台・演劇学

    演劇における表現方法を、理論と実技の両面から研究する

    舞台・演劇文化の理論と歴史をふまえ、創造的な表現を生み出す方法、技術を研究する学問。演技や歌唱、舞踏などの表現方法のほか、演出、衣装、脚本、効果などについても学ぶ。

目指せる仕事
  • ラジオ・テレビ番組プロデューサー

    番組の企画を立て、放送までにさまざまな対外調整をしていく責任者

    テレビやラジオの番組の企画を立て、それを放送するまでのさまざまな手はずを整えていく番組全体の責任者。ディレクターが実際に番組の中身を作るのに対し、プロデューサーは社内の関係セクションの許可を取り、予算やタレントの出演交渉、番組スポンサーとの打ち合わせなど対外的な調整をしていく

  • ラジオ・テレビ番組ディレクター

    番組作り全体の責任者として、出演者や制作スタッフをまとめる

    テレビやラジオ番組が放送されるまでのプロセスには、番組の企画・構成、台本作り、照明、音声、美術、VTRの編集など、さまざまなジャンルのスタッフがかかわっている。そうした制作現場で働くスタッフに指示を出し、各スタッフの仕事をチェックするのがディレクター。タレントや俳優など出演者選びや、出演者に演技の指示を出すことも仕事。製作現場の総監督といった重要な役目を担う職種なので、就職して最初はアシスタントディレクター(AD)からスタートし、現場のいろいろな業務の経験を積むことが必要とされる。

  • イベントプランナー

    アイデアはもちろん折衝力も重要

    企業の販売促進のための催しやフェスティバルなど、さまざまなイベントの企画立案を行うのが仕事。イベントの趣旨や目的を考えて、内容にあった演出方法や構成を考える。アイデアや表現力は欠かせないが、主催者と内容をすり合わせていく手腕も必要。

  • イベントプロデューサー

    スタッフ選びから経営責任までの総指揮者

    イベントの企画立案にもかかわり、全体的な方向性を決め、スタッフ選びを行い、適材適所に人を配置して、イベントが計画通りに進行するように全体的な指揮をとる。豊富な情報量と企画力はもちろん、決断力、交渉力なども必要。

  • イベント制作スタッフ

    会場作りから広報までイベント全般を担当

    企業の販促イベント、地方自治体の主催する博覧会や展示会、コンサートなどの実施を請け負い、その制作・管理をする。企画や演出にそった会場作り、パンフレットの制作、音響や照明スタッフとの打合わせ、広報活動などを担当。当日も滞りなく進行できるよう受付やアルバイトスタッフの管理などをする。

初年度納入金:2018年度納入金 138万5000円  (入学金、授業料、設備費他の合計。※教材・研修費別途)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

パフォーマーとオーディエンス、両方が満足できるイベントをプロデュースできるノウハウを学ぶ
イベントは出演者と観客が一体となって盛り上げていくもの。時代のニーズを的確につかみ、集客の見込める出演者のブッキングとイベント企画ができる能力とセンスを、学校主催の多彩なイベントを通じて身につけます。さらに、出演者の実力を引き出し、観客を盛り上げる音響、照明などのステージ演出ノウハウも学びます。

カリキュラム

生(ライブ)の感動を創り出すための実践主義の授業&インターンシップで実践力を身につける
授業は実習が中心。業界第一線で活躍するプロの先生が初歩から指導します。またインターンシップ(企業研修)ではプロの現場を体験することもできます。同じことは二度とできない生の感動を創り出すための実践主義の授業&イベント制作により、自然と「プロデュース能力」が身につきます。

実習

すべて学生運営による音楽ライブ実習を多数経験することで、現場で通用する実力を養成!
授業は、ホール実習やライブ実習が中心です。学内での2週間に一度は行われるライブイベントをはじめ、学校主催の多数のイベントやライブは、企画・運営から外部出演者のブッキングまで学生の手によって制作。多くの実習やライブ体験を通して、プロの現場で通用するスキルを身につけていきます。。

卒業生

イベントプロモーターや人気ライブハウスのブッキングマネージャーなど卒業生が活躍中!
舞台監督アシスタントとしてX JAPANなどのツアーに参加、現在はバンドの育成、プロデュース等で活躍するイベントプロモーターの大谷太郎さん〈enter brain/'94年卒〉、ブッキングマネージャーとしてライブハウスで出演交渉・イベント企画を行う岡本憲明さん〈ジャックライオン/'01年卒〉など、卒業生が多数活躍中です。

施設・設備

プロのライブにも使われるアーツホールや音響・照明機材など、授業以外でも大開放!
プロのライブにも使われるアーツホールや、ミニライブに使われるスペース・ゼロ。そのほか最新デジタルライティングコンソール、MACムービングライト、大型フォロースポット、LEDライト等が導入されています。各実習室・施設は授業以外の制作活動にも開放されています。

イベント

新入生歓迎ライブから学校祭、クリスマスライブ、Graduation Liveまで一年中イベントざんまい!
新入生歓迎ライブから学校祭ライブ、2年間の集大成・Graduation Liveまで学校主催のライブイベントにはプロのミュージシャンが出演することもあり、プロの仕事を体験できるチャンス。アーティストの対応や、PA、照明まで、すべて学生たちが行います。
学校概要

声優、音響、音楽、TV、映画、写真…「好き」なことを「仕事」にしよう!

将来めざす仕事に直結する職種別コース(6学科17専攻/昼間部)で学びます。1966年の設立以来、多くの卒業生が業界の第一線で活躍中。実習中心のカリキュラムで「好きなことを仕事にできる」実力を育む学校です。

学べる学問

目指せる仕事

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    東京舞台照明 、 綜合舞台サービス 、 東芸エンタテイメンツ ほか

※ 内定先一覧 (学校全体)

※2017年3月卒業予定者(2017年2月現在)

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒530-0002 大阪市北区曽根崎新地2-5-23
フリーコール 0120-69-2299
info@vao.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
大阪府大阪市北区曽根崎新地2―5―23 JR「大阪」駅から桜橋口を出て四ツ橋筋桜橋交差点を南へ徒歩 10分
地下鉄「西梅田」駅から徒歩 5分
京阪「渡辺橋」駅から徒歩 10分
JR「北新地」駅から徒歩 5分

地図

 

路線案内


ビジュアルアーツ専門学校・大阪(専修学校/大阪)