• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • ビジュアルアーツ専門学校・大阪
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 映像音響学科
  • 映画音響

大阪府認可/専修学校/大阪

ビジュアルアーツセンモンガッコウオオサカ

映画音響(2018年4月設置予定)

映画を効果音で演出するMA(音響効果)。イマジネーションを刺激するサウンドで映像の魅力をUPさせよう。

学べる学問
  • マスコミ学

    マスメディアの歴史やしくみ、影響力などについて研究する

    放送・広告・新聞・雑誌・インターネット・携帯電話など、あらゆるコミュニケーション・メディアを研究対象とし、その特性などを学ぶ。

  • メディア学

    メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究する

    活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究する。

  • 音楽

    声楽、器楽、作曲などのスペシャリストをめざす

    古典から現代まで多種多様な音楽を研究し、作曲や演奏を通して実践することで、心を豊かにして行く学問。

  • 舞台・演劇学

    演劇における表現方法を、理論と実技の両面から研究する

    舞台・演劇文化の理論と歴史をふまえ、創造的な表現を生み出す方法、技術を研究する学問。演技や歌唱、舞踏などの表現方法のほか、演出、衣装、脚本、効果などについても学ぶ。

目指せる仕事
  • 音響スタッフ

    いい音を出すためのエンジニア

    舞台や映画、テレビなどで、音声を調節したり、効果的な位置にマイクをセットしたりするのが仕事。特に音楽番組では、音が重要なポイントとなる。いろいろな場所で常にいい音を出すには、熟練した技術とセンスが必要。新しい技術を検討したり、システム作りをすることも。

  • サウンドプログラマー

    デジタルミュージックのデータをコンピュータに打ち込む

    マルチメディアに関わるさまざまなデジタルサウンドをつくり出し、演奏データをコンピュータに打ち込むのが仕事。コンピュータ上で曲を作る機会が多い現在の状況では、なくてはならない存在である。

  • マニピュレーター

    求められるデジタルサウンドをつくり出す

    シンセサイザーやデジタルサンプラーを駆使してサウンドをつくり、コンピュータに音を打ち込んでいくのが仕事。音楽の素養が不可欠なので、ミュージシャンやアレンジャーがこの職種を兼ねている例も多い。デジタル音楽隆盛で需要は増加傾向。

  • ミキサー

    音を生み出すエンジニア

    レコーディングスタジオやコンサート会場などで楽器の音やアーティストの声をミックスするエンジニア。コンサートミキサーはPAとも呼ばれる。音響機器を操作して、音質や音量を調節するほか、スピーカーなどの機材のセッティングも仕事。知識や技術だけでなく、感性と理解力も重要。

  • PAエンジニア

    イベント会場での音響担当

    コンサート会場(客席)の真中で音響機材を操る。イベントの規模や内容によって、それに適するスピーカーの大きさや種類、マイクの本数が変わる。そこで適切な機材を選び、セッティング、イベント中の音量・音響の調整・管理をする。微妙な音の調整や臨機応変に対応できるミキシング技術が求められる。

  • レコーディングエンジニア

    CD制作の音の演出家

    昔は歌とオーケストラによる生伴奏の同時録音をしていたが、現在ではボーカルや楽器の種類別に録音作業をする。そこでその音を聞きながら別の楽器を入れたり、録り直すといった技術を担当する仕事。録音終了後のミックスダウンや音量やトーンの調整など専門技術が要求される。

  • MA(マルチオーディオ)ミキサー

    映像と一体化した音づくりを演出

    MA(マルチオーディオ)ミキサーとは、映像と音楽が一体化した作品の中で、音をメインに扱うスペシャリストのこと。扱うものはテレビ番組からCM、ビデオ作品までさまざま。作業はコンピュータのハードディスクに音を取り込んだ後、映像に合わせた選曲をし、その映像と音をミキシングマシーンで微調整する。

  • サウンドクリエイター

    より楽しくするための効果音づくり

    ゲームの雰囲気に合ったサウンドや、効果音の作成を行う。作曲だけでなく、ゲーム機のサウンド機能が持つ能力に関する知識も必要。パソコン上で作曲(DTM)するため、パソコン関連の知識も欠かせない。ただしゲームサウンドだからといって、機材や作曲の方法に大きく変わる点はない。

初年度納入金:2018年度納入金 138万5000円  (入学金、授業料、設備費他の合計。※教材・研修費別途)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

プロ仕様の制作環境と作品制作で進化する映画の音響システムに対応した技術を学ぶ
映画・映画館では新たな音響・音響システムが次々と導入されています。このコースでは、さまざまな音の収録や加工の基礎を学び、プロ仕様の機材を活用してMA(Multi Audio)の技術や最新の音響技術を習得。映像の制作から音の制作・仕上げまで実習授業で学び、実践力を高めていきます。

カリキュラム

劇場映画で映像効果を高める最新のサウンド表現を実習中心の授業で習得
音響機器の基本操作をマスターする「ミキシングワーク」、音声処理に特化した高度な映像編集技術・表現法を追求する「MA技術実習」、Pro Toolsでの音源制作、作品制作など、カリキュラムは実習がメイン。プロの指導のもと、劇場映画で映像効果をさらに高める効果音作成やサウンド表現を学びます。

クチコミ

個別相談から説明会、写真撮影まで、1年次から万全の就職サポートを実施
全国の姉妹校と連携した求人紹介・相談、履歴書の書き方や企業の見つけ方などを学ぶ企業セミナー、東京・大阪を中心に多くの企業が集まる合同企業説明会「業界EXPO」、就職に有利な資格の取得対策、個別の進路アドバイスなど、万全の就職サポートを実施しています。
東京・大阪の映像制作会社合同企業説明会を学内で開催し、就職活動をバックアップ
合同企業説明会を毎年開催しています。2016年も、東京、大阪から14社の映像制作会社の方々が来校し、なかには本校卒業生の姿も。各社とも業務の内容や、求める人材像などを説明した後、質疑応答の時間も設けられ、学生たちは、「知りたい情報を得ることができた」、「就職につながる」と大好評でした。

施設・設備

プロも使う本格レコーディングスタジオや、テレビスタジオなど「業界仕様」の設備が充実
音響制作には必須のソフトウェア「ProTools」をはじめ、ミキシング演習システム、映画などの臨場感あふれる音を体感できる5.1chサラウンド実習室、そのほかハイビジョンカメラ&編集システムなど……各実習設備は授業以外でも開放されています。

イベント

野外ロケや作品制作を体験する夏期合宿を毎年実施
映像音響学科では毎年夏期合宿を実施。2016年は、廃校になった中学校を利用した宿舎「うづかの森」(兵庫県)へ。校庭や周囲の自然のなかで、足音や花火の音、環境音を録音したり、ワークショップで制作した圧電メイクによる録音を試したりしたほか、早朝ロケや野外での撮影実習なども体験しました。
学校概要

声優、音響、音楽、TV、映画、写真…「好き」なことを「仕事」にしよう!

将来めざす仕事に直結する職種別コース(6学科17専攻/昼間部)で学びます。1966年の設立以来、多くの卒業生が業界の第一線で活躍中。実習中心のカリキュラムで「好きなことを仕事にできる」実力を育む学校です。

学べる学問

目指せる仕事

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    フィズサウンドクリエイション 、 極東電視台 、 エスエスシステム ほか

※ 内定先一覧 (学校全体)

※2017年3月卒業予定者(2017年2月現在)

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒530-0002 大阪市北区曽根崎新地2-5-23
フリーコール 0120-69-2299
info@vao.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
大阪府大阪市北区曽根崎新地2―5―23 JR「大阪」駅から桜橋口を出て四ツ橋筋桜橋交差点を南へ徒歩 10分
地下鉄「西梅田」駅から徒歩 5分
京阪「渡辺橋」駅から徒歩 10分
JR「北新地」駅から徒歩 5分

地図

 

路線案内


ビジュアルアーツ専門学校・大阪(専修学校/大阪)